« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

ブログの一年の締めは、毎年書いてる

私の映画ランキング!

今年僕が映画館で見た映画をジャンルごったで、
勝手にランキングです!

過去のは、
2010年
2009年

こちらをご覧ください。

今年は12本。思ったより少ないですね。
なんだかんで忙しかったせいかな?
今年は、例年より、映画よりも芝居を見に行った気がする。

とはいえ、今年は「映画の当たり年!」だった気がする。

心に残る名作が多かった、特にSF!

第1位:SUPER8

久々のSFの名作。
昔ながらのSFの良さと現在の技術を兼ね備え、
子供から大人まで楽しめるいい作品です。

最近のSFにはこういう良さがなかっただけに、
めっちゃ心に残る作品でした。

第2位:猿の惑星:創世記

これはほぼ同率1位という感じです。

あの名作「猿の惑星」のオリジナルに引けをとらないいい作品。
楽しみなシリーズ物が増えました。
言葉に頼らない猿の心理描写、
わくわくする物語展開とアクション描写、
ただのSFってだけじゃない深いメッセージ、

全て兼ね備えた名作です。

第3位:X-MEN ファーストジェネレーション

元々すきなX-MENシリーズ!
元のシリーズのつながりと共に、
身勝手なお二人さんの描写が面白い!

やっぱり、このシリーズは気軽に楽しめるのがいいね!

第4位:ソーシャル・ネットワーク

ヒューマンドラマのわりには(?)心に残った作品。
すごい人の話っていうのは、やっぱり面白い。

第5位:スクリーム4

大好きなスクリームシリーズの続編。
3部作として好きだったのに、続編作られてびっくりした。

普通のスクリームシリーズな作りは健在で、
十分怖くかったけれど、
やっぱり旧作は超えない感じが残念。

第6位:ブラックスワン

大好きなナタリーの名演技。
大好きなウィノナの扱いに不満があるけど、
キャストも物語も文句なしに楽しめる。
ちょっと暗かったけど、いい作品だと思う。

第7位:エンジェル・ウォーズ

物語は微妙だけど、
とにかく、絵がきれい!

絵がきれい!というか、
可愛い女の子が制服着て、チャンバラやって、
まぁ、物語がカスでも、見ていて楽しい作品でした(笑)

第8位:ステキな金縛り

面白かったけど、間のび感が否めない。
個人的には、もっとスピード感がほしかった。
有頂天ホテルを超えてほしい。

第9位:モールス

普通に楽しかったけど、そこまで感慨もない。
クロエが見れてよかった作品。

第10位:英国王のスピーチ

名作のはずが、下位。
面白かったけど、今振り返ってみて、
もう一度みたいか?と言われたら、
別に、そこまでは見たくない感じ・・・

第11位 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女

非常に勉強になり、面白かった。けど、長い。
映画として面白いかと言われたら、ちょっと困るかも。

第12位:ハリーポッターと死の秘宝 Part2

Part2でひっぱった割には・・・な出来。

アクションも物語も面白かったけど、
中身が浅い感じが否めないかな?
このシリーズの最終作にしては、合格点は出したくない。
好きだったシリーズなだけに、期待が大きすぎたかな。
エマ・ワトソンを、定期的に見れなくなって残念。

という感じです。

来年はもっともっと映画も芝居も本も楽しんでいきたいです。

今年のこのブログもこれでおしまい。

今年もありがとうございました!

| | コメント (0)

2011年12月29日 (木)

今更ながら好評作品

「マイティ・ソー THOR」

見ました。

なぜかこの主人公とアイアンマン2の悪役とがごっちゃになっていたんですが、
僕の大好きな北欧神話の話だったんですね(笑)

それ知ってたら、映画館で見に行ったのに・・・・ただ、

「ソー」なんて人いたっけ?

と思っていたら、「トール」の英語読みだったんですね。
アズガルドの単語から怪しいなぁと思いつつ、
オーディンが出てきたあたりで、納得しました。

それと、ナタリーポートマン!
冒頭に出てきて、

ナタリーが出るわけないよ!

と思い、違う人だと思ったら、ナタリーでした。
彼女が出ていると知っていたら、映画館で見に行ったのに。

映画自体は、

映像がきれいなのと、物語がシンプルで、
気軽に楽しめる映画!

って感じです。
北欧神話とはずれているけど、
ロキの描き方とか気になって楽しめました。

ただ、ソーの内省描写、簡単に描きすぎ?
それくらい単純な方が、気軽に楽しめるのかもしれませんが・・・・・

北欧神話の世界観があるので、世界観自体は不足なく、
それに負けないくらいの物語と映像のきれいさと
ナタリーの美しさで、
十分に楽しめる映画です。

欲をいうなら、ソー役はブラピにやってほしかったかな?

年末の息抜きに、ぜひ!

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

以前、ちょっと長い時間電車に乗るときに、
暇つぶしで漫画を買って読んだのが読み始まり。

3巻まで買って読んでけど、文庫本が出ているのを知り、
実際、絵よりも物語が気になっていたので、

今日の帰りに文庫本を買い、がっと読んで、
一晩たたずに読み終えてしまった。

そういう意味では面白かった!

けど、怖かった。

「王様ゲーム」

いや、そんな怖くないかも。ただ、僕が怖がりなだけ・・・・

「着信アリ」と「バトルロワイヤル」を混ぜた感じを受けたけど、、
読み進めてるときの感じは、小説で読んだ「ICO」に似ていた。

怖い感じで、結末知りたくて、暗い中をどんどん読み進めて・・・って。

結末も、すっきりしつつ、ある意味ではすっきりしない感じで、
ちょうどよい感じであったと思う。

ただ、こういうの、読んでるときは楽しいけど、
読み終わった後が怖い。

読んでる途中に来た、メール着信が怖い(笑)

いやぁ、こういうの書ける人ってすごい。
僕なんて、怖くて書けないからな、絶対。

最後に気が付いたけど、

主人公の名前と作者の名前が同じなんですよね。

なんかの狙いなんですかね?

この作品はいいけど、他の作品を書くときはどうなるんだろう?
ってちょっと気になりました。

怖かったので、録画してあった昼どら見て、怖さを中和。
まだ怖いけど、そろそろ寝ます。

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

この度、unit-IFに2人の方が入団されました。
ここ2年くらいは出入りがなかったので、
嬉しい限りです。
ちょこっとだけご紹介を!

一人目は、過去2回客演いただいている
野口繁一さん。

劇団After6さんとの二重所属という形になりますが、
今後の出演なども考えて、入団という形になりました。

所属員となった野口さんをさらに活かせるように、
頑張らなきゃいけません。

2人目は、前回「藪の中はKARA」に客演してくれた
玉根伶子さん。

大学の劇研の後輩で、
本番見てめっちゃお気に入りの女優さんでしたが、
気に入りすぎて、ずっと声がかけらずにいた人です(笑)

今年度の頭のあたりで、
Facebookでつながってから、誘う糸口をようやく掴み、
ダメ元で客演をお願いしたら、出演してくれて、
そして、今回、入団となりました。

Facebookなかったら、誘えてなかったかもしれないので、
「ソーシャル・ネットワーク」を見て、Facebookに登録しておいて、
そのことを一番感謝しております(笑)。

ってなわけで、今年もおわりに近づいてきました。

新たなメンバーを加え、unit-IFは来年も頑張っていきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

前回の「あひさま」から本格的に見出したNHK朝ドラ。

自分の披露宴で曲をピアノで弾いてもらうほど、
「おひさま」を気に入っていたので、

どうも始め「カーネーション」を見る気なかったのですが、
いまや、断然「カーネーション」の方が面白い!
とがつがつはまっております。

はまった瞬間は、
若き日の糸子が暑い朝に着物で寝てるシーン!

めっちゃかわいい!

というか、

役者さん30歳くらいと聞いていたのに、めっちゃ若い!

しかも、めっちゃまっすぐ!

ジブリを実写化するなら、主人公は絶対この人だろう!

って感じでまずは彼女にはまっているうちに、
他のキャラクターを含め、物語にはまっていきました。

最近は、ちゃんと歳相応に見えるから、更に、すごい。
メイクの力でしょうか(笑)

糸子の自分にまっすぐで、社会には不器用な性格に共感しつつ、
その溢れる才能の彼女の商売の行方が楽しみで仕方ない!

しかも、「おひさま」とは違う、辛い戦争!

始めは楽観的に始まった戦争が、
徐々に、生活や人の心の余裕を奪っていく様がきちんと描かれていて、
ちょっとつらいけど、勉強になり、そして、心に響きます。

しかも、194X年X月とか出てて、

こっちはあと何年で戦争が終わる!

っての知ってるから、

あと何年か・・・・

って思うけど、

いつ終わるか分からないって辛いんだろうな

と思い、そして、ドラマで2か月くらいなのに、

まだ戦争終わらないな。長い戦争だったんだな

と勝手に戦争の長さを感じてます。

最近は、優子の戦争少女っぷりがかわいく見えてきました。

こんなの見てると「子供もいいものかな?」と思い始めてくるから不思議です。

歳でしょうか(笑)

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

1324480321694.jpg
ネイビー、16歳になりました。

こんな歳だと、この日を迎えられるだけで幸せです。

来年もまた迎えられように、
一日一日を大切に、楽しく、
一緒に過ごしていきたいものです。

ハッピーバースデー!ネイビー!


| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

第三舞台の10年間の封印解除&解散公演

深呼吸する惑星

一昨日見てきました。

1323956982278.jpg

高校で演劇をはじめ、その時、第三舞台の作品に出会い、
それがきっかけで演劇にはまりました。

鴻上尚史の言葉も、自分の理屈と合致し、
たくさん読み、たくさん影響を受けました。

10年封印公演「ファントムペイン」で
初めて生で第三舞台を見ました。

その後、鴻上作品をいくつか見ましたが、
虚構の劇団からは足が遠ざかっていました。

しかし、これは第三舞台。
しかも、最後の第三舞台。
すごく見たくて、うちの元劇団員がチケットとってくれて、めっちゃうれしくて。

見る前にめっちゃはしゃぎ、
久々に尋常じゃないほど緊張し、
それほど見る前の期待が高かったのに、

全然期待を裏切らない
むしろ、それ以上に心に残る作品でした。

作品の内容も素晴らしかったですが、
それ以上に、
第三舞台を見た!という感慨の方が大きかったのかもしれない。

変わらないテーマの上にある新しい物語
DVDでしか見たことのない、戯曲でしか読んだことがない
数々のネタの再現

そして、冒頭のBehind the Mask

いまだに耳から離れません。

そういう全てがあったからこそ、
そして、第三舞台の、本当に魅力あふれる役者多くが出演したからこそ、
作品の内容以上に、鴻上作品を見た!という以上に、
「第三舞台を見た!」という感触が強かったのかもしれない。

そして、予想以上に、
自分の中での「第三舞台」が大切な存在であったことに
気が付かれされました。

自分の作品とその役者たちの魅力で、
お客様を惹きつけ、集め、
劇団を大きくし、そして、進み続ける

全然力は及んでいませんが、
僕は、鴻上尚史氏ではなく、
なんだか、
第三舞台を追い求めていたのかもしれません。

そうだから、
この作品を見つつ、
自分の今までを振りかえってしまいました。

だからこそ、
こんなに心に残っている
見て本当によかった!
と思っているのかもしれません。

語られない言葉を決して語らないように、
自分の芝居を続けてきました。
そして、今を語り続けるために、
僕は、芝居を続けています。

そして、
今後も続ける力を、
この作品からいただいた気がします。

全然、作品について語っていなく、
感無量なせいか、全然まとまりのない文章ですが、
この作品を見られて本当によかったです。

席後ろすぎかと思ったけど、ちょうどよかったし、
あんな後ろでも、十分に空間を堪能できました。

第三舞台が解散してしまうことはさみしいですが、
封印してやっと解除して、すぐ解散ってなんだ!って
始めは怒っていましたが、
この作品を見て、うれしすぎて、心一杯になりすぎて、
なんだか、よくわからなくなりました。

自分の演劇の始まりであり、
そして、また、新たな始まり。

第三舞台、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

前回に引き続き、新婚旅行日記。

二日目は、ツアーなんぞにはいかず、我が道を行きます。
この日のメインは、ワイフの希望で、一年前にできたという

ユニバーサルスタジオシンガポール!

旅行不精以上に、テーマパークが嫌いな僕
中学の卒業旅行の富士急以来です。

自我に目覚めかかっていたあの頃、
HUJIYAMAに乗りながら、
「これはどこがどう楽しいのだろう?」
と理屈で考えようとした結果、
それ以降、テーマパークというものが全く楽しめなくなった
かわいそうな僕

ワイフが行きたがってもずっと行っていなかったので、
新婚旅行くらい行くことにしました。

が、朝、ホテルで、
シンガポールのテレビでやってた変なMVを見ていたせいで、
駅について、あたふたとガイドブックを読む夫婦・・・・

なんとか地下鉄にのり、いざ、セントーサエクスプレスへ!

Dscf3756

いきなり見えてくるのが、
きれいな海ではなく、

ザ・港!

でも、なんかこの都市を表していて、
結構感動する!

なんの感動もないシーサイドラインとは違うね(笑)

Dscf3768

きましたよ。ユニバーサルスタジオ

すんなりとチケットを購入し、いざ中へ!

この前日、実はわくわくする情報を入手していた。

この3日前に、
新しいアトラクションがオープンしたらしい!

Dscf3811

トランスフォーマー!

映画はそこそこな好き具合だけど、
これのアトラクションは面白そう!

テンションが上がります。

トランスフォーマ好きな大学の先輩にワイフが、
自慢のメールを送りつつ、
周りのお兄さんたちが盛り上がっているので、
僕らも便乗して盛り上がる!

Dscf3806_2

入口は空いてそうだったのに、
建物の中に並んでました・・・・

でも、待ってる間に、
こういう楽しみを用意してるし、
待つっても、30分程度だし、
周りのテンションが高いから、

あまり気にならない!

でも、

待つ時間も短いが、
アトラクションの時間も短い

しかし、

その分、内容濃縮!

って感じのシンガポールのテーマパーク。

このアトラクション、短いですが、
迫力満点で、めっちゃ面白かったです。

素直に叫んで楽しめる大人になれてよかった(笑)

そして、どんどんテンションがあがります。
やっぱり、ディズニーよりもユニバーサルスタジオな僕。

Dscf3826

ジュラシックパーク!

変なポーズも、外人さんの冷たい目線も気にならないよ!

Dscf3827

そうそう、ここで食べたお昼が、
ひそかに、シンガポールで一番おいしかったです。

Dscf3839

安上がりな男です。

これを食べれるのは、

Dscf3840

シュレックの遠い遠い国の「不気味な」お店です。

そして、ここのもう一つメインディッシュは、

ウォーターワールド!

大好きなケビンコスナーを、一番好きだったころの映画です!

Dscf3902

脅迫まがいだったけど(?)めっちゃ盛り上がってたし、
こちらも濃縮型で、めっちゃ面白かったです。

ただ、みんな盛り上がってたけど、
この中でちゃんと映画を見てる人は何人いるんだろうか?

ってか、僕は好きだけど、
こんなにメジャーに扱われる映画かなぁ?

と不思議にはなる。

まぁ、アトラクションにはしやすいんだろうし、
このおかげでケビン・コスナーも安泰だよなぁ~

と変な感慨にふける。

その後、アンダーウォーターワールドへ。

ユニバーサルスタジオを早めに切り上げていったわりに、
しょぼい!

水族館ってものは大好きなんですが、
その期待をみごとに裏切ってくれました。

イルカショーも見たのですが、
日本のすごいパフォーマンスは特になく、
小ネタを披露して終了。

Dscf3983

Dscf3990

かわいかったからいいんだけどね。

なんか、ピンクイルカの保護と生態調査!がメインみたいだから、

そんなに芸とかしこまないのかな?

と自分を納得させる。

一番驚いたのが、

Dscf3991

この子、普通のお客さんです。

司会の人が、

濡れるけど大丈夫?

って言って希望を募ってたけど、

ここまで濡れるとは思ってなかったんじゃないか?

と心配になる。

まぁ、かわいかったからなんでもいいけど・・・・・え?

やっぱさ、これでおっさんが出てきても困るからさ。

しょぼいと言ったわりには、いろいろと楽しんだ水族館でした。

最後、帰りは、
オーチャードのクリスマスイルミネーションを堪能。

Dscf4025

今年は、日立の提供でお送りしております。

頑張れ!日本企業!

ここも素敵ですが、
ホテルのライトアップの色の感じが素敵で好きでした。

Dscf4038

蒸し暑かったし、疲れたけど、
満足な2日目でした。

大満足で眠りにつきました。

この旅行日記もあと一日分です。

また、今度、更新します。

ではでは。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

公演の次の日に、新婚旅行に出発しました。

行先は、シンガポール!

私、30ですが、初の海外です。

旅行不精の僕のわりには、頑張った旅行だったので、
ここに旅行日記というものを書いてみることにします。

公演後に打ち上げがありました。
楽しいはずの、代表がいるはずの二次会には、
泣く泣く参加せずに、帰宅。
とりあえず、寝る。

翌朝から旅行の準備。
公演のせいで全く準備していなかったわれら夫婦は、
公演のせいで掃除してないごちゃごちゃな部屋で、
旅行の準備。
夜の便に、なんとか間に合う。

この旅行で心配なことが一つあった。
新婚旅行中の喧嘩!?ではない。
自分の英語が通じるか?は少し不安だったが、
1年もGabaに通ったのだから、旅行くらいはできるはず。

心配は、飛行機である。

飛行機は、国内線で数回乗ってるので初めてではない。
だから、なんとも思っていなかったはずなのに、

数日前から感じる「嫌な予感」。

僕の「嫌な予感」はよくあたるんです。
芝居で感じる時は、かなりの確率で、
出演者が途中でいなくなるか、
劇団員が退団します・・・・・

その自信のある「嫌な予感」を
この旅行に関して感じてしまったのです・・・・・

そこから、飛行機が怖くなりました。
離陸の時には、
「飛行機事故より交通事故の方が確率は高い。
 そんなに怖がる必要はない。
 神様がお守りくださっていることを信じるんだ!
 試練を与えたもうたら?いや、信じるんだ!」
と心の中で唱えまくってました。

いまどき、こんなに緊張してる乗客はそうはいません。

無事に離陸しても、飛行機が揺れた際には、
「え?飛行機ってこんなに揺れるんだっけ?
 炭素繊維ってちゃんと丈夫なの?」
とよく分からないこと考えてしまい、眠れない。

日本を夜に出て、シンガポールに朝に着くスケジュール。

しかも、公演で体は相当疲れている。
けど、眠れない。
前途多難です。

とはいえ、
着陸もめっちゃ緊張するも、無事に着陸し、
お金も換金して、とりあえず、ホテルに到着です。

Dscf3579

朝早くチェックインはまだなので、荷物だけ置かせてもらう。

旅行慣れしていない僕は、適当にHISでこの旅行を頼んだ。
ツアーというものは、嫌いなのだけど、
半日で名所を回れるなら、しかも、無料を聞いて、
この朝の到着後にお願いしていた。

半日市内観光

いろんな名所を回れたが、
これが唯一のこの旅行の誤算であった。
その話は、後にして、まずは、名所!
名所といえば、マーライオン。

Dscf3615

世界3大がっかり!

と言われすぎたせいか、全然がっかりせず

Dscf3629

Dscf3626

普通にはしゃぐ、僕とワイフ。

しかし、ここが半日観光のピークです。

優しく親切だと思っていたガイドがどんどん攻めてきます。

有料のオプションツアーをとにかく薦める!

もう空きがないよ!

というわりに、後で見るとそんなにみんな行ってないし、

風水の話をしたと思えば、

次行くのは宝石店よ!ここでそれ買える!

と怪しい宝石店に連れてかれる。

なぜか「ここは要潤も来たよ」と僕の気にかかるフレーズをいい、
ちょっとは心が動いたが(笑)、必死に出口を探し、逃走。

マイケルジャクソン、ジャッキーチェンに並んで、要潤

僕は大好きな要潤だが、
その名前で、心動かされる客がいるのだろうか?

結局、宝石店の時間が一番長かったこの市内観光。

タダより高いものはない。

とにかく、この宝石店の時間を、
シンガポール滞在の貴重な時間を返してほしい。

向こうも商売なのである程度は納得できるが、
シンガポールにまで来て、しかも、日本の会社で、
こんな低俗な商売を見せられるとはね!!

しかし、市内観光の最後で、ランチのフードコートに連れて行かれる。

Dscf3683

チキンライス!
普通にうまい!

調子にのって2個食べる。

とりあえず、ホテルに帰り、少し休む。

シンガポールで驚いたのは、これ。

Dscf3647_2

洗濯物の干し方・・・・・
全体的にきれいな街並みなのに・・・・・
よく乾きそうだけど、景観は????

価値観の違いを目の当たりにする。

その日の夜は、もう一つのメインのツアー!

ナイトサファリ!

Dscf3712

テレビで、シンガポール動物園を見て、
シンガポールに行こうと決めた僕。
シンガポール動物園とナイトサファリは、
隣だけど、別物!
って後で知ったけど、
十分に魅力的なこの旅行のメインディッシュ!

バスで連れてってくれるというので、これもツアーで参加。

ディッシュといえば、

Dscf3721

チリクラブ!

中身が取りづらく、口で吸おうとすると、
辛いのが咽喉に来るので、吸えない・・・・・

日本のカニの方がいい・・・・

としょうもないこと思う。
お口直しのビールはうまかった。

Dscf3723

ナイトサファリは、満足の時間でした。

夜行性の動物を集めたわりには、結構寝てましたが、

ちょっと川で区切られてるとはいえ、
ちゃんと安全が施されているだろうけど、

フェンスのない状態で、
ライオンが目の前にいる!

ってのは、感動と共に、
野生の恐ろしさのかけらを感じることができる。

平和ボケの僕には、そのかけらでも十分に怖く、
それだけ見る価値があったと思う。

なんだか、動物そのものというより、
そういう飼育方法とかに感動する方が多かったかな。

ここ、トラムにのって、見て回る以外にも、
歩いて見ることができるよう。

けど、ツアーで時間が限られ、歩けませんでした。

こういう所はツアーは嫌だなと思いつつ、
初日だから、こういうのも便利だなと思う僕。

次の日は、完全な自由行動。

次の日に思いを馳せ、落ちる心配のないホテルのベッドで、
ゆっくり眠ることができました!

長くなったので、この記事は、ここでおしまい。

続きはまた、今度書きます。

最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。

次回をお楽しみに(笑) 

| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

unit-IF第6回公演「METRONOME」

無事に終了いたしました。

ご来場いただきましたお客様、

誠にありがとうございます。

Dscf3418

今回の公演は、

unit-IF初のオムニバスで、
自分の他に、免出と徳弘が脚本・演出したり、

派手な音響を封印して、メトロノームを使ったり、

色々と挑戦させていただきました。

賛否様々な意見をいただきました。

参考にさせていただき、
今後に向けて、また、一歩一歩進んでいきたいと思います。

昨日は、バラしが早く終わってしまって、
打ち上げの予約まで時間があったので、
会場のAPOCシアターのカフェで、
乾杯させていただきました!

Img_0485

そして、僕は、今から新婚旅行に出発です。
強行日程!

おかげさまで、昨日の打ち上げはオールはせずに
帰らせていただきました・・・・・

でも、まだ、準備は終わってませんが・・・・・

unit-IF、進み続けます。

今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

unit-IF第六回公演
初日終了致しました。

ご来場のお客様、
ありがとうございます。

楽しんでいただけましたら幸いです。

昨晩は、会場のAPOCシアターのカフェで、
軽く初日打ち上げ!

夕方からなんもたべてなかったので、
カレーをいただきました。

1322957664815.jpg

もちろんビールも!

まぁ、次の日もあるし、
ちょっと軽めに。

1322957669366.jpg

エミネム嬢は、酔いすぎないように
監視中⁇

1322957670284.jpg

今朝は晴れました。
今日のステージは、
お席に若干の余裕があります。
当日券もございますので、

ぜひご来場ください。

本日もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

本日、今から小屋入りです。

昨日からどんどん気温が下がってる。

わたし、負けない。

ちょっとけちって、
うちに保管してある荷物を、
レンタカーでなく、
手で運んでるのですが、


姉から借りたキャリーケースが、
重すぎて、腰がヤバイです。

まぁ、寒さも重さも仕方ない。
しっかり仕込んで明日本番!
準備万端で
ご来場お待ちしております。


| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »