« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

是枝作品だし、尾野真千子出てるし、見ました!

「そして、父になる」

是枝作品だしって書いたけど、
映画は「誰も知らない」以来かもしれない。

面白い!

って感じではなかったですが、

いい映画でした。

夫婦で見たんですが、いろいろ考えされるというか、子育てに関して話す機会になるというか。


福山さんが、自分に似てたんです。

あ、顔じゃなくて(笑)

一流企業でもないし、
負けだらけの人生ですが、

なんか、子供に期待かけちゃうんだろうなぁ〜

ってところとか。

いや、ほんと、自分は自分本位にいきてるし、子供にも、好きなことして、生きてほしいと思ってるけど、

無意識に、こんなのもできないのか、って、勝手に期待して、勝手に落胆してそう。
そして、それを子供に気づかれてそう。

特に、男の子なら(笑)

あと、義母様への態度(笑)
マジでそっくりで、思わず、ワイフと目が合いました(笑)

とはいえ、全くもって、血縁とかはどうでもいいと思ってるし、いろいろ違うんだけど、いろいろ考えさせられた。

福山さんが、海外で絶賛されたらしいんだけど、
その理由がちょっと分からなかった(笑)
外人さんがみるときは、字幕だからかなぁ(笑)

福山さんの継母への思いとか、もう少し描いて欲しかった。

福山さんの役がどことなく似てるのに、
すっと入ってこなかったのが残念。


逆に、
尾野真千子が素敵すぎて、
役に合ってたし、よかった(笑)

「最高の離婚」の記事にも書いたけど、尾野真千子の演技を見てると、どこそこなく、ワイフを感じることが多くて、さらに、惹きつけられるのかも。

川原のシーンとか。
きっと、分かることはない母親の気持ち、女性の気持ちに少しでも触れられた気がして。


最後、結局はあっさりと福山さんの希望通りになって、ちょっと受け入れがたかったけど。

このお話は基本的には答えがない話だから、
そこはあまり気にしなくてもいいのかも。
どの答えでも、すっきりはしないんだろうし。

スピルバーグがリメイクとか聞いたけど、
こういう作品は、是枝さんのタッチだからこその作品なんじゃないかな?って思う。

まだ子供がいない夫婦が見るのに、いい映画って、ワイフと見てて思いました。

オススメです!

| | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

映画を見ようと思って、上映ラインナップを見たら、
これしか見るものがなかったので、これを見ました。

「エリジウム Elysium」

1


予告編を見たとき、

ネタは面白そうだけど、
ネタだけで終わりそうで、8割がたつまらない。
けど、
2割の確率で傑作かもしれない

って勝手な予測をしてました。

見てみたら、普通には、おもしろかったです。

冒頭も変な説明セリフがなく、すんなり入れたし、
中盤ちょっとだれたけど、

機械系の面白さや
映像のきれいやさ、
アクションで、

結構ハラハラしながら見れました。

体調悪かったんですけど、
体調の悪さを忘れられるほどは面白かったです。

ただ・・・・

ここからネタバレですけど

 

 

最後の医療ポッドのあたり、
一瞬で白血病を直してしまうあたりから、

こんな医療ポッド、アリなの?

って、SF映画とはいえ、雑な設定が、見終わった後からどんどん気になっていきました。

金持ちといって、エリジウムに行った人たちはどうやって、
そのお金を維持しているのか?

とか

人口増やさないためとはいえ、
地上の医療と医療ポッドの技術が離れすぎてる

とか

簡単に侵入を許すエリジウム

とか

たまたまスパイダーと知り合いの主人公

とかね…

SF映画って分かってても、
もう少し納得させてほしい。

それと

登場人物を絞ったから、見やすかったのかもしれないけど、
ちょっと登場人物絞りすぎなんじゃないかなぁ~

もっとほかにもドラマがあってもいいと思うし、
もっとエリジウムの人々にも焦点を当ててもいいんじゃないかな?

って思った。

最近の映画って、この絞りすぎ感をよく感じます。
SF映画なら、なおさら!

| | コメント (0)

2013年9月18日 (水)

芥川賞作品は結構読む方だけど、
今回のはあまり買う気なかった。

ワイフが欲しいと言って、
女性作家の芥川賞なら楽しめるかな?
とワイフに買ってあげたのだけど、

まだ、読む気配がないので、先に読んだ。

藤野可織「爪と目」

子供が、語り手で、
父の愛人から継母になった「あなた」を中心描いた話です。

淡々と静かに進む文体の中に、
なんか心地よいリズムがあり、
物語が大きく展開してるわけでもないのに、
退屈せずに、さくさくと読み進んでいる。

途中から、僕の脳内では綾波レイの声での語り手の再生が行われていました(笑)

いや、綾波レイの声が一番しっくりくる文体です。

ただ、惹かれたのは文体で、
中身の心情にはそこまで腑に落ちた感がなかったけど。

これが、今年の芥川賞か。

こういうのが主流になったら、それはそれで怖いなぁ(笑)

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

ワイフのおすすめで、huluにあったらみました!

「ゴーストライター」

あらすじ

イギリス元総理の自伝のゴーストライターが
船で溺死。その後任に選ばれたオビワンケノービ。
自伝の修正に着手するが、
元総理が戦犯として訴えられて…

という話です。

淡々と静かな感じで進む割には、
段々と映画にひきまこれていく。

冒頭、何かの不思議に食いつく展開というか、
特に不思議に思ってないのに、
勝手に不思議が生まれてきて、
そこに引き込まれていき、
そして、その結末が勝手に提示されて衝撃を受ける

自然と引き込まれる映画はこういう作りなんだろうけど、
なんか、不思議な感じがした。

でも、映画に引き込まれて、面白い!
結末も申し分ない感じだけど、

ちょっと頭が疲れるかなぁ。
いい疲れだけどね。

気軽に見れるわけではないけど、
オススメです。


| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

綿矢りさの新しい本をようやく読めました。

大地のゲーム

Da


あらすじ

今から数十年後に大地震が起き、
東京は壊滅。
壊滅した中で、避難した大学に残る生徒。
一年後、また、同規模の地震が起こるといわれる中、
生徒たちは大学での生活を生き続ける

って話です。

物語の設定的に、今までの綿矢作品とは違う感じですが、
読み進めていくにつれて、

普段忘れているけれど、確実に心の奥に漂っている

人間の孤独や自分への期待と空虚さ、
他人への依存と共存

とか、
今までの綿矢作品で描かれていたような心の内面が徐々に描かれくる。
恋愛もあるけど、恋愛だけでない生きることに今まで以上に向き合った感じ。

大地震の後ってだけでなく、
一年後、高確率で同規模の大地震が起きる

っていう設定が、

そこのあたりの心の不安や期待をより鮮明に表現させている感じがして、

さすがだなぁって思ったりもする。

今の日常でもありうる、でも、心の奥にしまわれがちな心の闇を
その設定で、浮き上がらせているのだけど、
描いているのは、やはり、今の自分たち

今までのようにサクサク読める感じではないけれど、
後半は、この世界にどっぷり浸かれて、記憶に残るような作品。

綿矢りさが新たな一歩に踏み込んだのかなって感じがした作品でした。

ちょっと重いけれど、おすすめです。

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

またもや、チャニング・テイタム!

面白い!と噂のこの作品をようやく見ました!

「21ジャンプストリート 21 Jump Street」

1

あらすじ

高校でイケた男とサえない男。
警察学校で出会い意気投合!
一緒に、警官になるも、つかえない二人は、
21ジャンプストリート署に異動になり、
高校に麻薬の潜入捜査することに。

しかし、高校生の常識は自分たちの時とは違っていて…

というコメディです。

ちなみに、下が高校生の時の二人…

2


二人ともオタクかと思いきや、左のチャニングテイタムはイケてる設定らしいです。

気楽に見れる映画ですが…

振りは結構好きなんですけどね・・・

オチの爆発力にかけていて・・・

元締めももっと違う人でもよかったんじゃ?

って消化不良です。

終盤に出てきた特別ゲストに全て持ってかれた!

感が強いですね。

まぁ、これらを経て、チャニング・テイタムが上にのし上がったんだから、

良しとしましょう(笑)

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

こちらも飛行機で見ました。

あんまり邦画はみませんが、
「霧島、部活やめたってよ」とか最近いい邦画がありますね。

俺はまだ本気出してないだけ

傑作です!「霧島…」と並ぶくらいいい映画です。
両方に橋本愛ちゃんでてますね。

「告白」といい、「あまちゃん」といい、橋本愛ちゃんは作品に恵まれてますね。

リーマンをやってた堤真一がいきなりやめて、
漫画家を目指す!

っていう、ダメおやじの話です。

堤さん、ほんとにダメ人間なんだけど、
どこか憎めない。
そして、ダメなんだけど、
まっすぐに進んでるの。

 

みんな、心のどこかで思っている

このままでいいのか?
自分の道はこの道なのか?
を求めて、

もがくさま。
うまくいかずに、もがくさま。
本気を出してみても、空回り。

「本気を出していないだけ」ってことに期待することしか前に進めない様

 

それが、辛気臭くならず、コミカルに、
でも、まっすぐに描かれています。

 

自分は、

ここまでダメ人間ではないし、
本気だしてるし、
まぁ、本気だしてるけど、うまくいっているわけではない

って思ってんだけど、

そのもがく様に妙に共感してしまったり、
応援してしまったりするんですよね。

周りから見たら、自分はこんな風に映ってるのかなぁ~

と思ったりね。

なんか「ヨシヒコ」のキャストに近くて、
使い方も似てるなぁ~

と思ったら、同じ監督さんなんですね。

飛行機なのに、何度も吹くほど笑いました。

笑えるし、ほんとにいい映画です。

本気のおすすめです!

| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

「スターウォーズ」は大好きだけど、
「スタートレック」はほとんど見たことありません。

そういう映画こそ、飛行機で見るべきだと、見始めた!

面白い!傑作だ!

「スタートレック イントゥダークネス」

普通にいいSF映画です。

物語もきちんと一話で完結してるし、
状況も複雑じゃないから、今まで見たことなくてもすぐに理解できるし。

特に、

こいつ味方なのかな?敵なのかな?

が楽しめますね。

味方だと思って、敵だったり、
敵だと思って、味方だったり、
でも、やっぱり、味方だったり敵だったりと。

そこそこ重要そうなキャラでそういう楽しみがいくつもあるのがいいですね。

主人公のみならず、準主役の成長も一緒に描いていて、
きれいなお話にもまとまってるし、

SF映画としての映像力や迫力も申し分なし。

非常にいい映画です。

ただ、主人公が若すぎで、そこに説得力が欠けたのが残念。
特に優秀そうでもなく、

いや、君、そもそもなんでキャプテンになれたの?

って感が否めないのが、唯一の難点でしょうか。

飛行機でなくて、IMAX3Dで見たかったです。

とはいえ、もう一回見たい!ってほどでもないんですがね(笑)

| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

さて、芝居も終わったので、
映画見まくり、本を読みまくりたい気分のロンリー小山です。

「ステップ・アップ」で大好きになったチャニング・テイタム!
日本での知名度はなぜか高くないけれど、
アメリカでは知らぬ間にビックネームになっちゃってますね。

下積み時代にストリッパーをやってたチャニング・テイタムが、
自伝的を匂わす、ストリッパー役をやってます!

見るしかない!

マジック・マイク Magic Mike

Mike


いやぁ、いい体ですね。

半分は、肉体美を愛でる映画なのでいいのですが、

冒頭に、いきなりチャニング・テイタムのけつが出てきたのには笑いました。

まぁ、映画館で笑ってたのは僕だけでしたが・・・

 

彼の肉体!彼のダンス!

は最高でしたが、

物語はいまいちで、正直、期待しすぎた・・・

もっとダンス的な、ストリップ的なシーンで埋めた方がよかった。

ドラマに重点置くなら、もっといろんな人に焦点を当ててほしかったなぁ。

 

ってか、チャニング・テイタムのダンス、やっぱりいいですね。
ステップ・アップ5に出ないんですかね???(笑)

 

女の子同士でキャーキャー見るのが、一番楽しい映画なんじゃないかと(笑)

 

まぁ、でもあの女子寮のシーン…

なんで彼氏たちは集まって。別の部屋で待機なんでしょうね・・・

見えないとこで呼んであげればいいのに・・・

 

でも、ストリップダンスって楽しそうですね。

あ、見る方でなくて、やる方ね(笑)

今からでも鍛えよっかなぁ~

って、後半つまらなかったので、そんなことばかり考えてました。

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

前回の公演の衣装を探しているときに、
とある海外の通販サイトに行きつきました。

結果、本番に中に着たヤンキー柄のノースリーブを購入したんです。

ただ、他のも安かったので、3着ポロシャツを買ってしまったんですよ。

結果、衣装になったもの以外は惨敗です。

この間、お出かけに着ていこうとしたら、ワイフに

「ほんとにそれを着ていくの?」

と言われたので、もう、その3着は家着になったわけです。

 

さっき、その一着を家で着ていたら、ワイフに、

「モンゴルの難民みたいだね・・・」

って言われ、笑っていました。

もはや、家着にもなれないようです。

「っていうか、これ、物語がありすぎる」

「いや、逆に、わびしすぎていいよ。似合ってる。次の衣装にしたら?」

なんだよ、物語がありすぎるって・・・

ポロシャツ1つで物語られたら、僕の存在意義なしじゃん・・・

ってね。

Img_0296


さぁ、物語を感じますか?

 

安くても惑わされずに、

ちゃんとした店で買わないとね、服は(笑)

| | コメント (0)

先週末になりますが、公演が終わった後、一週間シドニー出張に行きました!

公演終わって、打ち上げして、終電で帰って、寝て、
朝起きて、キャリーバックから公演の荷物を出して、出張の荷物を詰め、
昼間に会社に行き、仕事をして、途中で抜けて成田に行き・・・

公演の疲れもあり、ドリエルも飲んだしで、飛行機で寝られたけど。

火曜日の朝に、シドニーについて、ちょっと休んで、
午後からシドニーの会社に。

金曜日の夜までちゃんと働いてって・・・

怒涛の、何の楽しみもない。

シドニーの会社は郊外で、
ほんとに何にもなくて、のどかなところですが、
コンビニも信号もなくて、ちょっと困った(笑)

ランチとディナーはシドニーの会社の人と一緒でしたが、
話したいのに、自分の英語力が邪魔して、思うように話せず、
仕事中よりももどかしさを感じながらの4日間。

土曜日は、市街地に移って、一日観光でした!

Img_0217


形は知ってるけど、名前の知らなかった、これ。

Img_0201


オペラハウスっていうんですね。

近づくと・・・・

Img_0212


人がうじゃうじゃ・・・
声もでかいからうるさいし・・・

せっかくのロマンチックスポットなのになぁ~

シドニーの街を歩いていると、

「完成した横浜」

って感じがしました。

横浜も、特に、みなとみらい地区の開発がもっと進んでいれば、
こんな風になっていってたのかなぁ~

って。

ただ、郊外を含めて、犬の散歩をしてる人が皆無で、
すごくさみしかったです・・・

あ、日本の敵「シーシェパード」がいましたよ!

Img_0232


出航するのかと思いきや、ただの広報活動でした(笑)
Tシャツ売ってたけど、
さすがに、怒られそうで着れないので、
買うのやめました(笑)

海外に行ったら、動物園に行きたい僕は、
上司にわがままを言い、タロンガ動物園に行ってきました!

結構、期待して行ったのですが・・・

この動物園の動物たち、

ガチでやる気がない・・・

Img_0248


Img_0261


Img_0268


朝だからかな?????

込んでるように感じたけど、ガールスカウトの子ばっかりで、
むしろ、その子達いなかったら、ガラガラ?

フェリー込みで5000円で、このクオリティだと、
正直、高い気がしました。

500ミリのお水が450円のほうが高いけどね。

その後、マンリービーチ?に行ってきました!

Img_0283


めっちゃきれいでした。

しかし、上司も僕もワイシャツ…

ワイシャツの日本人のおっさんが二人で歩いてて、
不動産会社の人な感じみたいだった・・・

ビーチバレーとかやっててね。

こういうところくると、もっと稼いで、
こういうとこでのんびりしたいなぁ~

って思います。

あ、ここにはワンちゃんがたくさんいました!

あ、あと、ストリートミュージシャンの質が高い!
みんなうまいし、ずっと歌ってる(笑)

川崎も多いんだけど、レベルが違いすぎでびっくりした・・・

負けるな!川崎!

Img_0290


少年まで歌っていました。

めっちゃめちゃうまくて!

将来、大物になるんじゃないかと、写真を載せておきます!

 

日曜日に日本に帰ってきました。
帰りの飛行機は、眠れずに、3本映画見て、その他10分だけ見たのが2本あって。

目が疲れて、日本に帰国です(笑)

一週間経って、ようやく土日。

考えたら、何にもない土日は、ほんとに久々なのである!

ただ、なんか不足を感じます。

公演の後、長い旅行の後、いつも出迎えてくれたネイビーの不在を、
なんかこの一週間、すごくさみしく感じます。

意識というより、心が何かの不足を感じて、さみしくなるのです。

こういう気持ちをいつまで感じるのだろうと思いつつ、
感じなくなるのも嫌だな~

と思うのです。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »