« 宮部みゆき「かまいたち」 | トップページ | 「ダウントン・アビー」シーズン2まで »

2015年8月31日 (月)

我らがチャニング・テイタムの
ウシャウシャ作品!

映画館で見ようかと思ったけど、
見逃して…
とはいえ、特に、話題にもならないから…
やばいのかな?と思いつつ、手をつけた。


「ジュピター」





最近のSF作品に多く見られる二点にがっぽりはまる作品でした。

世界観が広い割に、描いてる所が狭すぎる。
いや、狭いのはしょうがないんだけど、せっかくの世界観とか不思議観がそっちのけなせいで、世界観に吸い込まれることができない。

空中シーン、早すぎて見えない…
技術の向上で早く綺麗に見せれるようなったのは分かるけど、それを見たいのかもしれないけど、
かっこよさそうなシーンなのに、早すぎて意味不明…
もっとさ、こぅ、緩急とか使って、
最高速度を落としていただきつつ、
スピード感を感じさせていただけないかなぁ〜

いや、僕の動体視力が落ちただけかもしれないけど。

それ以外も突っ込みどころが満載!
もうここからネタバレ!

次男と長男への攻撃の流れが、立て続けのくせにほぼ一緒だし!
バリアは気合いでやぶれるし!あれなら、もっとちゃんとした船なら普通にいけるんじゃ…
そして、一機墜落しただけで崩壊する…

そもそも王族、普通が普通すぎる…
顔も服も…威厳もなにもない!
ってか、母ばかりで父はどうなったの?

空飛ぶシューズもホバーボード?みたいだし
出てくる乗り物とか、スターウォーズでみたような感じで、ウシャウシャに期待した独創性もなく…

まぁ、結構楽しんだみたけど、
なんだか心に残らないSFでした。

そう!そこなのよ!
せっかく、家畜と人というテーマがあるのに、物語にあまりいかされてないの!

「マトリックス」みたいに、
今までの生活は実際こんなだった!
という衝撃があって、

ここから世界観に入り込むタイミングで、
そこからさぁどうやって乗り越えるか?
と思ったら、王族、普通に弱いし…

人間は彼らの家畜なんだ
でも、人間も豚とか家畜として扱ってる…

みたいな葛藤もなく、
メタファーでも物語の結末にそれが生かされるわけでもなく、
普通に、中途半端な家族愛と民族愛で終わる…

せっかくの世界観が設定だけでなんにも生かされない…
ほんとに、最近のSFに多いパターン…

それなら、ただドンパチだけやってる方が逆に清々しいなぁ〜

と思った映画でした。

それでもさ、
チャニング・テイタム作品なので、長めに書いたよ、感想!

最後のクライマックス、
爆発から逃げて宇宙船追いかけるとき
スピードスケートを意識したのかもしれないけど、
壮大な爆発の中、恐ろしくダサかったテイタムの後ろ姿を、私は忘れない。

そういう意味では心に残った。

翼、似合わない、テイタム。

|

« 宮部みゆき「かまいたち」 | トップページ | 「ダウントン・アビー」シーズン2まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮部みゆき「かまいたち」 | トップページ | 「ダウントン・アビー」シーズン2まで »