« 映画「ジュピター」 | トップページ | 2時間でおさらいできる日本史 近・現代史 (だいわ文庫) »

2015年9月 1日 (火)

ワイフのオススメで、huluにシーズン2まであったので見ました!

「ダウントン・アビー」

第一次世界大戦の前から、とある貴族のお屋敷のお話です。
貴族の三姉妹の小競り合いや恋愛、使用人たちの日常や葛藤などなかなか面白い。

海外ドラマの勝手なイメージは、

初めの二三話がすごく面白くて、熱狂的にくいつかせつつ、くいついた所で、回想シーンをいれて、話数稼ぐ!

ってのがあるんですが、

このドラマは、回想シーンもなく、初めから静かに入り、静かに淡々と続いていく。
淡々としてるのに、その大きな雰囲気にのめり込んでいってしまう感じです。

回想シーンが多いのは、アメリカドラマの特徴なのかしら?

シーズン2まで見ると
だんだん似たことの繰り返しになりつつあり、
若干飽きてきますが…

さて、ここからネタバレです。

やはり一番好感度高いのは、
シビルとブライアンのカップル!
シビルは普通に美人だし、
ブライアンの軍への仕返しが、規模が小さくてなんか可愛い。

ロバートもなかなかいい線いってますね。
ただ、愛犬が大きい犬からいきなり小さい犬に変わってたんですが、悲しむシーン、あったかしら?

メアリーも、人間臭くて、好きです。
見た目も結構好きです(笑

初め好感度高かったのに、後半低くなったのは、
ベイツとマシュー

とりあえず、マシューはだんだん気持ち悪くなる。
もう終わった!というのに、つきまといつづけ、
メアリーとくっついて終わったけど、全然ハッピーエンドな気がしない…
ラビニアへの誓いもあっさり破棄して…
おいおい

嫌な役回りだけど、リチャードがかなりかわいそう。そりゃ、あんだけつきまとってたら、イライラするでしょねぇ

ベイツさん、
もう大丈夫、どこもいかない
って何回言うんだ、こいつは(笑

二人とも中途半端に我慢ができなくて、
どんどん好感度が下がっていきました。

人間臭くていいんですがね、いや、なんか生理的に…

お堅いはずのおばあさまが、
後半、完全にウケ要員みたいになってて、
面白かったです!

シーズン5まであるんですね。
Huluにいつ来るか分かりませんが…

タイミングよく
Huluは今日から「ウォーキング・デッド」の次のシーズンが配信開始なので、
まだ、帰ったらドラマの生活が続きそうです…

|

« 映画「ジュピター」 | トップページ | 2時間でおさらいできる日本史 近・現代史 (だいわ文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「ジュピター」 | トップページ | 2時間でおさらいできる日本史 近・現代史 (だいわ文庫) »