« 門戸周り改造計画 | トップページ | 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」 »

2016年3月12日 (土)

本谷有希子「異類婚姻譚」

ハードカバーが出たら必ず買ってる本谷有希子
もはや、僕の本棚のハードカバーでは、1位になりつつある本谷有希子
とうとう芥川賞受賞!



ようやく読めました。



「異類婚姻譚」



「夫婦がだんだん似てくる」って話をじっくり書いた小説です。



読んでるといると、身に覚えがあるような状景が頭によぎる・・・



ビール片手にソファでDVDを見続ける私の姿
ひたすらパズルゲームにいそしむワイフの姿



そんな夫婦の内面を、本谷有希子独特の切り口でうまく言葉にしてる。
言葉にしつつ、小説の枠内にとどめているあたりがぐっとくる。



以前の作風のような激情感は影を薄めていて、
そこらへん作風変わったのかな?と思いつつ、
人間の内省を深く見抜いて言葉で綴るうまさ、観察力、洞察力、表現力は、以前の作風と変わらない。



むしろ、静かな、淡々とした作風にそれを落とし込めているあたりの変化は、
個人的には好きかもしれない。



元々、本谷作品に感情移入を求めてはいないのですが、
今回も、主人公には感情移入はできなかったし、
でも、なんか、思い当たる節々たちが引っかかって、
するすると小説の世界に引き込まれてしまいます。



万人受けはしない作品かもしれませんが、
他人と住むこと、とか、生き流すこと、とか、
少し考えちゃう、面白い作品でした!

|

« 門戸周り改造計画 | トップページ | 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 門戸周り改造計画 | トップページ | 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」 »