« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月27日 (日)

ワイフがDVDを借りてきたので見てみました。

「くるみ割り人形」

2009年のエル・ファニングが主演の映画です。

ストーリーは原作に沿っている

というので、
「はずれはしないだろう・・・」
と思ってみたのですが、

何がしたいのか分からないミュージカル系ファンタジー

でした・・・

始めに、いきなり歌いだしてきたので、

あぁ、ミュージカル系なのかな?

と気が付く。

くるみ割り人形の曲はもともと素敵だし、
基本的には、曲も素敵なのです。
歌声も結構いい。

クリスマスツリーのシーンも見た目きれいだったので、

くるみ割り人形のルックスは魅力的じゃないし、
どうもストーリー展開もゆったりしてるけど、

見て聞いて楽しむ映画なのかな?

と思った矢先に、

いきなり近代的な?ネズミの軍隊!
威厳がまったくない、歌が好きなネズミの大将!

ほんとね、もういきなりなのよ!

見た目で楽しませてくれるのかな?と思ったのに、

隊列も動きも汚い、人間もどきのネズミ軍団!

見た目も楽しめない!

ネズミのままの方がまだいい!

そして、

まったくのダメ男のくせに、
みんなのヒーロー、
主人公もなぜか惚れる王子様!

もうね、

何がしたいのか?何を見せたいのか?
まったくわからないまま、

終わりました。

ファンタジーなのに、
相対性の話とかにかけてておもしろそうだったのになぁ・・・

う~ん。

| | コメント (0)

最近、だいぶ好きな綿矢りさの小説ですが、
新刊でているのを知りませんでした・・・

「しょうがの味は熱い」

同居してるカップルの
結婚しようかどうかの葛藤

一言で言ってしまえば、こんな内容です。

今回は、一人称(語り手)が入れ替わるタイプ。
この形式は好きだし、
内容もそんな興味ない感じじゃないのだけど、

最近の綿矢作品のように、がっと世界に取り込まれて虜になるって感じがしなくてちょっと残念でした。

彼女と彼氏、
内省描写の表現も、言葉遣い含めてすごい丁寧に書かれてるし、
相変らず、僕の大好きな言葉のリズムなのですが・・・

さすがに物語の進行がなさ過ぎたせいでしょうか?

終わり方は、意外にも明るかったので、よかったのですが(笑)

この間、「かわいそうだね」を久々に読んで、すごく楽しめたので、
(こっちは、初見の時もはまりましたが・・・)

また、落ち着いたらもう一度読んでみようかなぁ~

と思います。

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

信頼できる友人が面白いと言ってたので
DVDでみました

ヘッドハンター

あらすじ

ヘッドハンターをやっている男
でも、
絵画泥棒もやってます
ヘッドハンターしながら、
泥棒先もチョイスしています。

やっと大金稼げると思ったら、
そいつはやばいやつでした・・・

って話です。

ノルウェーの映画らしいですが、
いい感じでのサスペンスで、
面白かったです。

ちょっとずつネタばれなので、
読み進めるには注意が必要です。

主人公、168センチ。
僕と同じくらいですが、
背が低いのがコンプレックスのようです。

もう見た目からして
コンプレックスの塊な感じが面白い。

初めは、
ヘッドハンターとしても、
泥棒としても、
できる男!風だったのに、

どんどん出てくる人間の小ささ!

人間の小ささやコンプレックスの固まり具合が面白い!

そして、
時々ブッコまれるネタの精度が高い!

うんこにまみれたり、
デブがエアーバックになって助かったり、
股間から銃を撃ったり!

狙っていれてるんだろうけど、
普通のサスペンスの中に、
平然とそういうのをぶっこんでくるの、
好きです!

自分の芝居でそういうことばっかりやって、
(まぁ、一緒にするな!って感じかもしれませんが・・・)

お客さんは笑っていいのかどうか分からないよ!

って指摘されたりするので、

どうしようかな~?

と悩んではいるのですが、

やっぱり自分が見る側のときは、
こういうのを普通に面白く感じますね!

いやぁ、面白かった!

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

先週の「ルーパー」は外したので、
今週は外したくない僕が見たのは、

テッド
TED

Ted2


話せるようになった人形と一緒におっさんになったよ

ってお話です。
予告編で面白かったので、期待していきました。

面白かったです!

期待以上には笑えませんでしたが、
期待以上に、いい映画でした。

コメディ映画だと、ちょっとした感動で泣きやすくなりますが、
普通に泣いてたもんね・・・

笑いは、
まぁ、下ネタ苦手な人以外は、普通に笑えるかと。
ただ、映画とか俳優に詳しい人(とそのゴシップ)に詳しい人の方が、
より笑えるネタが多かったなぁ~

勝手なイメージだけど、そういう理由で、
日本よりはアメリカでの方がウケが良さそうです。

でも、昨日の映画館、たくさんお客さんいました!!!
土曜のレイトだったからかもしれないけど、
やっぱり、お客さんが多いとうれしいものです。

いい映画だったし、
もっと増えて、ワンピースの1位をそろそろ止めてほしいですね(笑)

話、脱線しましたが、

コメディで笑いながら、
ネイビーを思い出しながら見てました。

まぁ、僕は友達いなかったわけではないし、
ネイビーは、大麻吸ったり、デリヘル嬢呼んだりしないけど、
まぁ、床にう○こはするけど・・・

ずっとに一緒にいるし、
生きてる限りは一緒にいたいと思っているので、

ワイフと一緒に住むときに、
ネイビーを受け入れてくれてよかったなぁ~

って、映画見ながらしみじみ思いつつ。

ワイフが犬嫌いだったら、どうしてたんだろう・・・

そんなんでいい映画って感じやすかったのかもしれません。

愛情のいろんな形を素敵に表現しつつ、
くだらないネタやどぎつい下ネタを突っ込み続けてくるあたりに、
好感が持てます(笑)

ネタも全部ストレートなのが、
下ネタはどぎつくなるけど、分かりやすくてよかったのかもしれない。

もうネタバレなので、
注意喚起!

 

 

一番笑ったのは、
ナイフで手をカタカタやるシーン!

手に刺さるって分かっているのに、
刺さった瞬間に吹いてました(笑)

最後も、生き返るって分かっているのに、
生き返ってすごくうれしくて泣いちゃったし・・・

次くるのを分かるのに、笑えたり、感動できたりするのって、
すごい。

タイミングや見せ方や流れなんだろうけど、

そういうとこもきちんと練られていたいい映画でした。

 

最近、涙もろくて、ワイフに、鬱なんじゃないか?と心配されてますが(笑)、
この映画で、少し元気が出た気がします!

いやぁ、いい映画だった!

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

今年初めての映画館での映画は、

ルーパー Looper

でした。

予告編面白かったし、
ジョセフゴードンとブルースのアクションを期待してましたが、
五点中でいうと二点くらいか…

設定としても面白く、
つっこみ所が目に付きやすいタイムスリップ物としても、しっかりと設定作られていたし、

まぁ、細かいことを気にしようとしたって、
ブルースに、

「タイムスリップは複雑なんだよ!聞かないでくれ!」

と怒鳴られてしまったら、
もはや、気になっても気にしてはいけないような気もして…

あれは、監督の声だろうか?

若いジョーの行動をオールドジョーが後ろから見てるシーンとか、バックトゥザフューチャーを彷彿とさせたり、
開始三十分は面白かったのだけど…


うーん、後半、静か過ぎ…


サラを含めた葛藤などの人間描写はうまいし、それだけ見たら面白いのかもしれないんだけど、

それ、この設定の作品でやる必要ある?
比重置きすぎじゃない?

って気持ちになってしまう。
せっかくタイムスリップとして、SF映画として、いい設定の話なのに…

まぁ、好みそれぞれなんだろうけど、

僕は、そういう期待があった分、
もっとSFっぽく、もっとアクションや緩急が大きい展開がよかったなぁ~

キッド・ブルー君のダメっぽさも、いい感じだったのに、扱い雑だし…(笑)

なんか残念な映画でした。


でも、今年はブルースさん出演の映画は面白そうですね。

ダイハード5の予告編、鳥肌物!
大好きな第九のエンディングの盛り上がりをうまく使ってて、やばい!
これで、本編で、第九使ってなかったから、かなり落胆するけど、(笑)楽しみな映画です。

それと、ムーンライドキングダム!
こちらも普通に面白そう!

今年一発目の映画は外しましたが、
今年も映画を楽しみたいですね。
とりあえず、
今週末の「テッド」でリベンジできたらいいなぁ~

| | コメント (0)

2013年1月10日 (木)

いいドラマに出会えたっぽいです。

「最高の離婚」

1

さっき1話見ましたが、

面白かった!

「カーネーション」で大好きになった尾野真千子
結構好きな真木ようこ

二人も好きな女優さんが主演級で出てるし、

「カーネーション」にでてた
「おいもすいとった」もでてる。

内容も、

コメディタッチの恋愛物で、これまた好物!

今まで一番好きな恋愛ドラマである
「今夜ひとりのベッドで」を抜く面白さか!?

今後が楽しみです!!!!

| | コメント (0)

ベランダでタバコを吸っていた人に5万の罰金の判決が出たようです。

なんだかな?って思います。

最近、タバコへの圧力が強すぎると思います。

混んでるところで我が物顔で吸っている人ならしょうがないですが、
多くの人は、気を使って、ルールを守りながら吸っているわけで、
その人たちに執拗に、嫌煙をアピールするのって、

自由主義の国なのになぁ・・・

って思います。

確かに、タバコが嫌いな人が増えたんだろうけど、

これって、単純にタバコが嫌い!

ってだけでなく、
一部の人への弾圧にも見えますのが気がかり。

人それぞれ嫌いなものはたくさんあるって、
でも、表に出さないことなんていくらでもあるのに、

タバコに対してだけは、

「みんな言ってるから言いやすい」のか?
「自分がいつも感じている窮屈さのはけ口」なのか?

まったく相手に気を使わずに、嫌気を表現してる気がするのです。

お互いに思いやればいいだけのことだと思うですがね・・・

今後、

タバコではない、他のものにこの風潮が広がった時の、
多数による圧力・弾圧を考えると、

ちょっとぞっとします。

話が少し変わりますが、
というか、
これが本題なのですが、

日本のドラマから喫煙シーンが少なくなっていることについて、
ワイフと話していた時に気になったのですが、

喫煙シーンをテレビで流すのはいけないみたいなのに、
殺人シーンは問題ないんだ・・・

ってこと。

屁理屈かもしれないけど、思うと不思議です。
しかも、突発的な殺人よりも、念入りに計画した殺人の方が喜ばれるんだから。

だから、殺人シーンを規制しろ!ってことを
いいたいのではなくて、

別に、実際に吸ってる人も多いし、
人間を表現する上で、タバコを吸う吸わないだって重要な要素なんだから、
人間を表現するドラマ・映画で、
タバコのシーンを減らす必要なんてないんじゃないかな?

って思うの。

アメリカの事情はほとんど知りませんが、
ハリウッド映画で、違法のはずの麻薬を吸ってるシーンをよく見る気がします。
その一方で、
日本のドラマでは、合法なはずのタバコを吸うシーンが減ってる。

なんか不思議・・・

まぁ、不思議ってだけで、
こんなこと書いてても、
別にタバコを推進したいわけじゃないんですけどね(笑)

実際、自分は、禁煙しようとしてて、何度も挫折しつつ、
でも、今でも、何度も挑戦しているんですから(笑)

| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水)

大好きだった映画のバイオハザードシリーズですが、
3と4があんまり面白くなかったので、
5は映画館に見に行かずに、DVDで見ました。

「バイオハザードV リトリビューション
 Resident Evil: Retribution 」

1や2ほどとはいきませんでしたが、
3と4に比べるといい出来で、
面白かった!

ゲームをやってませんが、
ゲームチックな展開で、

初心に帰った?

って感じ。

ミラ様も強すぎず、
ミラ様ミラ様!感もそんな強くなくて、
いいバランスで、普通に楽しめました!

そして、大好きだったジルの登場!

と思っていたのですが、
どうしたって同じ女優に見えない・・・

同じ女優だったら、
ミラ様との対決ももっと面白かったなのになぁ~
と思ったら、

同じ女優でした・・・

E0000847_692712


これが2のジルで、

Resident_evil_retribution_hd_jill12


こっちが、5のジル。

あまり顔の見分けが得意ではない僕ですが、
別人に見えてしまいました・・・

そのせいで面白さ半減。

胸の方に目がいっちゃうしね(笑)

そんな中、素敵な女優さんがいました!
20120905052608916


エイダ役の李冰冰!

スタイルよくて、かっこよくて、素敵でした~

なのに、出番が少ない!

しぶとく生き残って、出番があったのはいいけれど、
最後の決闘のときも、
起き上がって戦いに参加すると思ったら、

ずーと寝たままだし!!!

まぁ、あんな格好で極寒の地にいたら、動けないのかもしれないけどさ・・・

ミラ様はもう十分見たから、
もっと出番がほしかったですね。

名前だけは、
「尖閣の問題で、日本に来なかった」という件で聞いていて、
「日本のゲームの映画に出て、何やってるんだ!!」と思っていましたが、

こんな素敵な戦いを見せてくれるなら、満足です(笑)

次回はもっと出番を増やしてほしいですね。
今回面白かったから、次はまた映画館で見たいですね!

| | コメント (0)

2013年の初めに見たDVDは、

「テルマエ・ロマエ」

前半はとにかく笑えて、後半はグタグタ・・・
と聞いていましたが、

前半も「とにかく笑える」ってほどは笑えなかった(笑)

ネタ自体は面白いし、
言葉通じない状態での勘違いネタは素晴らしかったけど、
そんなに笑えなかった・・・

転換もすごい簡単な作りになっていて、
そこらへんも、物足りなかった。

でも、
ネタや展開の分かりやすさって点で
大衆受けする作品だということでしょうか?

個人的には、これなら、
上戸彩の出番をもっと増やして、
上戸彩見られたからいいか!
って気分にさせてもらいたかったなぁ~

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

2013年

けましておめでとうございます!

さっきセブンに行ったら、
早くも恵方巻のチラシが貼ってあってびっくりしました。

丸井の初売りが2日からということをさっき知り、
早くも計画倒れの私です。

今年も、
小山一羊を、そして、unit-IFを、
よろしくお願いいたします。

今年の抱負は、

マメさを取り戻す!

芝居と仕事の二足わらじをこなしてきた原動力、
唯一の僕の取り柄と言っていい
マメさ
が最近弱くなってきた気がします。

そのせいか、大切にしていた「有言実行力」も陰りが見えてきた気がします・・・

ただ、それは、気持ちというか体力の衰えが原因じゃないかと思うのです。

もともと体調良くない僕ですが、
歳もとってきたし、
今まで以上に日々の健康に気を付けて、
小さなマメさを心がけようと思います。

マメでいる
ってことは、
小さなことをいかにマメに積み重ねるか!
にかかってるからね。

マメさを取り戻しつつ、
芝居も仕事も新たなステップに踏み出せるように、
頑張っていきたいと思います。

新年に入ったので、
8月の公演の台本も本格的に書き始めようと思います!

今年もよろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »