« unit-IF第9回公演「イタイ」終演致しました! | トップページ | 代ゼミ縮小 »

2014年8月25日 (月)

公演が終わり、今日はもともと休みをとっていたので、
朝から病院へ…

腎臓の方は、
先週の先生に「熱が下がらなきゃ、入院覚悟で、また来てください」
と言われていたので、入院覚悟で行ったのですが、

炎症自体はよくなっているらしく、
また、解熱剤と抗生物質で経過観察に…

入院しないならしないでよかったんだけど、
熱は熱で辛いので、明日からまた仕事になるか心配・・・

そして、

実は、もう一つ病状を抱えていた私・・・

痔の王様・痔ろう

12年前にやって、切開して治ったけど、
手術はしなかったので、いつも再発の危機におびえていた痔ろう。

12年再発がなかったので、ちょっと気を抜いていたんですが、
先週の水曜日に再発。

まぁ、再発してすぐだし、本番は大丈夫だろう!

と思っていたのですが、そっからの進行がめっちゃ早くて、
本番期間、熱よりも、ケツの方が「イタ」かった私です。

日曜日のステージの前に膿の塊が破裂してくれたので、
イタさ自体は楽になって、楽日のステージを迎えることができましたが(笑)

みんなに、膿が足から流れてでたらごめんねと事前にいいつつ(笑)

 

というわけで、

今日は、肛門外科⇒泌尿器科ってなんだか恥ずかしい流れの診察でした。

痔ろうの診察は、12年前と同様、地獄のような診察。

無麻酔でゾンデをつっこまれて、洗浄液をつっこまれ・・・

ほんとに、カッターをケツにさされて、ぐりぐりやられてる感じで、
いい歳したおっさんが、ケツを出して、うめき声をあげてましたよ…

とりあえず、今の発症は落ち着きましたが、
腎臓の方が落ち着いたら、再発防止のために、
手術でもしようかなぁと思います。

もう、あんな状態で本番を迎えたくないし・・・

ベストなパフォーマンスをお見せできずに申し訳なく思っておりますが、
身をもって「イタさ」を実感しながらの「イタイ」舞台でした!

 

本番期間にこんな畳かけられるなんて思ってなかった。
腎臓と痔ろうの再発になんか関係あるのかと思っていたけど、
全然関係ないみたいで、ただの不運。

みんなに「パブロンの飲みすぎじゃ」と揶揄されましたが、
当然ですが、それもともに関係なく・・・

歳をあまくみずに、日頃のケアにもっと力をいれていきたいと思います。

|

« unit-IF第9回公演「イタイ」終演致しました! | トップページ | 代ゼミ縮小 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« unit-IF第9回公演「イタイ」終演致しました! | トップページ | 代ゼミ縮小 »