« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

最近、タワレコとかでただ視聴したりしなくなったせいで、
音楽の新規開拓を行っていないわたくしでございます。

新規開拓といったら、K-POPくらいかな・・・・

だもんで、CDを買うのは、
お気に入りのバンドが新アルバムを出したときくらい。

でも、なんか不発で。

外れなきだったSUM41も、ちょっとマイケミな感じになってしまって、
胸には響いてこなかったし、

Panic! at the discは、ファーストアルバムな曲調に戻ったはいいけど、
ファーストのクオリティには及ばずに・・・・

そんな中の、Simple Plan!

すばらしいですね。

ちゃんとシンプルプランっぽいし、
成長の方向性を、エモな感じを選んでくれたので、
僕にはどんぴちゃでございます。

おかげで、最近は、久々に、POPPUNKな朝を送っております。

| | コメント (0)

蒸し暑い日が続きます。
そろそろ計画停電がまた始まるのでしょうか?

民主党も政府も、そして、マスコミも、

脱原発!代替エネルギー!

とは言ってはいるものの、
やる気も感じられず、
現実的な方向性は示されず、

でも、脱原発の嵐の中で、
一部の原発は停止し、
点検の原発は再開されず、

発電されるはずの電気が発電されず、
消費電力を抑えるはめになっております。

今回の事故で、
原発の危険性が改めて認識されたのは事実。
簡単に再開できない気運もわかりますが、

そうはいっても、もうのぼり調子ではない日本社会。
過去の栄光にはすがれない、下り坂の日本社会!

ただでさえ、ずっと停滞してきたこの国の経済が、
この電力不足の状況で、どうやって盛り上がるというのだろう?

電気は必要だし、今すぐに!の話は原発に頼らざるを得ない!

将来的に脱原発でいくにしても、
期限付きで再開し、その期限内に代替エネルギーを充実させるとか、
国の成長率がここまできたら、本格的に転換するとか!

とにかく今は、動くものは再開させていいのでは?

再開に際しては、
原発自体の問題は簡単に解決しないかもだけど、それとは分けて、
経産省とかの癒着とか制度的な問題、運用的な問題とかを、
まずは、きちんと解決していけばいいじゃん!

と思うのです。

経済復興が、被災地復興に不可欠なはずなのに、
電力不足のまま、ずるずる来ているのは・・・・・・

そして、煮え切らないのはマスコミも同じで・・・・・・

ヨーロッパのどこかで、原発の是非の国民投票があったらしいですが、
政治が決められず、決めたいけど、
関連企業・族議員が邪魔で決められないなら、
せめて、国民投票で、方向だけは決めてほしいものです。

そのとき、いろんな可能性を示し、
それをきちんとマスコミが評価をしていけば、
先が見えてくるんじゃないのかなぁ?と。

この前、原発の費用効率には、
将来の処理費用が含まれない!って報道がありましたが、
そういうのを含めた、
現実的かつ効率的な代替エネルギーの議論を期待したい。

まぁ、国民投票のための法整備すら整っていないこの国で、
国民投票が行われることがあるのかすら疑問ですが・・・・

この前、みんなの党の渡辺喜美が、

「誰がやるか」でなく、「何をするか」を議論する。
そうすれば、政策は進み、自ずと政界再編が起こる。

と言っていて、

その通りだな

と思います。

何をするでも、政治が変わらなければならない。
でも、政治家がその方向を向くには、
結局は、自分たちが変わらなきゃならないってことなんですよね。

選挙はまだないかもだけど、
じゃあ違う手段で!
政治を変える国民の変化。

と書いてはみたものの、

それってなんなんでしょうね?

地道なボランティア活動?
地道な経済活動?
地道な芸術活動?

書きながら、考えてみたけど、
全然まとまりません。

期待する「みんなの党」も最近影薄いし、
とりあえず、応援の意味でネット党員にでもなろうかなと思いつつ・・・・

支離滅裂な記事になってしまいました。
でも、日々考えて、そして、行動していきたいと思います。

また、なにかのときに、このこと、
ちゃんとまとめて書きたいです。

| | コメント (0)

2011年6月27日 (月)

この前、後輩の芝居を見に行ってしったのですが、
第三舞台の復活公演、十二月にあるんですね。

僕が芝居にはまるきっかけの鴻上尚史!
たくさん戯曲読んで、影響受けて!

虚構の劇団は、
何をやりたいんだか分からなくて、
若手やるのに、再演なんだ…
と最近は、全然見に行ってない鴻上作品。

第三舞台を生で見たのは、
十年封印公演のファントムペインだけど!

なんで、傑作だったミュージカルシリーズを
やめちゃったのかは分からないけど、

封印からもう十年経っちゃったんですね。
あっという間。

しかも、筧利夫!

もう、見るしかない!

っても、チケット取れるんだろうか?
最近見てないから、先行予約の案内も来なそうだし。

取れそうな方、マジでご一報下さい!

| | コメント (0)

2011年6月22日 (水)

前回の「おひさま」の記事で子役について書きましたが、

今、日本で素晴らしい子役といえば、
芦田愛菜ちゃんと言って間違いない!

見た目もかわいいし、
演技も押し付け感がなくて、
バラエティの受け答えとかマジやばいです。

見てて幸せな気分になりますが、
最近は、見てて可哀そうと思ってしまう。

出すぎじゃありません?

ワイフも同じこと言ってました。

芦田愛菜ちゃんが出てきたときに、
日本のテレビ界は、こういう才能を大切に育ててほしいね。
とワイフと話してましたが、
なんとも・・・・・・

いくら人気が出てきたといっても、
旬の一発芸人じゃないんだから、
ここまで集中的に出さなくてもいいでしょ!

事務所もお母さんも稼ぎたいんでしょうけどさ。
子供なんだから、もっと遊ばせてあげても・・・・・
と可哀そうになる。

もちろん、生き残っていくうえで、
経験は大切なんだろうけど、

こういう時期の遊びが
その後の感受性、人間を作っていくんじゃないの??
大人になった時の演技に響いてくるんじゃないの?

最近、苦労した子役の特集とかやってますが、
彼らの教訓は生かされるいるのかどうなのか?

ってね。
思うだけだけど
やっぱり
ちょっとかわいそうに思ってしまうのです。

| | コメント (0)

毎日お昼休みに見ております。
ワイフが録画をしているので、
見落とした分は土曜日にみています。

「おひさま」

陽子たちが卒業し、失速するんじゃないか?
とこの前の記事には書きましたが、

いやぁ、すばらしいクオリティを保っております。

毎日毎日、作家の、演出の才能を見せつけられてる感じです。
どうして、こんなに面白く泣けるものが作れるのか!?
と。

日本の子役はあまり大したことない!
と思っていましたが、
脚本と演出がいいのかもしれませんが、
こんなにいい人材がいるんだ!
とうれしくなります。

子役はさておき、素晴らしい作品です。
日本の戦争!
反戦でもなく、右翼的でもなく、
変に愛に走ってみるわけでなく
あまりイデオロギーを感じさせずに、
ただ庶民から見た戦争をきちっと描いてる。

普通のようで、なんだか斬新な気がします。

見ているこっちは終戦を逆算してますが、
この人たちは戦争がいつ終わるか知らないんだよな
と思うと、なんだか複雑です。

8月15日は敗戦の日で、
終戦記念日という言葉に違和感があった僕ですが、
いつ終わるかわからなかった戦争の「終わり」って重いんだな
って心で理解できそうな感じです。

それにしても、
この頃の子供って過酷
勉強というより、労働だし、
親戚や友人がなくなっていって、
それに耐えなきゃいけない世間体で・・・・・

こりゃ、その後の日本の復興に納得ができます。
今の日本は、平和すぎなんですかね?

平和でもちゃんと進める素晴らしい母国であってほしいものです。
特に、政治ね。
この頃から日本の政治は成長してるんですかね?

最近、涙もろいのか?
「おひさま」のクオリティが高いのか?

最近、よく泣く僕ですが、

オープニングの曲を聴いただけでも泣きそうになります(笑)

ちゃんと最後まで見たいドラマです。

| | コメント (0)

2011年6月19日 (日)

友人と映画を見ることになり、彼女の希望に合わせて、
自分一人では見るとは思わないだろう映画を見ました。

「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」

あらすじ

第二次大戦の前くらいからイタリアを治めたムッソリーニさん。
そんな彼にも愛人はいます。イーダさんです。
イーダさんがムッソさんに出会ってからの半生を描きます

友人は、つまんなかったらしいですが、
僕は、結構面白かったです。

まぁ、ネタバレなんですけど、

イーダさん、自分から愛人になりにいって、
結局子供作っちゃうんですが、
その途端、冷たくなるムッソリーニ。

私は、妻だ!って騒ぎ立て、精神病院に監禁されて、
息子もそんな母に育てられたんだけど、
周りからはからかわれるだけで・・・・・・・・

ムッソリーニも、そこまで大物になったんだから、
愛人くらいちゃんと暮させてあげてもいいんじゃないか?

って思いつつも、
イーダさんが、愛人じゃなくて、妻!
にこだわったのが面倒だったんでしょうか?

息子はかわいそうですね。ほんとに、かわいそう。
でも、一番かわいそうなのは、ムッソさんの正妻かもしれませんね。
あんまり出てこなかったけど。

イタリアが、戦争に入っていった流れは、
なんとなくわかった気がしたけど、
ムッソさんの政治信念とか全然表現されないので、
なぜかれが、あんなに力を得たのか分からないし、
まぁ、自分勝手だよね。気性粗いし。

友人は、
なぜ、イーダが彼を好きになったのか分からない?
と言ってたので、
カリスマ性でしょ!?
って答えておきました。

女性は、ああいう男が好きなんですかね?
まぁ、好みはひとそれぞれでござんすからねぇ~

とにかく、

愛人の恐ろしさと面倒くささを実感させられる映画です(笑)

途中から、ムッソさんを愛しているというよりも、
ムキになってるだけにしか見えない・・・・・・・

愛人を作ろうとしてる方々、現在愛人がいっらしゃる方々、
自分の愛人はもっと物分りがいいぞ!
と思ってるかもしれませんが、
ぜひ一度、見てみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0)

2011年6月15日 (水)

1、2は映画館で見ませんでしたが、DVDではまり、
3は映画館で見たけど、「ウルヴァリン」はまだ見てません。

X-MEN ファーストジェネレーション

プロフェッサーXとマグニートーの若き日のお話。

早くも、ネタバレです!

普通に、めっちゃおもしろい!

変身娘とプロッフェッサーの間にそんな過去があったのか!?
とかを含めて、

もう一度、1から見たくなる作りです。

あと、始めのプロローグがよかった。

人間の祖のホモサピエンス以外のヒト科が、
現在地球上にいないってことは、
他のすべての類人猿を絶滅させたってこと。

「利己的な遺伝子」でもあるんだろうけど、
「もっとも獰猛で残酷な動物」が「ヒト」であること。

を思い出されます。

その残酷さの最たる

自分たちとは違うものを排除しようとする悲しい性質

ナチのホロコーストとかけて表現しつつ、
突如、能力者を排除しようとする「ヒト」の集団を通して、
そこから大して変わっていないさみしい現実をつきつけ・・・・

そんな細かいことは置いといても、
キューバ危機にかけて話進めてるあたりも好きでした。

プロフェッサーXの女好き設定が途中で全然なくなったけど、
最後、記憶消すのに、キスするあたりが、よかったね。
すけべ!

すけべだけど、彼は意思を動かせるわけで、
本気出せば、誰でも落とせるのにそうしないし、
どの場面でも、いい人だし。

いい人すぎだよ、あんた。

マグニートー完成のシーンが、
スターウォーズのEP3のヴイダー完成のシーンを彷彿とさせられて、
なんだかうれしかった。

面白い!

時間できたら、1からみます!

| | コメント (0)

2011年6月11日 (土)

こんな僕にも親友と呼べる人間がおりまして、
自分の結婚式の前に、彼の結婚式に出席してきました。

クラスも部活も同じではないのに、
なぜか仲良くなり、今でも仲良い友人です。
「どんな人だ?」と聞かれても、「よく分からない」と答えるだろうし、
「なんで仲いいのか?」と聞かれても、「よく分からない」と答えます。

結婚式、非常にラフな感じの新郎でした。
なんかうれしかったです。
長い間仲良かったけど、場所が違えば顔も違うわけで、
彼の他の友人や幼馴染やご家族を見られて、
そこの違う面をみられてうれしかったし、
でも、やっぱ、
場所が違っても違わない面の方が多いのにも気が付かされ。

なんだか、なんで仲いいのかちょっと分かった気がした今更。

結婚式で友人スピーチを頼まれることがあるなら、
彼以外はいないんだろうな

と思っていたのですが、
今回頼まれなかったので、もう友人スピーチするあてはなくなりました(笑)

だけど、
返信はがきを早めに返した四人にプレゼントをくれて、
そんな中に僕が入ってたから、ちょっとびっくり。

そういえば、招待状来て、すぐに投函したからね。
何事も早めに出しとくもんですね。

そんなで、少し挨拶できる機会を得たのですが、
飲んでたから、いや、別に飲んでなくてもだけど、
せっかくね、おめでとう!な気持ちを伝えれる機会なのに、
あまりうまいこともいえず、あまりウケもとれず、
なんだか申し訳なかったです(笑)

笑いがとれたのは、
自分の結婚式が仏滅だ
って下りのみ・・・・

自分の結婚式では、必ず、笑の嵐を呼び起こしてみせます(笑)

いつもちゃらんぽらんな彼が、しっかりと新郎挨拶をしてるのを見て、
頼もしい彼にちょっとうれしさを感じつつも、
心の底では、結構焦ってたりしました。

珍しく友人のことを書きました。
珍しい。

そんなこんなで、自分の式まであと一か月。
大事な土日で、準備をがつがつ進めます。

| | コメント (0)

2011年6月 5日 (日)

兄の犬を預かってます。

1歳雌のナナちゃん。

ネイビーおじいさんになついています。

実家の時、メリーやチェリーとは全然仲良くなかったのに、
ナナちゃんには心を許しているようです。

ただ、避ける体力がないだけか???

Img_0291 Img_0294

| | コメント (0)

九時過ぎに、うちが停電。

ブレーカーか?

と思いきや、下がっておらず、

外を見たら、真っ暗。

入れていた風呂の水を手探りで止めたすぐに、
電源回復。

NHKでも東京電力のHPでも、何も情報がなく、
ワイフがツイッターで調べたら、

川崎、横浜の一部で停電があった模様。

うちだけじゃなかったと思いつつ、
何にも情報が入ってこないことにちょっと憤慨。

そんなに便利さを追求したいわけじゃないけど、
時期が時期だし、電気はやはり死活問題。
これだけネットが発達してるんだから、
すぐに情報くらい流してくれてもいいものを・・・・

ワイフが、NHKに電話したのですが、

NHKさんも停電のことは知らない様子で・・・・・・・

まぁ、この記事を読むと、
僕がやったのは風呂の水を止めただけですけど・・・・・・

最近、震災で夫の役立たずに幻滅で離婚が増えている

という記事を読みました。

東京電力の情報提供を批判しつつも、
自分の頼りなさも見直さなきゃいけませんね(笑)

でも、ま、ほんと、ちゃんと情報をすぐに出してください!

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »