« 映画「黒い家」 | トップページ | 川口マーン恵美『ヨーロッパから民主主義が消える』 »

2016年3月20日 (日)

犬系の映画は泣いちゃうから見ないようにしてたけど、見てみた。

「星守る犬」

思ったより犬のシーンではなかなくて、

ちゃんと仕事しよ!

ことを切に思った映画でした。

クロの見た目がネイビーにちょっと似てて、
死んでしまったシーンで、ネイビーの死んだ時を思い出してしまった。
最後にボール遊びのおねだりはやばかった。

ハッピーを置いていけないあのかんじもやばかったし…

そして、キャンプ場で傷つけられたハッピーが、ワゴンに戻るシーン…
まじでやばい。

バーベキューの家族に近づくあたりが切なすぎて…

戻ったワゴンにも白骨しかないのに、ずっと寄り添うハッピーも素敵。

自分の死に際に、こんな風にさせないようにしなきゃって、そんなこと思っちゃいました。

静かな展開だけど、素直に見れたいい映画でした。

|

« 映画「黒い家」 | トップページ | 川口マーン恵美『ヨーロッパから民主主義が消える』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「黒い家」 | トップページ | 川口マーン恵美『ヨーロッパから民主主義が消える』 »