« 変貌する偏頭痛 | トップページ | ネイビーのいない一年 »

2014年2月10日 (月)

話題の「明日、ママがいない」を第3話から見ています。

どんなやばい描写なのかと思いきや、
別に大したこともなく…

第1話が衝撃的だったのかなぁ~

色々と批判があるようですが、
それで作品が委縮してしまうのはなんかなぁ~

と思います。

「それを見て傷つく人がいる」ことは悲しいことだし、配慮はすべきだと思うけど、
不都合な真実を描く、時には、誇張して描くことは、
何かを、特に社会問題を描いていく上では必要ではないかなぁとも思う。

真実をすべて描くことはできないんだし、
ある限られた視点でしか、何かは描けないんだから…

批判することはありだと思うけど、なんか今回のは行き過ぎな気もする。

そのこと自体の批判はまぁいいとして、「作品が古くさい」って、
ドラマの質に関して素人なのに、公の場でそこまで批判していいのかなぁ
って。論点違うでしょ…

逆に、こういう施設が美しく描かれたら、
「幸せになれるんだ」と簡単に子供捨てる人が増えそうでいやだな
って思ったりもしちゃいます。

でも、ドラマとかで描かれなければ、知らない世界、考えない世界だし…

配慮は必要だけど、どんな作品でも「見て傷つく人がいる」のは仕方ないのではと思う。

その中で、

結局、「面白い作品」は許容されてくんだろうなぁ~

傷つけて、しかも、つまらなかったら、「ちょっと…」って思うし。

まぁ、「面白い」「つまらない」も主観だけどね。

そういう意味では、このドラマは僕としては面白い。
子役もいい感じだし、まなちゃんも今まで違った役柄で…

まなちゃん、うまいなぁと思いつつ、
でも、なんか、違和感ある。

やけに、活舌悪かったり、セリフいう時の眉毛の動きが気になったり(笑)

「かわいい子演技」の癖が抜け切れてないだけかなぁ~

と思ってたんですが、第4話見てて、

無理して低い声で演技してるからなんだろう

と勝手な結論に至りました(笑)。
ちょっとすっきり(笑)

でも、まだあんな小さいのに、
こういう挑戦(異なる役柄)をして頑張ってるってすごいですね。

そして、

とにかく、三上博史がかっこいい!

もともと好きな方ではあったけど、

やばいね。惚れるね。

要先生、ごめんなさい(笑)

いやぁ、こういう役者になってみたいですね(笑)

今季は、ほかのドラマを見てないので、
これだけは見続けたいと思います。

|

« 変貌する偏頭痛 | トップページ | ネイビーのいない一年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変貌する偏頭痛 | トップページ | ネイビーのいない一年 »