« 「フラットライナーズ 2017」 | トップページ | 「猿の惑星 聖戦記」 »

2018年5月 7日 (月)

「殿、利息でござる!」

気にはなってたんだけど、二時間以上は長いなぁ〜と躊躇してた映画をようやくみた。

「殿、利息でござる」

始めの村のシーンを見た瞬間に既視感。
紛れもなく既視感!

このセット、ヨシヒコで使われた気がする…
ってか、まんま使われた気がする…
たしか、ゾンビのとこ???

こういう場所があるのか、ヨシヒコが予算節約でそのまま使ったのか?

そんなことが気になって、冒頭のナレーションが頭に入ってこなくて、何度か巻き戻したので、さらに時間がかかりました。

純粋なコメディかと思ってたら、人間描写の方がメイン。話の展開もうまいし、パンチのある役者さんだらけで、飽きずに、ぐいぐいと世界観に吸い込まれる。

「人のために」って感覚を実感覚として感じられる。
「自分にはこういう感覚、やっぱり欠けてるんだよなぁ〜」ということに再認識させられつつも、歳のせいもあるのか、ストーリー運びがいいのか、そういう感覚に少しの憧れを感じたりさせてくれて、パンチもあって純粋に楽しめる上、見た後もいい気分にさせてくれるいい映画でした。

最近の時代劇コメディ邦画を色々と見てみようかなぁ〜

|

« 「フラットライナーズ 2017」 | トップページ | 「猿の惑星 聖戦記」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「フラットライナーズ 2017」 | トップページ | 「猿の惑星 聖戦記」 »