« 32才になりました | トップページ | 久々に一人芝居やります! »

2013年10月28日 (月)

フランソワ・オゾンの映画は好きなんですが、
いつも見逃していたり、
DVDもチェックしなかったりで、
あんまり見れていません・・・

今回は、ワイフが見つけてくれて、見に行きました。

「危険なプロット Dans la maison」

あらすじ

国語の教師が、作文の宿題である生徒の才能に目を付ける。
その作文は、友人の家の様子を基にした日記のような作文。

生徒の危険な行動は実際なのか、もしくは、フィクションなのか?
この悪趣味な作品は芸術なのか?

教師はその物語にどんどん惹かれつつ、
家族のスキをつく生徒の洞察力が光る

ってお話です。

実際に生きる世界とフィクションとの違いとか
それを想像する面白さと怖さと
どこの家庭にもあるだろうつながりの弱い部分とか

作者の狙いは実際よくわからなかったのですが、

物語の基本である「次がどうなるか、読者に興味をもたせる」

って点でどんどん引き込まれていきました。

そして、緊迫をあおる、けれど、静かな曲調のBGMの素敵でした。

主人公の生徒の男の子も好みだったし(笑)

 

「見たな」って感じるいい映画でした!

|

« 32才になりました | トップページ | 久々に一人芝居やります! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 32才になりました | トップページ | 久々に一人芝居やります! »