« 初めての確定申告 | トップページ | 「孫文の義士団」 »

2015年2月21日 (土)

なぜ、私はこの映画を映画館で見なかったのだろう

と後悔しました。

「レ・ミゼラブル」2012

すごいいい映画でした。
恥ずかしながら、この話を見るの自体初めてなので、
話がいいのか、映画がいいのか、わかりませんが、
とても気に入りました。

まず、一人一人の空間力が半端ない!
出てきてすぐに、画面いっぱいを支配し、
見ているこっちの空気まで支配する。

アンハサウェイが持ち上げられていたような気がしますが、
それ以上な役者がごろごろ!

やっぱり、映画も舞台も、役者の空間力が、
(もちろん、周りの雰囲気や物語の流れがあってこそですが)
ものをいうなぁ~

と改めて実感させられました。

そんな一人一人が素晴らしい中で、
ダントツにすごかったのが、エポニーヌ!

001


重要と言えば重要ですが、
端役なのに、その存在が頭から離れなくなりました。

ワイフに話したら、ワイフの意見と一致しまして、
ミージュカル版にも出てた役者さんなんですね。
と少し納得。

ただ、この演目のすごさもあるんだろうなぁ~

個々の人物の心の痛みが、短い登場なのに、
的確に表現され、それが、歌に、物語に消化されている。

実際は、この作品の舞台と同じような
革命がおこる前のようなひどい生活におかれていないのだけど、
要素的には満たされているはずなのに、生きている中でどことなく感じる
空虚さのようなものを打破したい、というような気持ちに妙にヒットして、
すごく感情移入してしまう。

痛みに対してのそれぞれの進み方が、また、それぞれであるところとか、
さらに、空間の深みを増してくれている気がします。

まぁ、歌がいいのもあるんでしょうけど。

one more day?の歌、やばい。
掛け合いのような感じで進む歌(なんていうのかわかりませんが)が、
元々大好きなのに、あの展開で、あのメロディで歌われたら、
もうどうしようもありません(笑)

あとは、見てすぐに覚えられる顔の人が多かったのが、
顔を覚えなれない僕として、すごく助かりました(笑)

ほんとに、大切な人と一生ともにすごしたいな、と思えるようないい映画でした。

といまさら見たながらに思えました。

まぁ、娘が愛の歌を歌っている真後ろで、
それを見送る歌を歌っている姿には、
感動のシーンですが、ちょっと怖くて笑いそうになってしまいましたが。

がっつり満足です!

|

« 初めての確定申告 | トップページ | 「孫文の義士団」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての確定申告 | トップページ | 「孫文の義士団」 »