« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月31日 (土)

マッサージ

マッサージというものに、昔はあまり興味がなかった。もともと肩こりがひどかったのに、なぜか…

 

数年前くらいから、肩こりが耐えられなくなり、出張先とかでいくようになった。

 

新千歳空港にあるマッサージ店が、個人的には気に入ってるのだけど、家の近くにあるマッサージ店でお気に入りが見つからず、固定できずに困っていた。

 

技に問題なくても、話しかけられる回数が多かったり、周りがうるさかったり。

 

この一ヶ月、なぜか左ふくらはぎが張っていて、気になっていたので、以前ワイフと行ったことがある経堂の店に再度行くことにした。

前のマッサージは気に入ったのだけど、経堂なので途中下車しなきゃだし、駅から少し距離があったので、敬遠していた。

筋肉の張りなのか、なんか病気なのか分からず、とりあえず、マッサージ行って改善しなければ、病院に行こうかと思って。

それで、やっぱり、そこのマッサージが気に入った!という話。 

ふくらはぎのはりは完全に治ってないけど、改善した気がする。まぁ、落ち着いた雰囲気だし、会話も最小限だけど、聞きたいことは聞ける!

何のオチもない話だけど、

とりあえず、近所で行くマッサージ店が確定した!

 

八月ももう終わり。


| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

灼熱の夏の朝、私は父になった。

38歳になる手前で、父になりました!

立ち合い出産は必ずしたいと思っていて、かつ、ワイフとの付き合いも長いし、完璧にケアできるかなぁと思っていた私。

痛みを逃すためのちょっと笑えるグッズも用意したりしていたのですが、実際立ち合って、ワイフが痛がる様子を見てると、そんな余裕もなく…それらのグッズの出番はほぼなく、手にはほぼ、テニスボール。

事前に色々読んでいたのですが、ワイフは声も出せないほど痛がっているので、何をするのが正しくて、何が間違ってるのか、分からない。

NGは手を上げてくれるから分かるのだけど、痛がってるのに、NGを展開して申し訳なくなったり、しつこく確認するのも野暮だし、無力感に苛まれる…

助産師さんもアドバイスを聞いたりしながら、とりあえず、できることをやってましたが。

撮影とかもやる気満々だったけど、そんな余裕はゼロ。撮影なんかしてたら、助産師さんに「お前は何しにきたんだい?」って言われそうだし(笑)iPhone の録画をオンにして胸ポケットいれて撮影って、なんか盗撮なような感じで撮影してました(笑)ビデオカメラなんて持ち込まなくてよかった。

呼ばれたのが、夜中だったせいか、病院に到着後、ワイフが気を遣って、仮眠を一時間薦めてくれてお言葉に甘える。まぁ、あの仮眠がなかったら、正直やばかったかもしれない。

そのおかげもあって、当初の最低限の目標である「怒られない程度にフォローする」は達成できたような気はするので良かった。

予定日からだいぶ遅れていた子供も無事に産まれて、立ち合えて、盗撮な感じだったけどちゃんと誕生シーンも撮影できました!

とにかく、

ワイフ、長い妊娠期間含め、お疲れ様! 

そして、ベイビー、ウェルカム! 

二人ともありがとう!

 

ベイビーの名前は「始まりの文字」と「終わりの文字」をつなげました。始まりと終わりの連結。それは、「永遠」であり、同時に、「今そのもの」。そんな「今」を見つめて生きてほしい…という気持ちを込めて。


親バカになるとは思ってましたが、実際生まれてみると、想定以上に親バカになりそうな気がしてしまいます。

大切なものが増えて生活も変わるかと思いますが、体を健康にしつつ、ちゃんと子育てしつつ、前に進み続けたいと思います!

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

朝のカラスは口をあけたまま、睨む

今朝、カラスの鳴き声が聞こえた。

外に出て確認したら、朝一で出したうちのごみにカラスがたかっている。

手を叩いて大きな音を出したら、飛び去っていった。


少しに前に、すぐそばを歩いてもどかなかったカラス。音には反応するんだ・・・


その後、飛び去って少し離れた所に留まった3羽は、口をあけたまま、私をにらんでいた。


私は、昔からカラスにはよくよく襲われる。私はカラスは好きな方なのに、気配を感じて振り向くと、カラスの足が私の頭に大接近!なんてことが多い。自転車乗ってる時でさえ、襲われるので、カラスを見たら、その動向を確認するために何度か振り返ったりしている。

今回の件で、顔を覚えられてしまったら、嫌だなぁ。

会社に行こうと、再び、家をでる。少し歩いたとこにある緑道に、さっきのカラスがいた。

曲がり角を曲がって、すぐ近くにいたので、また狙われれたら嫌だなぁ…と一瞬警戒していたのだが、

カラスは、私には気が付かず、これまた、口をあけたまま、木をみて、うごかずにいた。

どうやら、蝉を狙っているようだ。

カラスの狩りの邪魔をしないように、そっとその場を立ち去りました。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »