« 本谷有希子「嵐のピクニック」 | トップページ | 「アベンジャーズ Avengers」 »

2012年8月16日 (木)

ワイフに誘われて見てみました。

「裏切りのサーカス
 Tinker Tailor Soldier Spy」

Tinker_tailor_soldier_spy

あらすじ

1970年代のイギリスの諜報部?(サーカス)の幹部の5人うちに
ソ連のスパイのいるらしい。
引退した元幹部が、誰がスパイが探り始め・・・・・・

ってなお話。

ワイフはおもしろい!と言っていたし、
後ろに座ってた人も見終わった後「おもしろい」と言っていたのに、

僕は、あんまり面白くなかった・・・・・

全ての情報を丁寧に説明せずに、
こっちでちょっと考えなきゃ理解できないようになっていて、
かといって、ちょっと考えればある程度は理解できそうな、
そういうあたりは、観客が入り込みやすく、好感が持てるし、

物語的にも、徐々に明かされる真相!?って感じなので、
面白いは面白いのですが、

なんか単調で、
数年前に見た「ゾディアック」と同じ感じがした。

まぁ、顔が覚えられない僕が、
一瞬で、顔と名前が一致しなかったり、
一部、顔の見分けがつかなかったり、
一部、禿げてる男の見分けがつかなかったりしたせいで、

少しばかり理解できない所があったのも、
そこまで面白さを感じられなかった原因かもしれませんが・・・

誰がスパイかって話なので、
一人一人をしらみつぶしを予想してたのに、
全体像の捜査で進んでったのも原因かもしれない。

自分が面白い!と思った要素を大切にしたいのですが、
自分は面白いと思ってないのに、他の人が面白いと思う作品の要素はなんだろうか?

そこを探ることも重要なのかもしれない!?
それが自分が面白いと思う範囲を広げるきっかけになるかもしれない!?

とかなんとか思った作品でした。

僕はおすすめではないですが、面白いようですよ!

|

« 本谷有希子「嵐のピクニック」 | トップページ | 「アベンジャーズ Avengers」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本谷有希子「嵐のピクニック」 | トップページ | 「アベンジャーズ Avengers」 »