« 「ダウントン・アビー」シーズン2まで | トップページ | unit-IF第10回公演、本稽古始動! »

2015年9月 3日 (木)

2時間でおさらいできる日本史 近・現代史 (だいわ文庫)

原発から安保の流れで、
最近、左も右も前より騒がしくなってきてますね。

私の立場は、安保法案も賛成で、原発もTPPも推進賛成のわりに天皇制には否定的な感じではありますが、
細かく書くと誤解を生みそうなので、あまり書きません。

まぁ、書くとするならば

極論の論争や揚げ足取りよりもっとリアルな論争をしてほしいなぁ〜

とは思っております。
あと、

「国民の声を無視するな」と言ってるのはどうもひっかかります。
日本は一応、公正な選挙が行える国で、そこで自民党を圧勝させたんだから、

選挙負けてる党が、どういう理屈で「国民の声を無視するな」と言ってるのか理解に苦しみます。

遅かれ早かれ、安部自民党がここまでやるだろうことは予測できたろうに…

とか、
止まらなくなりそうなので、ここら辺で書くのは止めますが、
そんなこと思いつつも、
私は近現代史、とくに、戦争の経過などは詳しくはなかったりもします

全学主義の高校だったので、理系のわりに、歴史の授業はかなり受けましたが、近現代史は後半で三年にさしかかるので、理系受験の流れで内容が薄くなりがちで、あまり覚えていない…

まぁ、数学も、専門だった生物すら覚えてませんが…

自分なりに、本とかネットとか映画とかで情報は得ていたつもりですが、どうも理解のための一本の軸がなかったので、

この、世の中の安保への関心の高まりを機に、読んでみました。

2時間でおさらいできる日本史 近・現代史
(だいわ文庫)


同じシリーズで、他に世界史とか日本史全体のもありましたが、内容がまともそうなのは、これだけ(笑

この本はかなり良かったです。
出来事の起こりの原因を流れの中にある要因に結びつけて解説してくれているので、一つの理屈として、全体の流れが理解できました!

おすすめ!

ただ、唯一の問題は、2時間じゃ読めない…
結局、六時間ほどかかりました。

書いてるのは、河合塾の先生のようですが、
やはり、歴史は、各々の歴史観が反映されてしまうと思いますし、
最近の流れのせいかこの手の本が、本屋によく並んでるので、
他の方が書いた似たような本もいくつか読んでみたいなぁと思います。

|

« 「ダウントン・アビー」シーズン2まで | トップページ | unit-IF第10回公演、本稽古始動! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ダウントン・アビー」シーズン2まで | トップページ | unit-IF第10回公演、本稽古始動! »