« 「カンフー・ヨガ」 | トップページ | 朝ドラ「半分、青い」 »

2018年6月 9日 (土)

映画「勝手にふるえてろ」

好きな小説家・綿矢りさの作品の中でも特に好きな作品である「勝手にふるえてろ」。

実写化を見るのを悩んだが、主演が、最近の私にとって広瀬すずに次ぐ推しの松岡茉優だったので、見ることにした。

「勝手にふるえてろ」

原作が好きすぎるので、逆に少し引いた感じで見られてよかった。
小説を読んでる時の脳内の声では、もっと高めの声で抑揚がなく、単調なリズムで語られる感じが好きだったけど、実写ではもちろん違う。

違うけれど、実写は実写で別の魅力を出せているようでよかった。

特に、松岡茉優のいっちゃってるキャラが堪能できるのがいい。

そもそも「いっちゃってる人」が大好きなので、そういうキャラを推しの松岡松岡茉優が演じきれているあたりが、見ていて、この作品の世界観に入れていい気分になれる。

最近だと、こういうちょっといっちゃっているキャラって吉高由里子がうまいってイメージあったけど、十分に凌駕できているし、石原さとみに近い覇気?空間支配を混ぜたような感じの演技?

ちょっと褒めすぎかな(笑)

ただ、実写作品としては十分に楽しめたし!
ただ、この作品は世界観が重要で、
それを作るのはこれではヨシカしかいないので、
松岡茉優のこの演技の力は大きかったと思う。

原作の冒頭の文が、文のリズムが大好きだったので、
冒頭のシーンは、その文のナレーションから入ってほしかったんだけど、
そうでなかった部分はとても残念でした。

なので、原作を取り出して、冒頭の文章を声に出して読んでみた。

大なり小なりいろんなことにおびえている、震えている自分を思いながら・・・

届きますか?まだ、届かないかなって。
でも、勝手にふるえてろ!って言える部分もあって。

そんな気分になれたから、原作の魅力とは違うかもだけど、
十分に魅力的な映画でした。

ぜひ!

|

« 「カンフー・ヨガ」 | トップページ | 朝ドラ「半分、青い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「カンフー・ヨガ」 | トップページ | 朝ドラ「半分、青い」 »