« 「藪の中はKARA」あらすじ<演出家日記> | トップページ | 残り稽古4回!<演出家日記> »

2011年11月 3日 (木)

祝日前のレイトショーなのに、空いていた・・・・

「ステキな金縛り」

三谷作品で滑稽な裁判というと、
昔、役所さんが主演のドラマで、
役者が弁護士の振りをするってのがありましたが、
それが好きだったせいか、見に行きました。

感想は、

物語のネタも面白いし、小ネタは面白いけど、
なんか長い・・・・・・

笑いのレベルは高かったけど、
「有頂天ホテル」の方が好きだな。

スピード感がなかったし、2部構成的な感じもして・・・・

とはいえ、すべては、深津絵里。

前から大好きでしたが、もっともっと好きになりました。

この映画、深津絵里じゃなかったら、もっと長く感じていた。

やっぱり、三谷さん、深津絵里の使い方、うまいなぁ~

彼女の良さをすべて出してる!

これでもか!ってほどの良さをもってる深津絵里もすごいし、
それを絶妙に出されるから、どんどん彼女にはまっていきます。

あとは、生瀬さんの使い方は半端ないね!

豪華なキャスト陣が手荒な扱いを受けていて、
そこらへんも面白いし、

オーソドックスな「見えない人」ネタも普通に笑えました。

長く感じたけど、結構楽しかったです。

三銃士は見る気ないけど、どっちが今週ランキング1位になるかな?

ってか、今、スクリーム4やってるんだよね。
あの名作の続編だし、結構評価高いのに、
扱い低いし、ってか、上映期間短すぎだし・・・・
何やってんだ!?日本映画界(笑)

ファンとしては見に行きたいけど、
時間が!っていう今日この頃。

こういう作品ほど、ちゃんと見に行かなきゃなんだけどね・・・・

|

« 「藪の中はKARA」あらすじ<演出家日記> | トップページ | 残り稽古4回!<演出家日記> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「藪の中はKARA」あらすじ<演出家日記> | トップページ | 残り稽古4回!<演出家日記> »