« 2013年の始まり | トップページ | 「バイオハザードV リトリビューション」 »

2013年1月 2日 (水)

2013年の初めに見たDVDは、

「テルマエ・ロマエ」

前半はとにかく笑えて、後半はグタグタ・・・
と聞いていましたが、

前半も「とにかく笑える」ってほどは笑えなかった(笑)

ネタ自体は面白いし、
言葉通じない状態での勘違いネタは素晴らしかったけど、
そんなに笑えなかった・・・

転換もすごい簡単な作りになっていて、
そこらへんも、物足りなかった。

でも、
ネタや展開の分かりやすさって点で
大衆受けする作品だということでしょうか?

個人的には、これなら、
上戸彩の出番をもっと増やして、
上戸彩見られたからいいか!
って気分にさせてもらいたかったなぁ~

|

« 2013年の始まり | トップページ | 「バイオハザードV リトリビューション」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年の始まり | トップページ | 「バイオハザードV リトリビューション」 »