« 下村敦史「闇に香る嘘」 | トップページ | 「猿の惑星:新世紀(ジェネシス) Dawn of the planet of the Apes」 »

2014年9月27日 (土)

「カーネーション」からはまり始めた朝ドラですが、
次に「あまちゃん」に熱くはまり、

今回は、静かにはまっていった感じです。

「花子とアン」

吉高さんの演技が元々印象なかったんですが、
それにも引き込まれるようになったのは、
この役の魅力なんだろうなぁ~

後半はもっとアンを出版した後の話とかが出てくるんだろうなぁと思っていたら、
結局は、アンと花子のたどった道、取り巻く環境が似ている中で、
すばらしいアンという作品が生まれた

って流れだったんですね。

「赤毛のアン」は実写のやつを何度も見た記憶があるんですが、
詳細はあまり覚えてないんです。

黒板でたたいたり、屋根登ったりは、記憶にありますが。

この間電車で、「赤毛のアン」を読んでる女性がいましたが、
確かに、「赤毛のアン」を読み直したいなぁって気になりました。

最後はスピーチで終わる感じでしたが、
醍醐さんを腹心の友というところとか含め
普通のスピーチのシーンなのに、泣きそうになってしまいました。

回想の絵がなかったのに、こっちで勝手に回想する感じ(笑)

そんな大事な最終週になぜ茂木さんを出したのか、
ほんとに疑問です。

撮り終わった後、やはり、役者変えよう!くらいの英断があってもよかったんじゃないかなぁ~

味があるっていうか、確かに味はあるけど…

いろんなお笑いの人たちが作品にフィットして演技していただけに、
なんか浮きすぎていて・・・

面白くはあるけど、最終週は作品の雰囲気を維持してほしかったなぁと思います。

でも、ここまでいろんな人に言われるのは、本業じゃないにしても、嫌だろうし、
でも、ここまで言われるのは、この作品が多くの人に好かれている証拠でもあるんだろうなぁという気にもなりました。

今日見てて、紅白の司会の件を思い出しましたが、
醍醐さんでいいんじゃないかなって!

レンコ様は重役だったけど、自分勝手でイライラしたのが正直なところだし、
あの作品に花を添え続けた醍醐さんの方が適任かなって(笑)

いい朝ドラでした!

「マッサン」にはあまり気にしていませんが、
大事なお昼休みの共として、楽しみにしてます。

土曜日なのに、この時間に起きたから眠いです!

ゴー トゥー ベェーット!

|

« 下村敦史「闇に香る嘘」 | トップページ | 「猿の惑星:新世紀(ジェネシス) Dawn of the planet of the Apes」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下村敦史「闇に香る嘘」 | トップページ | 「猿の惑星:新世紀(ジェネシス) Dawn of the planet of the Apes」 »