« 湊かなえ『豆の上で眠る』 | トップページ | 韓国映画『新感染』 »

2017年9月22日 (金)

湊かなえ『夜行観覧車』

装丁が気に入っていて、気になっていた作品

湊かなえ『夜行観覧車』

とある高級住宅街にある、反抗期の娘がいる家の向かいの幸せそうな家で殺人事件が起きました

ってな話です。

湊かなえは、人のダークサイドの描写が上手なので好きですが、この作品は出てくる人、出てくる人、しょうもない人間で、しかも、ダークサイドメインで描かれ続けるので、正直、心が持たなくなる。

読書モードの時期である私は一気読みをしがちなはずなんですが、連続で読むのに抵抗を感じ、休み休み読み進めるのが、やっと。

後半、一応、救いのある展開が見え隠れしたあたりは、なんだかんだで嬉しかった。

昔は、暗い話が過ぎだったし、救いのない作品ばかりを作っていたのに、畳み掛けられ過ぎると耐え難くなるのは、やはり歳のせいでしょうかね?

きちんとダークサイドに向き合った丁寧な描写で、最後は(少し)前向きになれるいい作品な気がするけど、なんにせよ、疲れました(笑)

|

« 湊かなえ『豆の上で眠る』 | トップページ | 韓国映画『新感染』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湊かなえ『豆の上で眠る』 | トップページ | 韓国映画『新感染』 »