« 静かなる変化の始まり | トップページ | 後輩の芝居を観に行ったら、金沢八景が変わっていてびっくりした。 »

2015年2月12日 (木)

huluで何気なく見ました。

「The people vs George Lucas」






スターウォーズの熱狂的ファンが、

スターウォーズの素晴らしさについて語り

特別編をけなし

新三部作で怒り

でも、ルーカスありがとう

という感じで、
ファンが、ひたすら語る映画?です。

スターウォーズファンでなければ全く面白くないですが、
スターウォーズ好きであれば、

「やっぱりそう思うよねぇ〜」

「いやいや、それはいいでしょー」

とかなり楽しむことができます。

ジャージャービンクスとか、
ミディークロリアンとか(笑)

ファンといっても

オリジナルをリアルタイムで見た世代と
特別編や新三部作をリアルタイムで見た世代
新三部作を子供の時に見た世代

で、捉え方は全然違うんですけどね。

僕は結構特別編も新三部作も受け入れて楽しんでた方です(笑

これを見ながら

特別編を映画館で見た時とか
エピソード1で、初めて新作のスターウォーズを映画館で見た時の感動を思い出して

捉え方は違っても、みんな好きなんだよなぁ〜

どんなに批判されようと
こんなに愛される作品を作れるってすごいなぁ〜

と最後には涙するような、いや、違うな。
スターウォーズファンなら涙するような映画です。


ルーカスが葬りたがってると言われる
ホリデーバージョンというのが気になりますね。

ウーキー族が30分うなりあってるだけで、
何を言ってるか全くわからないらしいんですが…

めっちゃ面白そうじゃないか!!!



|

« 静かなる変化の始まり | トップページ | 後輩の芝居を観に行ったら、金沢八景が変わっていてびっくりした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静かなる変化の始まり | トップページ | 後輩の芝居を観に行ったら、金沢八景が変わっていてびっくりした。 »