« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

unit-IF第6回公演「藪の中はKARA」

とうとう最終稽古です!

Dsc00213

最終稽古は、
細かい動きの確認をして、
通して、ダメだしして、
僕のトークがあって終了です!

13回の稽古でしたが、役者陣もまとまり、
稽古も計画通りに順調に進み、
僕の演出の実現と、役者の空間拡大!

時々、本番直前まで焦ることがあったりしますが、
あまり、こういうことを言うのは好きではありませんが、
この作品に至っては、
この役者陣を、この作品を、
過去の最大の自信をもってお送りできます。

と言いたいほどです。

ぜひ、ご来場いただき、
この作品の空間を一緒に作り、感じ、楽しんでいただけました幸いです。

あ、そうそう、
「APOCシアターまでの行き方案内」
作成いたしました。

http://ameblo.jp/unit-if/entry-11091156347.html

こちらを参照下さい。

実家にネイビーを預けるついでに、小屋に挨拶に行ったのですが、
本当に、ただの挨拶だけだったので、アポも取らずに行ったら、
本番中で不在でした・・・・・・

カフェの方に、ワイフの実家からのアップルを差し入れて退散・・・

そんな経過を記憶にとどめながら、
この行き方案内を見ていただけると幸いです。

そして、最後に、残り2人の客演さんの紹介です。
またもや、個人写真をとるのを忘れたので、
上の集合写真を見てくださいね。

まずは、林ちぐさちゃんです。

下手側にいる、豹柄の女性。
前回出演してくれた中村りえちゃんの団体の
「やまねこ一座」さんの稽古を見学に行った際に、
そのパワフルな演技に惹かれ、出演オファーをさせてもらいました。
今まで一緒にやったことがない感じの女優さん。
僕の作品になじみつつ、広がりを与えてくれています。

そして、最後の客演紹介は、諏訪君

写真の上手にいる灰色の服のメガネの男性です。

大学の劇研の後輩です。
今は、フリーで役者とか演出助手とかやっています。

彼が大学卒業以降、あまり彼の演技を見れてなかったのですが、
稽古を通してだいぶ助かった(笑)従来からの安定感に加え、
フリーの役者になって、
パワフルさが加わってきたな!って感じです。

ご期待ください。

さてさて、この演出家日記も稽古に関しては最後になりました。

楽しんでいただけると自信をもってお送りします。

unit-IF第6回公演
「METRONOME」

ご来場、お待ちしております!

| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

unit-IF第6回公演、本番まで2週間切りました!

19日土曜日に3作品合同の通し稽古がありました!
その様子は、
http://ameblo.jp/unit-if/entry-11084537150.html
を参照!

翌日の日曜日は朝から役者をやっている「コックロビン生存率」の稽古。
二日酔いで死にそうになりながら、なんとかこなすけど、
次の「藪の中はKARA」の稽古までは6時間空いてる・・・・

なぜか、小田桐と徳弘と3人部屋のネットカフェでくつろいだ後、

「藪の中はKARA」残り2回の稽古の1回目です。

もう残りも少ないので、

全体の流れやメリハリを意識しつつ、
稽古足りてないとこを細かくやってと・・・・・

とてもいい感じに仕上がっているので、ご期待ください。

あとは、役者が作られてた空間を客様と共有するだけです。

二日酔いのせいで、また写真を撮るのを忘れ、役者紹介が止まっていますが、

http://ameblo.jp/unit-if/entry-11082567169.html

をご参照ください(笑)

最後の稽古で、ちゃんと写真撮ってきます!

ではでは、ご来場待ちしております!

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

「ルーカス 初恋のメモリー」
という映画をご存じでしょうか?

そんなにメジャーな映画ではないと思っていたのに、

会社の飲み会で先輩の口からこの題名が発せされるなんて、
思ってもみませんでした。
酔っていたので、なぜその話題になったかはすっかり忘れましたが、
僕は、その瞬間に食いつきました。

だって、大好きなウィノナ・ライダーの若き日の出演作です。
昔よく読んでた「スクリーン」で、ウィノナの出演作としてよくでてたこの映画。

その先輩もウィノナ好きだと分かり、
しかも、「ルーカス 初恋のメモリー」を持っている!

VHS、まだ、うちは見れますよ!!!

というわけでお借りましたよ!

見たよ。

普通に面白った!

さえない少年と美女2人と美男子たちの
青春を描いております。

チャーリー・シーンが出ています。
「ホット・ショット」が好きなので、彼は好きなのですが、
「ホット・ショット」以外で彼を見るのは初めてかもしれません(笑)

ウィノナ、めっちゃかわいいのに、
冴えない少女の役でした。
冴えない主人公の少年が好きなのに、見もされません。

主人公の少年よ、お前は目がついてんのか?

と怒れないのが、この映画のいいところです。

長年のウィノナファンの僕が、
若き日のウィノナを見て楽しもうと思ったのに、

ヒロインのケリーグリーン Kerri Greenの美しさに
夢中になってしまいました(笑)

Kerri_green

この写真よりも、動画の方が断然美人です。

ちょっとネットで調べていたら、
小さいころのハーマイオニーに似ている!
という記事がありましたが、

確かに、その通りです。

通りで夢中になるはずです。

チャーリーを略奪された元カノも、
こんなかわいいんじゃ、いじめる気もおきないわなぁ

少年少女の恋と友情で揺れる青春を
なぜか、蝉の一生にかけつつ、
古典的な方法だらけだけど、
きちんと描いています。

美人が多いせいか、だいぶ気持ちが盛り上がります!

手に入るかどうか分かりませんが、おすすめです!

ただ、僕、パッケージの裏のあらすじを適当に読んでいて、

主人公の少年が、美少女に恋した後に、
チャーリーシーンにも恋をする!

って展開だと思っていて、

この時代にしては先進的だなぁ~
異性愛と同性愛の初恋を一気に描くなんて、すごいね!

とわくわくしてましたが、
どうやら僕のただの読み間違いだったようで、

同性愛の「ど」も出てきませんでしたよ(笑)。

この時代の学園物らしい映画でしたが、
この感じ、結構好きです。

また、なんか機会あったら、こういうのみたいですね。

ケリーグリーンの出演作でもあさってみようかなぁ~

と思った調べたら、あまり出てないんですね。

出演作は「グーニーズ」と「インディさんの魔宮の伝説」!

名作だらけじゃないか~!

ってか、どっちとも3回以上見てるって!

彼女メインでもう一回みようかな・・・・・・

なんかこんな美しいのにメジャーな出演作が少ないって

なんだかさみしいですね・・・・

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

昨日の稽古は、久しぶりの横浜周辺!

とはいえ、役者やっている「コックロビン生存率」の方で、
まぁ苦戦苦戦・・・・・・

今までできたことができなくなっているのか?
最近は自分演出だったせいで甘くなっていただけなのか?

きっと両方なんだけど、ほんと頭一杯!
頭でつかみきれず、かつ、掴んでるものも体現できない!

しかも、自分演出じゃないから、逃げられない(笑)

でも、まぁ、これもいい経験です。
本当に他人の演出うけれるのは久々だから。

その分、今まで見きれてない自分の演技にちゃんと向き合って、
本番当日に、いい空間を作れるように頑張ります。

自分が演出の「藪の中のKARA」は、
最後の細かい修正点のチェック!

役者も僕も頭朦朧としてる感じの否めずに、
でも、時間の問題もあり、がつがつと進めていきました。

お客様の好き嫌いは激しそうな作品ではありますが(笑)、
自分としての完成度は結構上がってきたかな?って感じです。

残りの稽古も少ないですが、
お客様を空間に包み込めるように!

さてさて、ご予約も受付中です!

ご来場、お待ちしております!

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

「かわいそうだね?」綿矢りさ

この本、ワイフが誕生日プレゼントでくれました。

30歳の男性で、
この本をもらって喜ぶ奴はそうはいませんが、
僕は、
大喜びです。

本谷有希子や川上未映子など若手女流作家が好きな僕ですが、
その中でも「勝手にふるえてろ!」でNo1のお気に入りになった
綿矢りさの新刊ですもの!

とはいえ、「勝手にふるえてろ!」はもはや僕のバイブル(笑)

そう簡単には、この作品は超えてこないだろう・・・・

と思っていたのですが、

「かわいそうだね?」
面白い!マジで、面白い!

 

直前に読んだ、川上未映子の「すべて真夜中の恋人たち」は、
ゆったりとアダルトな感じを描いていたけれど、

この物語は、直球!

しかも、物語の構図が、
完全に本谷有希子的な構図なのに、
本谷有希子を上回っている!?

上回っているというか、
僕はとても共感しやすく、

一緒に一気に爆発し、
爆発してるけど、切ないよぉ~

って気分になる。

 

自分の幸福追求

それは、絶対的な幸福追求ではなく、

自分にとっての幸福。

その分かりやすそうな自分の幸福の虚構を思い込み、

それを追及しているはずのなのに、

それは、はたから見たら、ただのばかばかしいこと。

それでもいいと思えるのが自分の幸福だけど

それは、自分の幸福ではないかもしれない葛藤。

 

どの作品でも似たようなこと描かれている気がするけど、

この作品は、一番すんなりと僕の心が共感してくれました。

設定が分かりやすかったからかな?

言葉の表現含めたら、「勝手にふるえてろ!」の方が好きだけど、

その点でみたら、この作品はマジでやばいです!

男性も女性も、ぜひ、一度、読んで下さい!

| | コメント (2)

2011年11月 9日 (水)

僕のお気に入りのホラー映画シリーズは、
ダントツで、

「スクリーム」シリーズ

「スクリーム」の衝撃!
「スクリーム2」の落胆!
そして、
シリーズを通じてどんどんムキムキになっていく
ネーブキャンベルと
「スクリーム3」でホラー映画のはずなのに、
トラウマの克服!という人間ドラマを描き切った
このシリーズ。

本当に、大好きでした。

そして、とうとう続編が出てきてしまった・・・・・

「スクリーム4」

お気に入りの3部作に、

付け加わるのは、
更なる名作への序章か?
単なる余計な続編か?

以前、ワイフに「スクリーム1」を見せて、
なぜか見る気になってくれたワイフと一緒に、

「スクリーム2」「スクリーム3」を復習し、
その日の夜に「スクリーム4」を見に行く
という

せっかくの祝日の最高の過ごし方を実践してみました(笑)

そして、

その続編の出来は?

 

普通に面白い!

見る前に見た「2」「3」は、3度目で、
だいたいわかってたのと比べるのもあれだけど、
やはり、初見の「スクリーム4」は、
普通に怖い!

物語としても十分面白い!

けど、
お気に入りのシリーズの続編としては、
ちょっと残念だったかなぁ・・・・・

ネーブがちょっと太っていたのも、
ちょっとショック・・・・・・

でも、相変わらず、
「あんたがどう見ても一番強いでしょ!」
と思わせる風格はさすがです。

こんな大シリーズなのに、
日本での扱いが低いのに疑問です!
ぜひに、見てみてくださいね!

ここからネタバレです。

今回の犯人だれだろう?感は、
今までの作品よりは弱かったけど、

あのまま、ジルだけが生き延びるエンドだったら、
「ネクストジェネレーション」の副題のように、
今までのシリーズの主人公を最後に殺す!
今までの主人公とは違うシリーズ展開を見せる!

って絶対他の作品にはない感じで、
「スクリーム」ここにあり!
更なる名作への序章!

になったと思うのだけど、

とはいえ、
どんなにやられも、生き延びて、
若い女の子の頭を電気ショックでふっとばし、
挙句に、また、脳天を打ち抜く!
非情・不死身な最強シドニー!

を描いてくれて、
それはそれでシリーズのファンとしてはうれしい所だから

エンドの評価は悩み所ですね。

っても、
この終わり方だとさすがにもう続編は無理かな?

後は残されるのは、シドニーパパのライン?
とワイフと話したりしてる、変な夫婦です(笑)

なんだかんだで、この続編含めても、

オープニングの遊びとか最高だったし、

このシリーズが好きなんだ~と思います。

このシリーズのオープニングは毎回すごい!

それにしても、

あぁ~、怖かった。

普通に怖くて、その晩、眠れませんでした・・・・・・・

| | コメント (0)

2011年11月 8日 (火)

30歳になり、

僕は変わろうと思います。

今までも一生懸命生きてきた!

今までよりも一歩でも先に、上に進むには、

今までと違うことを試すことを受け入れなきゃいけない!

をスローガンに、

30歳、俺は変わるぞ!計画を進行中です。

第0弾は、30歳助走で始めたサプリ「フォースコリー」。

あまり効いているかどうか分かりませんが・・・

引き続きの、記念すべき第1弾は、

Nec_0023

姿勢矯正ベルト!

第0弾といい、第1弾といい、

自分の努力というよりも、物に頼っている感じが否めませんが、

自分の意思だけでは、もはや、どうにもならない!

ってことを受け入れた結果ですよ、あくまで(笑)

 

僕は、ずっと猫背です。

役者をやる上でも、少しでもモテるためにも、
この猫背は治したいと思いつつ、
一時改善した時もあったけど、
結局は、全然治りませんでした。

それに、

いつもちょっと体調悪いのは、
この姿勢悪いせいもあるんじゃないのか?

そんな太ってないのに、二重あごできるのは、
猫背で顎が上に上がり気味だからじゃないのか?

もはや、いろんな疑惑を、
勝手に猫背にかけ、

もはや、いろんな期待を
この姿勢矯正ベルトに込めております。

重いもの背負ってますよ!

まぁ、そろそろ寒くなってきたし、
防寒具追加って感じで、
普段もつけて仕事をしていきたいな、と思います。

さてさて、僕の姿勢はどうなるか?

姿勢が変わって、僕も変わるか?

とにかく、進んでやりますよ!

物に頼っても、進んでやりますよ!

| | コメント (0)

2011年11月 7日 (月)

前回稽古までで背景動作の振り付けも決まり、
気分は余裕ぶっこいてましたが、

残り稽古もあと4回!

しかも、背景動作、振り付け決まっただけで、
動作の精度はまだまだ低いんだぞぉ~

普通のお芝居と背景動作を同時にみなきゃだぞ~

と本番に向けてまだまだ道のちは遠い!
がっしと精度上げて、いい出来にもっていきます。

というわけで、久々にクネクネ!

Nec_0020

クネクネしながら、
3人で「アフリカ」を表現せよ!

って写真です。

どこがどうアフリカなんでしょうね?

これは本編と関係あるかって?

ありません!

残り客演紹介の写真を撮るのをまた忘れ、
こんな写真しか撮ってこない僕ですが、

作品は、いい感じに仕上がりますよ!

ぜひ、ご来場ください!

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

祝日前のレイトショーなのに、空いていた・・・・

「ステキな金縛り」

三谷作品で滑稽な裁判というと、
昔、役所さんが主演のドラマで、
役者が弁護士の振りをするってのがありましたが、
それが好きだったせいか、見に行きました。

感想は、

物語のネタも面白いし、小ネタは面白いけど、
なんか長い・・・・・・

笑いのレベルは高かったけど、
「有頂天ホテル」の方が好きだな。

スピード感がなかったし、2部構成的な感じもして・・・・

とはいえ、すべては、深津絵里。

前から大好きでしたが、もっともっと好きになりました。

この映画、深津絵里じゃなかったら、もっと長く感じていた。

やっぱり、三谷さん、深津絵里の使い方、うまいなぁ~

彼女の良さをすべて出してる!

これでもか!ってほどの良さをもってる深津絵里もすごいし、
それを絶妙に出されるから、どんどん彼女にはまっていきます。

あとは、生瀬さんの使い方は半端ないね!

豪華なキャスト陣が手荒な扱いを受けていて、
そこらへんも面白いし、

オーソドックスな「見えない人」ネタも普通に笑えました。

長く感じたけど、結構楽しかったです。

三銃士は見る気ないけど、どっちが今週ランキング1位になるかな?

ってか、今、スクリーム4やってるんだよね。
あの名作の続編だし、結構評価高いのに、
扱い低いし、ってか、上映期間短すぎだし・・・・
何やってんだ!?日本映画界(笑)

ファンとしては見に行きたいけど、
時間が!っていう今日この頃。

こういう作品ほど、ちゃんと見に行かなきゃなんだけどね・・・・

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »