« 「テッド TED」 | トップページ | 綿矢りさ「しょうがの味は熱い」 »

2013年1月23日 (水)

信頼できる友人が面白いと言ってたので
DVDでみました

ヘッドハンター

あらすじ

ヘッドハンターをやっている男
でも、
絵画泥棒もやってます
ヘッドハンターしながら、
泥棒先もチョイスしています。

やっと大金稼げると思ったら、
そいつはやばいやつでした・・・

って話です。

ノルウェーの映画らしいですが、
いい感じでのサスペンスで、
面白かったです。

ちょっとずつネタばれなので、
読み進めるには注意が必要です。

主人公、168センチ。
僕と同じくらいですが、
背が低いのがコンプレックスのようです。

もう見た目からして
コンプレックスの塊な感じが面白い。

初めは、
ヘッドハンターとしても、
泥棒としても、
できる男!風だったのに、

どんどん出てくる人間の小ささ!

人間の小ささやコンプレックスの固まり具合が面白い!

そして、
時々ブッコまれるネタの精度が高い!

うんこにまみれたり、
デブがエアーバックになって助かったり、
股間から銃を撃ったり!

狙っていれてるんだろうけど、
普通のサスペンスの中に、
平然とそういうのをぶっこんでくるの、
好きです!

自分の芝居でそういうことばっかりやって、
(まぁ、一緒にするな!って感じかもしれませんが・・・)

お客さんは笑っていいのかどうか分からないよ!

って指摘されたりするので、

どうしようかな~?

と悩んではいるのですが、

やっぱり自分が見る側のときは、
こういうのを普通に面白く感じますね!

いやぁ、面白かった!

|

« 「テッド TED」 | トップページ | 綿矢りさ「しょうがの味は熱い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「テッド TED」 | トップページ | 綿矢りさ「しょうがの味は熱い」 »