« アサンジ氏の逮捕 | トップページ | 諫早湾、上告断念! »

2010年12月12日 (日)

微妙に見たかった映画

「ザ・ウォーカー」
The book of ELI

ラジー賞を総なめにしたけれど、
僕の大好きな映画「ポストマン」になんだか似てるな
と思いつつ、どうしよう?と微妙に見たかったのです。

今日、川崎TSUTAYAに行ったら、洋画でNo1でした。
前に見たときは、もっと下だった記憶があり、
面白いのかな?と借りてみたのでありますが・・・・

やっぱり、川崎TSUTAYAのランキングはあてになりません(笑)

何が面白いのか、さっぱり分かりません。

ヒロインのお姉さんも、微妙なかわいさだし、
何歳の設定なのかも分からない。

驚愕のラスト!と書いてありましたが、
そのラストは思いつかなかったけど、
へーってだけで、そこからくる感慨はなにもない。

感のいい人ならきっと思いつくし、
そのラストである意味合いもつかめない。

世界観を作り上げるせっかくの数々の設定も、
掘り下げが浅く、なんだかよくわからない。

そして、さらに意味不明なラストショット。

体調悪くて何もできないから観たDVDでしたが、
さらに、悪くなった気がした。

誉めるとしたら、最後まで観れたことぐらいかな。
一応、このあと、B級的な展開になるのかどうなのか?
が気になっていました。

ここからネタばれです。

ご注意を。

 

点字である必要はあったんでしょうか?

イーライが覚えているなら、命張って守る必要あったのか?
むしろ、あんたの命の方が大事じゃんか!?

最終的に出版社に内容渡してしまってるんなら、
別に、内容も隠す必要なくない?

30年も持ってるなら、
手書きで映せよ!その間は、接待しろよ!
でもよくない?

そうさせちゃいけない、
この本のせいで戦争が起こった理由をもう少し語ってください。

ってか、それなのに、また製本していいんですか?

点字設定は、悪者の彼をびっくりさせるためだけの設定ですか?
そして、高熱出ただけで、反旗を翻る部下たち。
反旗を翻るきっかけが意味不明です。

ってゆうか、ヒロイン。
歩いたのは一日だけ。
その後の行動は、車メイン。
最後は、腹打たれた人にボート漕がせたり、
大して旅もしてないあなたが、
なぜ、また旅にでる選択をしちゃうの?
旅の辛さわかってないが故?

なんだったんだ、この映画。
なんで、川崎TSUTAYAで一位なんだよ!?

もう記憶から薄れ始めたよ・・・・・

|

« アサンジ氏の逮捕 | トップページ | 諫早湾、上告断念! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アサンジ氏の逮捕 | トップページ | 諫早湾、上告断念! »