« フラダンスを踊る | トップページ | 32才になりました »

2013年10月22日 (火)

向山貴彦「ほたるの群れ」

大好きな「童話物語」という本があります。
すごいいい本なのに知名度が高くはなくて残念なんですが、
その作者の向山貴彦さんが新しい小説を出しているのを
いまさら気が付いて、4巻一気読みしました!

向山貴彦「ほたるの群れ」
幻冬舎文庫

殺し屋組織の孤児院の若者と
その殺しの場面に遭遇してしまった中学生たちの
壮絶なサバイバル物語です。

あんな素敵な童話物語を書いた作者が
なぜこんな話を?

と始め思ったのですが、

「童話物語」で感じた

人間の汚い、ひねくれた部分の中に
コンプレックスにもがきながら生き抜こうとする
その切なさや悲しさ、そして、美しさ 

の描写は健在で、

さすが!とうなりながら、何度も泣きそうになりました。

色々抱えながら、それでも生きなけばならない不条理
生きたいと思う世界の美しさ
もがき進める各々の人物たちの前への一歩

読んでで、
周りの人たちの弱さやそれを乗り越えて進む様を想い、
自分のさらなる前への一歩を信じたくなりました。

残酷な描写が多いですが、

本当にいい本です!

4巻で一応、話はまとまってますが、まだ続きがあるみたいなので、
今後に期待したいです。

|

« フラダンスを踊る | トップページ | 32才になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラダンスを踊る | トップページ | 32才になりました »