« 宮部みゆき「レベル7」 | トップページ | 映画「ジュピター」 »

2015年8月29日 (土)

宮部みゆき「かまいたち」

小説の短編集というものはあまり読まない私。

短編だから作者が純粋に書きたいものを書いているわけではないだろうけど、
摩訶不思議な作品が多い気がするので、

好きな作家の短編集しか読まないことが多い。

今回は、新幹線に乗ったときに、短編集だと知らずに取った一冊しかなかったので、
読むことにした。

宮部みゆき「かまいたち」

江戸時代の怪談・怖い話というより世にも奇妙な物語的な話の短編集。

短編集なのに、きちんと物語の体を成していて(笑)、かつ、
すぐに、世界観に取り込まれ、先へ先へ読みたくなる。

全ての短編が、底流で大きなテーマにつながっている感じは受けなかったけど
(私はそういう短編集には心躍るわけですが)

今まで読んだ短編集の中で一番読みやすい小説でした。

タイトルの「かまいたち」はもちろん、「迷い鳩」「騒ぐ刀」の連作は面白い!

恥ずかしながら「耳袋」ってものを初めて知りましたが、
それに基づいた作品なのかな?そこから発想を得ただけなのかわかりませんが、

「耳袋」も読んでみたいなぁと思いました。

実は「アラビアンナイト」とかもしっかり読んだことなくて、一度は全部読んでみたいなぁ~とは思っているのですが、そのまま読んだら、読みにくくて飽きるかもしれないと思って、買えずにいます。

基本、本は買って読む派なのですが、ここら辺は図書館のお世話になろうかと思いつつ、
近くには、小さい図書館しかないので、日々の通り道にいい図書館がないか、探してみようかなと思います。

その前に、宮部みゆきの「模倣犯」がまだ残っているので、まずは、それを読み始めます!

|

« 宮部みゆき「レベル7」 | トップページ | 映画「ジュピター」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮部みゆき「レベル7」 | トップページ | 映画「ジュピター」 »