« unit-IF第7回公演「p53」 終演致しました! | トップページ | 本谷有希子「嵐のピクニック」 »

2012年8月15日 (水)

綿矢りさ「ひらいて」

公演の間、ブログを放置しすぎてしまいました。
すいません。

次の作品を書きだすまでは、
色々と本とか映画とか舞台とかを見まくると思うので、
ちゃんと更新していきたいと思います。

公演後、初めに読んだ本は、
いまや大好きな作家となった綿矢りさの本

「ひらいて」

Photo

新幹線で読んだのですが、
大好きな「勝手にふるえてろ」よりはまったかもしれない。

最近、

自分は集団行動が苦手だな・・・(劇団の主宰やってるのに・・・)

と思い(笑)、

なんで自分は人よりも犬とか動物の方が
無条件に好きになれるんだろう?

と思っていた時、

人には、無意識に期待しちゃうから、
失望したり、距離を測ったりしなきゃいけないんだな
犬は初めから言葉は通じないし、種も違うので、
大好きといいつつ、予め距離を認識してるから、
期待しすぎずに、傷つく度合も狭いからなんじゃないかな?

とか思っていたこともあって、

この作品が最近の気分とあっただけかもしれないけど、
いい作品でした。

相変わらず、言葉のリズムもすてきだし、
ここまで、人間見れてるなぁ~と感心しつつ、はまっていく。

それに、今回は、ちょっとエロさも加わって・・・・・・

ちょっとネタバレになるけれど、

レズビアンの下りに入ったときは、
全然予想していなかったから、

綿矢先生!プライベートでなんかあったんですか!

と新幹線で叫びたくなるほど、テンションあがって読んでました(笑)

あと、2回くらいは読み直してみたいです!

ちょっとネタばれしただけで、
全然、本のレビューになってませんが、

おすすめ!

|

« unit-IF第7回公演「p53」 終演致しました! | トップページ | 本谷有希子「嵐のピクニック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« unit-IF第7回公演「p53」 終演致しました! | トップページ | 本谷有希子「嵐のピクニック」 »