« 34歳になってしまいました | トップページ | 本格サスペンス・スペイン映画「ロスト・ボディ」 »

2015年11月 1日 (日)

惣兵衛の変化が楽しい週でしたね。 
 
殺すならもっと本気でやれよ
 
全然殺す気なさそうな襲い方じゃないか!
 
って、思ったのもつかの間、
貧乏暮らしのせいなのか、いい人になってる。
というか、弟に似てる感、半端ないよ。
 
しかも、なぜ、きゅうりを折って、玉木さんに渡す?
笑いを取りにきたとしか思えないシーンでした。
 
そして、才助
その頃、対応する日本語がなかったとしても、
なぜ、英語単語で話し続けるんだ?
 
そして、なぜ英語でつぶやんだ!
きもいぞ!
お前はロリコンでおいかけてたのに、
「気概のある女だから見込んだのに!」みたいなセリフ
さらにきもいぞ!
 
キャラだけで楽しめるドラマではあります。
 
まぁ、キャラばかりみていますが、
 
なんか
日本に新しい朝は、
 
世界に新しい朝はくるのかなぁ~
という感じなってしまいます。
変化を求めるのは、現実逃避なのかしら?
 
変化は辛いんだろうけど
こうして見ていると、変化の真っただ中にいると、
わくわくするんだろうなぁ~
とか思ってみたりもしますが、
 
 
自分はきっとこういう大きな変化にはのれなそうだなぁ~
とか
今は今で、気候変動とか大きな変化の最中にいるのかもしれない
とか
制作側は、そんなことは狙ってないようなことを思いながら見ています。
 
その反面、
 
こんな百姓がいるなら
 
私は百姓になりたい
 
はつを見ながら、そうつぶやきたくて仕方なくなり、
実際に、会社の休憩室でテレビを見ながら、
つぶやいてました 
 
まる

|

« 34歳になってしまいました | トップページ | 本格サスペンス・スペイン映画「ロスト・ボディ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 34歳になってしまいました | トップページ | 本格サスペンス・スペイン映画「ロスト・ボディ」 »