« 「スカイライン -征服-」 | トップページ | unit-IF第7回公演、決まりました。 »

2012年2月13日 (月)

予告編を見て面白そうだったし、
プリオ先生がでていたので、見た。

J・エドガー

48年間、FBIの長官を務め、
盗聴やらでえた極秘ファイルで、
歴代大統領を脅して、地位を維持。

もっと政治劇的な物語の展開を期待していたのですが、なんか普通に時系列を追う展開。

犯罪捜査の発展に貢献とかは、
すごいし、事実としては面白いが、
映画として楽しいかと言われればNO!

史実としては面白いのに、
展開がつまらない大河の清盛を思い出しつつ、

一番近いのは、
「ゾディアック」
でしょうね。

わざわざプリオに老けメイクなどせず、
普通に老俳優使えばいいじゃん。

と無駄な技術のひけらかしにもひき、
もしくは、
老けた事実なんて気合で乗り切ってる
「カーネーション」を見習ってもいいんじゃ?

とか思う。

レビューなんかで、好評が目について不思議な感じ。
僕には、つまらない映画でした。

|

« 「スカイライン -征服-」 | トップページ | unit-IF第7回公演、決まりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スカイライン -征服-」 | トップページ | unit-IF第7回公演、決まりました。 »