« 2017年8月 | トップページ

2017年9月14日 (木)

湊かなえ『豆の上で眠る』

台本書き終えて、ようやく本が読める余裕がでてきました。
新大阪から帰りの新幹線が暇だったので、メモしていた読みたい本リストから一つ選んで買いました。

湊かなえ『豆の上で眠る』

面白くて、新幹線で300ページ読んで、帰ってから残り全部読んじゃいました!
台本書く前とかに、二、三冊途中で挫折が続いてただけに、久々に合った本に出会えました!


行方不明になった姉が帰ってきたけど、本ものの姉に思えない
ってな話です。


入りの感じは弱く地味な感じだけど、でも、どんどん入り込める文体。
今、芝居作ってて、次の稽古で
「こういう入りが一番難しいし、実力が必要だから、私は今回はこういうトリックを使うよ(笑)」ってのを話そうしてた矢先に、このレベルの入りの素晴らしさに出会ったので、脱帽とともに感激。


ここからもうネタバレですが…


読み進める中で、残りページ少なくて心配してた通りに、最後の種明かしが、説明セリフの連続で、残念。
それまでの、どっぷり浸かり込んでいた細かい機微を表現していた流れと変わってしまった。
もっと長くしていいから、後半も大事に描いてほしかったかな。

ただ、主題からすると、あの終わり方がしっくりくる終わり方だし、
終わり方からすると、種明かしは短く抑える必要があったかもしれない。

ってか、あの救いのない、答えのない、あの終わり方の不条理な感じ。好きだなぁ〜〜
不条理感な小説好きだったのを久々に思い出させてくれましたね。
こういう感じで、一般受けできてるのは、やはり、文体の魅力なのかぁ、絞り方によるわかりやすさなのか。


姉がどうか疑う流れ、姉は何者なのか探る流れの時は完全にどっぷり浸かっていたし、そこはクライマックスに近いので、必須条件ではあるのだけど。
やはり、そこに行くまで、ゆったりとしていつつ、細かい機微の表現とリズムの良さが素敵。

なんか主人公のイメージが、劇団員の子のイメージに合致したのも、入り込み易かった一因かも。
頭の中でも映像化がしやすかった(笑

そして、本ものって何という、このテーマ。
考えさせられる。
昔、
「兄弟姉妹ってなんだろう、仲良い友人たち何が違う?」って思った時に、
「血縁っていうより小さい頃から一緒にいる人たち」って言う方が腑に落ちた私。
あんまり血縁を、重視してないせいか、犬たちも同じような考えを抱いている。

今のフラノを十分に可愛がっているけど、
前のネイビーへの愛情は、今のフラノよりはなんか大きい気がするし、それはやはり一緒にいた時間の差なのかと思う。
だから、「今は、少し足りないかな」と思っても今の時間を大切にすればいいと思える。

そんなだから
ブランカの下りは、気持ち悪くなるほど許せない…

まぁ、母として仕方ない感情なのかもしれないけど、
いなくなったとか、人に譲ったとか、ちょっと受け入れがたい。そこらへんも、主人公に感情移入できた一因かな。

そういう考えなので、入れ違いは不幸だけど、私自身はは血縁の家族より育ての家族の方が重要な気がする。

だからこそ、何年たっても、一緒の時間を過ごしても、受け入れられていない「血縁の姉」の心境がたまらなく切ない。


湊かなえの作品、なんか、好き嫌いあるけど、
この作品はかなり気に入りました。

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

「スポットライト」

ワイフに勧められて一緒に見たけど、
ワイフが体調崩し、途中から一人でみた

「スポットライト」

アメリカで、神父による児童虐待を暴いた記者たちの実話のお話です。

なかなか興味深く、飽きずに見れました。

ただ、名前と顔がなかなか一致しない(笑)

私もキリスト教徒の端くれだから、他の日本人よりは理解しやすいのかなぁと思ったけど、そんなことはなかった。
「教会がそんなに大きい力をもっている」ことが、当たり前の感触としてないので、感情移入が難しい。

日本だと寺の力かな?って思いつつ、東京にいるとそれも感じないし…

でも、まぁ、そういう力があって誘惑に負けちゃうのは分からないでもないけど、何のために、神父になったのか不思議になる。
日本の教師の報道とかあってもそう感じるけど、聖職者となるとなおさらだなぁ〜〜と。

悲しくなるお話ではありました。

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

格安SIMにしてみた

現在、会社のiPhoneとプライベートのiPhoneの二台持ち。

IDO→au→vodafon→docomoの流れで、
DoCoMoになってからもう10数年。
とはいえ、大した割引ないけどね。

最近、貯金とか個人年金とかを考えてて、
家の経費や保険などを見直していて、
これ以上は、自分の小遣いを減らすしかないかなぁ〜
と嫌がっていたのです。

それを上司に話してたら、格安SIMを勧められて、
「番号変えたくないんですよ」って言ったら
「格安SIMでも番号移せるよ」って返って驚き。

今まで番号移すの無理だと思って、
無意識に排除していた格安SIMの可能性!

「DoCoMo回線のものにすればそのままiPhone使える」っていうし、調べたら、DoCoMoの解約可能月が今月来月だったし、こりゃやるしかないって、今日ちかくのヤマダに行ってきた。

近くにヤマダができたけど、早くもめっちゃ空いてて、ほとんど使わないのだけど、
どこも混んでる携帯関係はこういうとこが貴重ですね。

格安SIMのとこ見てたら、「使えそうな」店員さんが話しかけてきてくれて…

DoCoMo回線だと、回線パンクしやすい…っていわれ…
う〜んってなってたら、
6s以降ならすぐに、「SIMロック解除できますよ」って!
これも、なんか、無意識に可能性を排除してたんだけど、DoCoMoマイページで、手続きするだけで、すぐにできた!こんなに簡単だったんだ!と驚き。

価格的には、6Gで2980円のYmobileの方がいいかなと思ったけど、会社のiPhoneがソフトバンク回線なので、リスクマネージメント的に他の回線がいいなぁと思って、au回線のUQmobileにしました。3Gで1680円。

追加は1G1000円。だし、8月は2Gくらいしか使ってなかったから十分かなぁと

DoCoMoのメアドが使えなくなるけど、ほとんど使ってないし。
今まで月9000円も払っていたのが、ほんとにバカみたいだなぁ〜〜と。

無意識で可能性排除してるのって損だなって思った。
それに、やっぱりちょっと悩んでることは色んな人に話してみれば、色んな情報を提供してもらえることもあるんだなって、交流は大切!

とりあえず、お小遣いを減らさずに済んで一安心!
って、個人年金についても、調べないと!

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ