« 「エクソダス 神と王」 | トップページ | 「The people vs George Lucas」 »

2015年2月11日 (水)

静かなる変化の始まり

2015年は、unit-IFの旗揚げ10周年の年ですが、
今年は、公演を打たないことになりましたので、お知らせいたします。

第6回公演を除き、毎年夏に1回公演を打ってきたので、
夏の風物詩として(笑)楽しみにされていた常連の方々には申し訳ございません。

例年より半年遅く、
2016年の2月に第10回公演をお送りする予定です。
一年後(笑)気長にお待ちください。

年に1回ですが、10年近くやってきて、
歳による自分や仲間の変化
自分や仲間を取り巻く環境の変化

それらに気が付きながら、前に進んできましたが、
ここでもう一度それらにきちんと向き合いたいと思っています。
そのための時間と心の余裕を得るために時間を置きます。

持続的に、自信をもってお客様を迎えられる作品を打ち続けるために
そして、より成長するためにも、
時間をおいて、大きく変えていきたいと思います。

節目の第10回は、この10年の集大成ではなく、
節目だからこそ、変化の始まりにしたいと思います。

集大成は、自分の中では第8回公演と第9回公演に想いを込めたつもりなので…

大好きだった劇団、第三舞台の鴻上さんが
「第三舞台は変わらない。そして、変わり続ける」
とことあるごとに書いていた気がしますが、

第三舞台を引っ張り出すのもおこがましいですが、
なんだか最近思うことは同じことです。

変わらないこと と 変わり続けること
 

 
問題は、
 
いかに変わらず、いかに変わって、進み続けるかなんでしょうけど。
 

 
それでは、だいぶ先になりますが、
unit-IF第10回公演は静かに始動し始めました。
そして、それから先も変わり続けるために、時間を使いたいと思います。
一年後、お楽しみください。

|

« 「エクソダス 神と王」 | トップページ | 「The people vs George Lucas」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「エクソダス 神と王」 | トップページ | 「The people vs George Lucas」 »