« 「ゴーストライター」 | トップページ | 「エリジウム Elysium」 »

2013年9月18日 (水)

藤野可織「爪と目」

芥川賞作品は結構読む方だけど、
今回のはあまり買う気なかった。

ワイフが欲しいと言って、
女性作家の芥川賞なら楽しめるかな?
とワイフに買ってあげたのだけど、

まだ、読む気配がないので、先に読んだ。

藤野可織「爪と目」

子供が、語り手で、
父の愛人から継母になった「あなた」を中心描いた話です。

淡々と静かに進む文体の中に、
なんか心地よいリズムがあり、
物語が大きく展開してるわけでもないのに、
退屈せずに、さくさくと読み進んでいる。

途中から、僕の脳内では綾波レイの声での語り手の再生が行われていました(笑)

いや、綾波レイの声が一番しっくりくる文体です。

ただ、惹かれたのは文体で、
中身の心情にはそこまで腑に落ちた感がなかったけど。

これが、今年の芥川賞か。

こういうのが主流になったら、それはそれで怖いなぁ(笑)

|

« 「ゴーストライター」 | トップページ | 「エリジウム Elysium」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ゴーストライター」 | トップページ | 「エリジウム Elysium」 »