« 「オビワン」の使い方 | トップページ | 「ハングオーバー Hangover」 »

2011年4月10日 (日)

若手実力派女優の最有力といっても過言ではない
エレン・ペイジが出ているので見ました。

「ローラーガールズダイアリー
 Whip it !」

あらすじ

文学少女な彼女。
ママの夢を押し付けられてる彼女。
初めて、熱中できることを見つけた!
暴力的だけど、楽しそうなローラーゲーム!

ローラースケートを履きながら、
アイススケートのショートトラックみたいなのを回り、
アメフト的なタックルありで、ぐるぐる回るの。

熱中しまくよ!

って話です。

エレン・ペイジ
Whip_it_ver3_2

初めて見たのは、
「ハードキャンディ」だったか?
「ジュノ」だったか?忘れましたが、

めっちゃ美人でわけではないのに、
記憶に残る女優さん。
演技もうまいし!

そういえば、「インセプション」にも出てたし、
「X-MEN ファイナルデシジョン」にも出ていたようで、
結構、彼女の出演作を見ている私です。

さてさて、この映画、ドリューバリモアさんの映画のようです。
上の写真のように、しっかりと彼女でも出てきます。
結構いかれてる役で、演じるのは楽しそうです。
まぁ、痛そうだけど。

この映画、前半は退屈で、
展開も好都合的な感じで進んでしまうので、
ちょっときついかと思ってしまいましたが、
最後見終わった時には、面白かった!に変わっていました。

なんかね、みんないい人なんですよ!
いい人苦手な僕でも、好きなタイプのいい人。
頑張って「いい人」やってるとか、
「いい人」やってやってるんじゃなくて、
「人間くさい、でも、いい人」なの!!!

物語が進むにつれ、だんだんみんな、
そういう所を魅せてくるので、
なんだか徐々に好きになってしまう映画なのです。

見る所はそこじゃないのかもしれませんが、
きっとそこらへんが好きだったのかなぁと。

僕も、こういう人間描写を自然できるようにしたいですね。
そのためには、自分がこういう人間になりえなきゃいけないですね。

あとは、
自分が初めて全力で熱中できたものが見つかった時に
ちょっと重なったのかもしれません。

僕の場合は、芝居でし。、
勉強好きだけど、頑張っても全力を出し切ってる感じがしないで、
心がもやもやしていた中で、芝居に出会えた時に思った
これだ!
をちょっと思い出しました。

この映画はぜひ見てね!

ぜひ!ぜひ!ぜひ!

|

« 「オビワン」の使い方 | トップページ | 「ハングオーバー Hangover」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「オビワン」の使い方 | トップページ | 「ハングオーバー Hangover」 »