« 藤野可織「爪と目」 | トップページ | 「そして、父になる」 »

2013年9月24日 (火)

映画を見ようと思って、上映ラインナップを見たら、
これしか見るものがなかったので、これを見ました。

「エリジウム Elysium」

1


予告編を見たとき、

ネタは面白そうだけど、
ネタだけで終わりそうで、8割がたつまらない。
けど、
2割の確率で傑作かもしれない

って勝手な予測をしてました。

見てみたら、普通には、おもしろかったです。

冒頭も変な説明セリフがなく、すんなり入れたし、
中盤ちょっとだれたけど、

機械系の面白さや
映像のきれいやさ、
アクションで、

結構ハラハラしながら見れました。

体調悪かったんですけど、
体調の悪さを忘れられるほどは面白かったです。

ただ・・・・

ここからネタバレですけど

 

 

最後の医療ポッドのあたり、
一瞬で白血病を直してしまうあたりから、

こんな医療ポッド、アリなの?

って、SF映画とはいえ、雑な設定が、見終わった後からどんどん気になっていきました。

金持ちといって、エリジウムに行った人たちはどうやって、
そのお金を維持しているのか?

とか

人口増やさないためとはいえ、
地上の医療と医療ポッドの技術が離れすぎてる

とか

簡単に侵入を許すエリジウム

とか

たまたまスパイダーと知り合いの主人公

とかね…

SF映画って分かってても、
もう少し納得させてほしい。

それと

登場人物を絞ったから、見やすかったのかもしれないけど、
ちょっと登場人物絞りすぎなんじゃないかなぁ~

もっとほかにもドラマがあってもいいと思うし、
もっとエリジウムの人々にも焦点を当ててもいいんじゃないかな?

って思った。

最近の映画って、この絞りすぎ感をよく感じます。
SF映画なら、なおさら!

|

« 藤野可織「爪と目」 | トップページ | 「そして、父になる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤野可織「爪と目」 | トップページ | 「そして、父になる」 »