« 「ローグ・ワン」 | トップページ | フラノの抜歯 »

2016年12月22日 (木)

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

最近はNHKばかりで、民放のドラマはほとんど見ないのですが、先月、前の会社の同期と会った時に、二人に「面白い!」と勧められたので、見ることにしました。
どうやって復習しようかと思ったら、なんとワイフが全部録画してて!6話分は一気見できました。

『逃げるは恥だが役に立つ』

オープニングソングの入りのタイミングとかを含めて、なんか見てて悔しくなるほど面白い!
とはいえ、ガッキーが一つ屋根の下にいて、あんな好意的なのに、契約を守り続けるヒラマサがありえなすぎて、僕なんかじゃこの話は書けないだろうなぁと思いつつ…(笑笑

恋ダンスにもまんまとハマり、踊ってみたの少女を見ながらフリを覚えてしまったり、同僚の結婚があったのでお祝いムービーで再現しちゃったり、かなりハマってしまった感が満載。

ってか、星野源。どっかで見たことあるなぁと思ったら、真田丸の秀忠でした!あまり顔と名前覚えられない僕でも、同時期に二つに出てれば覚えられます。
なんか、大人計画、コンスタントにすごいなぁ(笑

ガッキーのハマり役を初めて見た感じなドラマでした。とにかくかわいいけど、途中から石田ゆり子の方が可愛く見えるくらいの、層の厚さ。

イケメン君の車のCMに始め戸惑ったけど、最後くっつくなら、完全にあれをパロってほしかった…

でも、なんかピークは8話くらいで後半3話は失速した感じがあってちょっと残念だったかな。

スピード感も落ちたし、説明台詞が増えて、なんか聴いてて疲れるっていうか。内容的は、テーマ的に重要で面白くはあるし、量は変わってないけど、説明が長く感じただけかもしれないけども。
原作知ってればまた違ったのかもしれないけども、恋模様と専業主婦の対価の話の両軸で、後半は対価の話がメインだった気がするけども、若干なんか玉虫色で終わっちゃった感があって…まぁ、でも、結局はああいう結末しかなないのかなぁ…
とりあえず、8話までの勢いが半端なかったから十分たのしめたし、そして、なにより
最終回は沼田さんの恋のおかげでテンションマックス(笑
YURIさんにまんまと騙された!
ゆりちゃんの部下の二人、あんまり好きになれなかったけど、なんか沼田さんの相手となるとなんか全て許せる気がする!さすが古田さんって感じだったけど、
「パッション」は流行らなかったな。

それとクーナの人ね。山さん!
なんかのドラマで、クーナ評論家ででてて、それから結構好きな役者さんなんですが、今回もいい味でてた!でも、座ってるだけでほとんど仕事しなくない?って思ったら、最終回で、沼田さんの恋の成就の後ろでやってた猿芝居がステキすぎて、もう何もいえなくなりました。

藤井隆が地味によかった。真田丸でも地味な面白さが光ってたけど、こっちも同時期に二人のドラマでそんな感じだったので、良い印象が焼き付いてしまった。
星野源と地味に二つで共演ってとこも面白かったし。
でも、真田丸好きだったから、最終回のパロディはなんか中途半端で微妙だったけど…星野源が微妙に堺雅人の真似をしようしてるっぽく見えたのは面白かったけど。

ただ、最終回、なんかいきなり小鳥たちがカゴに入れらててて、二人の中が微妙になってきて、
「なんかのメタファー?最後はやっぱりこの二匹が外にいる絵で終わるんだよね?」
ってワクワクしたのに、何にも触れられずに終わったのがちと残念ではありました。

とかなんか色々書きましたが、
民放のドラマを見直したほどの面白かったです。
民放のドラマとか、ちょっと見て、ちゃんと見るか見ないか判断してたけど(このドラマも3話あたりを一瞬見たけど、あまり気に留めなかった…)、
ワイフの勧めも素直に聞き入れたり、気になったものは1話くらいちゃんと見たりしたいなぁ〜と思った今日この頃。

あとは、星野源が紅白で真田丸キャストと一緒に恋ダンスをやってくれることを願うばかり。

|

« 「ローグ・ワン」 | トップページ | フラノの抜歯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ローグ・ワン」 | トップページ | フラノの抜歯 »