« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月26日 (月)

昨年12月に上演しましたunit-IF第6回公演「METRONOME」
3作品のオムニバス作品の内の1作品

「藪の中はKARA」

unit-IF作品で初めて一作品全編公開致しました。
30分作品という短編ということもあり、
この作品に限り、最初で最後の公開だと思います。
(画質は落としてあります。予めご了承ください。)

見逃した方、興味にある方、もう一度見たいという方、
ぜひ、おご覧ください!

追記:
動画内に書かれた年に間違いがありました。
申し訳ありません。

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

香港にいて今週の見られなったカーネーションを一気見しました。

尾野真千子がいなくなったカーネーションなんて・・・

と思っていましたが、

今週のカーネーションはやばい!

過去、大泣きしたのは「シルミド」だけでしたが、
その次に大泣きしたのが、今週のカーネーションです(笑)

いつも、会社の昼休みに見ていたので、
出張でよかったです。

会社の女の子たちの前で、
大泣きする所でした・・・・・・・・・

でも、なんで大泣きしたのか分かりません。

巷に溢れる、
末期の病気にかかった人を出しての感動話は
どうも苦手でだったのですが、

今回はすんなり入ってきて、どうしようもなく泣きました。
感動の押し付けがなかったせいでしょうか?

カーネーションの脚本のそこらへんのバランスが、
自分に合っている気がして、感動しやすくなってます。

「服の力」「アートの力」。そして、その「限界」
について語る場面が、
僕の心に刺さった一番の要因な気がします。

自分が芝居をするときに、
どういう気持ちでやっているか、
何をお客様に与えることができるか。

生きることの素晴らしさと、
人間の気分勝手さ、
もがく一生と、
儚さ。

ずっと思ってきて、
最近、強く思うようになっていることが、
すっと集約されて心に刺さったのかなぁ

と思います。

本当にいい作品です。
来週で終わりのようですね。

最終、糸子、死んじゃうみたいですが、
予告で泣きそうだったので、
会社で観た時に泣かないようにしたいです(笑)

| | コメント (0)

一週間、初めての海外出張で、香港に行ってきました!

Img_0581

一年間Gabaに通い、
毎日英語を聞いたりして、
準備はしてったのですが、

やはり、英語力のなさを実感させられました。
それと、交流力のなさ・・・・

元々大勢いる中の交流ってのは苦手なのですが、
立食会やら、ランチ、ディナーやら・・・・・

普段メールで仕事してる人だったり、
完全に初めての人だったり、
色々な人と話したしたのですが、
大勢の場の雑談って、やっぱり苦手です。

必要なことってのはわかっているので、
自分なりに頑張ったのですが、

交流力も、英語力も、
自分の限界を突き付けられた
辛い一週間でした(笑)

でも、
一対一では、そこそこ話せたし、
自分なりには頑張っていろんな人と話せたので、
まぁ、誉めてあげたいです。

何事も経験だし!
今回を肝に銘じて、
絶対的に足りなかったリスニング力をもっと高めることと
大勢の交流力は、まずは、日本の場で、改善できるように努力したいです。

こういう機会ないと、
自分が伸びない、変わらないもの事実で、
いい経験になりました。

香港自体の感想は、まさに、
コンクリートジャングルですね。
外人から見た東京もこんな感じなんだろうけど、
せまっ苦しさを感じました。

シンガポールには住みたいと思ったけど、
香港には住みたくないです(笑)

地震がない土地なんだろうけど、
今、地震が起こったら、ほんとに逃げ場ないなぁ
とか思ってました・・・・

あと、ブランド店か屋台店しかなかったイメージなんですが、
貧富の差が激しいんですかね?
金持ちはほんと金持ちなんだろうなぁ~
と香港の経済力を感じました。

思い出としては、
JAMBOレストランの白ワインがめっちゃおしかったこと。

Img_0610_2

おいしくて、すんなり飲みまくって、酔いました(笑)
日本でも探して、飲みまくりたいです。

あと、ヴィクトリアピークに観光に行ったんですが、
曇ってて残念でした。
いつも曇ってましたが、霧なのか、公害なのか?
せっかくきれいな景色なのに、なんかもったいない。

ピーク内のエスカレータが、
Img_0629

悪名高きシンドラー社製でした。

ただでさえ、高所恐怖症なのに、
もっと怖くなりました(笑)

あと、
最後に行った「男人街」が面白かったです。
それにしても、
香港、夜遅くまで、栄えてる!
朝、遅いんだろうか????

色々課題も残った初めての海外出張でしたが、
いい経験になりました。

出張中に、台本を直そうと思っていたのですが、
全然そんな余裕がありませんでした。

今日で片づけは終わったし、
明日からの一週間で台本完成させて、
来週末からの稽古に備えたいです。

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

先行上映、見てきました!

スターウォーズ エピソード1 3D

今までスターウォーズのためにIMAXを我慢してたんです。

109シネマズ川崎で3Dだから、IMAXかと勝手に思っていたら、
普通の3Dで、ちょっとショックでした。

でも、スターウォーズの3Dです。

楽しみにしてたんですが、
なんか音がチープでした。
音量が小さい気がしたんですが・・・・

最近よく見てるTOHOシネマズと109シネマズの違いでしょうか?
始めの20世紀フォックスの音からして小さくて、
インパクトがかけていてちょっと残念です。

109シネマズ川崎のスクリーン1のスピーカーは大丈夫なのか???

とはいえ、面白かった!

やっぱり、ポッドレースの3Dは、見応えありましたね。

それと、エピソード2、3を見ているせいか、
初見の時より、
アナキンと母のシミのエピソードが泣けます。

アナキン坊や、初見はただの生意気にしか見えなかったけど、
結構、哀愁漂わせてる!

改めて見ると、
クワイ=ガンが主役みたいな映画ですね(笑)

そして、ナタリー、可愛すぎる!

3Dって構えてみると、
奥行きとか意識しちゃって、あれだけど、
無意識に見てると、2Dよりは迫力あったかな?と思う。

宇宙の奥行き感とかはすごく魅力的だった。

ただ、スターウォーズは2Dでも十分迫力あったから、
3Dの方が断然迫力あるよ!とは言えない感じではある。

元々ある作品の3Dには、限界があるのかな・・・

まぁ、期待値が高すぎるんですがね。

でも、見ないわけにはいきません。

けど、エピソード1はやっぱり長い。

早く旧3部作の3D見たいです!

楽しかった!

スターウォーズを大画面で見られる世に生まれて、
幸せです!

そして、この上映で、小さい子たちにも、
はまってほしいですね!

| | コメント (0)

2012年3月14日 (水)

最近、ブログの更新がゆっくりでしたが、
全ては、台本を書いていたせいです。

普段は3か月くらいかけて、でも、稽古開始のだいぶ前に書き終えるのですが、
今回はオフが短かったので、
1か月ちょいで書いて、もうすぐ稽古です。

まだ第1稿なので、稽古までに完成させなきゃなんですが、
第1稿があがる瞬間、

台本の最後に

「この物語は、これでおしまい」
(↑このト書きは毎回書いてます)

を書く瞬間、本当に毎回、

感無量!って感じになります。

がーって書いてたので、ちょっと台本から頭を離してから、
また、書き直そうと思います!

知らぬ間に、スターウォーズの上映が近付き、
香港出張も近づいてきました!

なんとか3月乗り切って、4月からの稽古を楽しんで、
8月、いい作品をお届けします!

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

会社用で、iPhoneを使い始めて一年経ちますが、
まだ、フリック入力ができません。

携帯電話のように、打ってます。

初期にワイフに教えてもらいましたが、
馴染めずに、また戻ってしまいました。

この間、大学の後輩に、
フリック入力じゃないんですか?
と言われ、
教えてもらいました。

確かに慣れたら早そうなんで、
フリック入力に移行したいんですが、
今も、従来のように入力しています。

自分は機械には疎くはないだろう
と思い、
機械化に馴染めない年配の方々を、
なぜ馴染めないのかなぁ?
と思っていたのですが、

知らぬ間に僕もその仲間入りをしていたようです。

時流に取り残されないように、
便利な新しいものは取り入れたいもんです。

頑張って、フリック入力、マスターします。


| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

ずっと見てきた朝ドラ「カーネーション」

とうとう、尾野真千子から夏木マリに代わってしまいました。

始めは観てなかった「カーネーション」
ジブリが出てきたような尾野真千子に惹かれ見始めて、
スト-リーラインや周りのキャラクターに
心盛り上がるBGMに惹かれてはまり、

楽しんできました。

なにより、
この作品の作りだす空間に惹かれていただと思います。

その空間の中心にいたのが、尾野真千子だったのだ、
と思っています。

きっと、「はまり役」ってだけだったんだろうけど、
この空間を作り上げ、そして、
自分も輝いた尾野真千子の小原糸子が

もう見れないと思うとさみしいですね。

尾野真千子を定期的に見れなくなることも悲しいけど、
役者が変わって、この作品の空間が保たれるのかも、
心配ですが、

いい作品でした!

自分もこんなに魅力的な空間を作りたいですね!

そして、尾野真千子が今後どうなってくか、
ただの「はまり役」だったんだね。で終わらないような、
活躍を楽しみにしたいなぁと思います。

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

僕の中のヴァンパイア映画の最高峰!

だけど、予約時に3人しかいなかった!
劇場行ったら、10人はいたよ!
なんでこんな人気ないんだ!

UNDERWORLD
AWAKENING
アンダーワールド 覚醒

めっちゃくちゃ面白かったです!
映画鑑賞度の満足度がこんなに高いの久々!

Underworldawakening380

まずは、なんてったって、
ケート・ベッキンセール!

なんか前に「ビギンズ」とかやって気がしたけど、
ケートベッキンセールじゃなかったから、観なかったよ、僕は!

相変わらずのかっこいい美しさ
ってか、
この役のケート・ベッキンセールが、
マジでかっこよくて、美しい!

前作からだいぶ経ったのに変わらずの美しさに、
それだけで満足です。

が、もっともっと満足な点が満載だ!

この映画、とにかく気持ちがいい!

R15にしたせいか、
何の迷いのなく、
ぐろさにも遠慮もなく、

ばっさばっさと殺しまくり、
どびゃどびゃ飛び散りまくる!

けど、そこは「アンダーワールド」シリーズ!
映像の綺麗さウリのアンダーワールドシリーズ!

気持ちよく殺しまくってるのに、
映像がきれいがだから見応えがある。

そして、それに3Dが加わっちゃうからね。
こんな3Dであってよかった!と思った映画はないね!

3Dで一番迫力を感じた映画です。

劇場の3Dで見れて、本当によかった!

物語はそこまでいいわけじゃないけど、
そこそこしっかりしていて、
アクションや美しさの足を引っ張ってないだけで十分だし、
元々の世界観の魅力で、そこは十分カバーできる出来。

このシリーズ大好きだけど、
正直、前の作品とかあんまり覚えてなかった。

ヴァンパイアとライカンが戦ってる!
くらいで、細かい設定は覚えてなかった。

昼間歩けることとか、処刑人だったってこととか、
そもそも
ケートベッキンセールの役の名前がセリーンだってのも、

途中で思い出しました(笑)

でも、十分楽しめた。
復習してからみたら、もっと楽しめたかも!

あとは、

まぁ、デビット君、
「戦い教えてくれ!」ってわりには、結構強かったのにはびっくり。
でも、やっぱり大して強くなくて、ウケた。

女の子が戦闘モードに入る時が、
「モールス」の戦闘モードに入る時にそっくりで、びっくり。

くらいかな・・・・・

とにかく、ケートベッキンセールが
このシリーズを再開してくれて、
本当にうれしいです。

「戦うかっこいい美しい女」代名詞は、いまや、

話しがどっかいきすぎてる「バイオハザード」のミラ様ではなく、

「アンダーワールド」の
ケートベッキンセール
ですね!

間違いない!

この作品で、このシリーズが更に好きになりました。
というわけで、
私の映画ランキング、アクション部門で、
5位から一気に上がり、
1位に輝きました!

久々のランキング更新です!パチパチパチ

なのに、あんまり人気がないですねぇ・・・・
残念残念。

ワイルドスピードみたいに、いきなりどっかん!ときますかね?

とりあえず、この作品、DVDでは大ヒットをかましてほしいです。

絶対に見てください。
そんな話知らなくても楽しめます!

ぜひ!

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »