« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月28日 (土)

朝ドラ「なつぞら」

涙溢れる素晴らしい十勝編から始まり、正直中弛みしてしまった東京編を経て、最後は、きちんと十勝編でしめ、先への明るさを描く、いい最終回でした。

朝ドラ「なつぞら」

火垂るの墓を暗示するアニメが、初回のアニメに繋がってたのかぁとつながったりして心温まりました。

最近の若手女優さんの中で一番の推しの広瀬すず主演で、期待しての鑑賞でした。

役柄的な押しの強い役だったせいもあるし、器用に細やかな変化は見れたけども、毎日見てると強さの演技の固定化が気になってしまったりもした。でも、これから毎日見れないとなると辛い。

覇気が強く空気感の支配力が強いから、連ドラってより、やはり映画の方が合うなって思ったり。

今回に限らず、最近の朝ドラは中弛みがひどい。全体構成として頭と終わりの力の入れ方はは惹かれるのだけど、それらをつなげる中盤ネタがなく、無理矢理、話題作って乗り切ってる感じ


もう、半年でなく、4ヶ月の3クール制でもいいのでは?と思ってしまう。

今回は、男性も女性も綺麗揃いで、見てて楽しかった。まぁ、太めの女性に対するディスりネタが始終あったのが意味不明であり、残念であるが。

広瀬すず目当てで見てたけど、ゆみこ役の福地桃子がよかった。まぁゆみこが役として、変な方向に行ってしまったので、もったいないなぁって感じしてたけど、目のひく役者さん!是非、何かの演技を観れるの、楽しみ!

若手の俳優さんも色々知ることができたし、中弛みしてたけど、史実からずらしたり、微妙に重ねたりが、逆に「次どうなる感」は煽れたし、なにより、「半分、青い」の秋風編に負けない、十勝編の出来!涙、涙の十勝編!

十分楽しむことができましたー!



| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

甘えん坊なフラノ

娘が家に来てからというもの、フラノのが少し甘えん坊。

そうならないように、フラノは今までと変わることなく、自由に家の中をフラフラと歩けるようにしているのですが、やはり、我々の反応が違うのと、娘の泣き声が始終響き渡る環境に変化は感じているようです。

フラノは、保護犬だったからか、遊び方を、あまり知りません。初めは散歩の仕方も分からないくらいでした。なので、人形遊びも苦手なのですが、年を経るごとに、人形を振り回して遊ぶってことを少しだけ覚えてきました。

でも、なにかを投げてもらって取ってきて、わ、繰り返すようなことはまだできません。

先日、娘が泣いているので、あやしていて、フラノと遊べずにいたら、フラノが、なんと、人形をくわえて近づいてきて、私の目の前に置いたのです!

驚き!こんなことができるようになった喜びと、ここまでさせてしまった罪悪感が混じりながら、その人形でフラノと遊び、そして、少し遠くに投げる。ちゃんと追いかけるフラノ。

まぁ、再び、くわえて戻ってくることはなかったですが…

甘えん坊な心が、色々と工夫しようと思わせるのか、今までと少し違った行動をとって、今になって色々と賢くなってきているフラノ。

とはいえ、

少し可哀想になったので、再びいっしょに寝だしたりしてるのですが、案の定、夜中に起きだして、遊びを要求し続けて、寝られなくなるので、敢え無く、一階のリビングに強制送還(笑

もう少し経てば、娘ちゃんと一緒に遊べるので、その時は、活躍してほしい。

娘とフラノと暮らしてみて、保護犬とはいえ、吠えないし、静かに横に座り続けるし、決して噛まないし、フラノはなんて大人しい子なんだろう、と改めて関心したりしています(笑

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

父になりきれていない私が、蜂に襲われたら

娘の一ヶ月検診も終わり、気候も涼しくなってきたので、

娘をベビーカーにのせて、フラノを散歩する

って言う楽しみにしていたことの一つを実施できたりしている今日この頃。

あやすのも、寝かしつけも徐々に慣れてきて、少しは父親らしくなれたかなぁと思ってきたりもしています。

今日も娘を連れて、フラノの散歩をしていると、蜂が、少し大きめの蜂が、ベビーカーを持つ私の右手付近に近づいてきたのです。

昔から、カラスと蜂にはなぜか襲われることの多い私は、とっさに、右手をベビーカーから離して(左手はちゃんとベビーカーを掴んでますよ!)、右半身だけ蜂からの逃避行動を取り始めてしまったのです。

体の重心が、右側に寄りきろうとする直前に、

「いやいや、このまま、私が逃げたら、蜂が娘に向かってしまうだろ!何やってるんだ、私」

と、もう一人の自分からツッコミが入り、でも蜂は怖いので、右手でベビーカーを掴み、猛ダッシュで、蜂を振り切ったわけであります。 

 

蜂から娘を守った父の姿に見えたかと思いきや、フラノのリードを持っていたワイフは、私の右手の動きと重心の移動をしっかりと見ていたようでして…

笑っていましたが、相当ひいたんじゃないかなぁと思います。 

でも、無意識のとっさの動きですからね!重心の動きも1秒あるかないかの動きで、意識の力ですぐに立て直して、守りに入りましたから!

 

と、言い訳してみても、自分としても情けない。いざって時は、この1秒の判断が命取りになるかもしれない。 

我が身より我が子を大事にできるようになりたいなぁと、

娘を抱っこしながら、この記事を打っている途中で、私の膝の上で娘はブリブリと音を立てるのでした。

うん、よい休日!

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

本谷有希子「静かに、ねぇ、静かに」

だいぶ前に買ったのだけど、タイミングが合わずに読まずにいた。

本谷有希子「静かに、ねえ、静かに」

 

長編小説だと思ってたら、短編小説だった。短編小説は、アタリにあたるのがなかなかないので、苦手ではあるんだけど、今回は一気に読みきってしまった。アタリってわけではないけど、独特の世界観

 

「本当の旅」

お金の価値観が独特な感じの三人衆のマレーシア旅行の話。主人公を含めたその三人の思考が気持ち悪い…というか、めんどくさくて…とはいえ、今までの本谷作品にでてきた気持ち悪さとはなんか違う。

本谷有希子の中にこの要素がなかったとしたら、この気持ち悪い内省描写を書けるってすごいなぁ…

と勝手に思ったり。

長編だと思って読んでたので、このキャラたちがどう料理されるのか、わくわくしてたら、途中で終わり、短編であることを知り、ちょっと残念。このテイストの本谷有希子の長編を読んでみたい。

「奥さん、犬は大丈夫だよね」

こちらは、本谷パワー全開の人間ぶっ飛び感の怖さ…「本当の旅」に出てきた三人と似た金銭感覚なのにそれを会得してる夫婦と問題かかえる主人公の夫婦。

こちらも気持ち悪くはあるのだけど、本谷有希子っぽいので、なんだか、安心して楽しめる。

「でぶのハッピーバースデー」

これも冒頭から独特の感性全開。ただ、なんか「諦念」って感じが強くて、気持ち悪さはあるのだけど、ワクワク感はない。でも、淡々と進む諦めの感じに、なんだか、引き込まれていく。

 

短編苦手って書いたけど、短編の方が、独特の世界観が強い作品が多い気がする。どんぴしゃのあたりまでなかったけど、久々に濃い空気感を楽しめて、満足!

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

「アベンジャーズ エンドゲーム」

周りが皆面白いと言っていたので、楽しみにしていた配信開始!

 

「アベンジャーズ エンドゲーム」

 

配信開始日に、レンタルしたもの、娘さんが寝てくれなきゃ見られない。まぁ、そんなに細かい内容でもないだろうと、娘さんを抱っこしたり寝かしつけながらの鑑賞。

(大音量で見ながら寝かしつけってのも矛盾してるけど、仕方ない。発育に良くないかもだけど、数時間だし、意外に寝てくれる。まぁ、画面のチカチカだけは気になるので、体勢の傾きを気にしながらではありましたが…思ったよりじっくり見れました…笑)

 

色々、伏線とかあったようだけど、そもそも前作「インフィニティーウォー」もあまり覚えていない。そして、「キャプテン・アメリカ」は全く見ていない。

 

でも、「インフィニティーウォー」のラストが気になったから見たかった!

 

ただ、とにかく、眠い。前作のみならず、見ながら、前半の内容の記憶が曖昧になりながら見続け、でも、三時間は耐えられず、一時間半で睡眠。翌日に託した。

 

翌日も眠かったが、なんとか、全て見終わった。

 

そこそこ面白かったし、後半のアクションは結構テンション上がったが、やはり、思い入れ、いや、事前知識がないと、楽しみきれないかなってのも感じた。

 

誰この人?って人多かったし、

まぁ、前作で、誰がいなくなったのかも、そもそも曖昧だったし。見てないキャプテン・アメリカ、かなり物語の主要部分だし。

 

でも、まぁ、見られて良かったです!

 


| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

一ヶ月バースデー

娘の誕生から一ヶ月経ちました! 

7bca01a888174cd59dcd405efc9906d7

とりあえず、流行りの(?)オムツアートを撮ってみました。フラノのが、「1」の役割ですが、「m」だと、「マンス」というより「メートル」…ってか、娘やフラノよりコジコジが一番目立ってる!?

まあ、来月にリベンジですかね!少なくとも1歳バースデーまでは続けたいなぁ〜と思うけども、続くかしら。

娘が生まれて一ヶ月。子育ては大変だと思っていましたが、想像以上に大変…

 娘の退院がお盆休み初日だったので、ほぼ一週間、ワイフと二人で子育てを行なったのですが、一週間が一ヶ月に感じました。

 この歳になって、時間の感じ方がゆっくりになるなんてことがあるとは…

とにかく、寝付かないし、寝たと思っても起きるし。何か規則性を見出そうと頑張るけど、見出せない…カオス! 

 

「寝かしつけよう」と思うからストレスになるんだ、ただもう抱っこして遊んであげればいい!予定調和なんてない!と思ったら、少し気が楽になったりしましたが、やっぱり、夜寝てくれないときついですねぇ


そんな辛い中ですが、色々な方々からいろんなグッズをいただき、なんとか快適に過ごせています。特に、ネムリラ!ネムリラでもあまり寝てくれないことが多い娘なので、「寝ないじゃないか!」ってツッコむことがありますが、フラノを自由にさせたいと思うと、高さのある寝場所は必要なので、重宝させてもらってます!


そして、皆さんから素敵なお祝いもいただいて、その度に心が温まります。ありがとうございます!

 

数日前に、「語りかけ保育」の本を2200円で買ったのですが、それを買った翌日に来た姉が、全く同じ本を持ってきたのにはビビりましたが(笑

 

私は幸か不幸か仕事にでるので、気晴らしにはなりますが、ずっといるワイフは大変だなぁとつくづく思うし、これをこなしてきてる世のお母様方はすごい。

 

ワイフになるべく負担をかけないように頑張ってはいるけれど、仕事でのストレスもあいまって、機嫌が悪くなってしまったり、体力的にフォローしきれなかったりと、ちょっと悔しい感じもしたりしてる今日この頃。

ワイフとの間に不穏な空気が生まれる頻度も、前よりも増えてきてしまっているので、なんとか心に余裕を持って、子育てにのぞみたいなぁとおもいます。

 

劇団もとりあえず半年は完全オフにさせてもらってますが、さてさて… 

続けるつもりで動いてきてはいるのですが、この子育ての感じで大丈夫かいな?って自分で勝手に不安になったりしています。

とはいえ、そんな中でも、物語のネタは思いついていて、最近には珍しく、上演の可能性を持つネタを四個も保持している状況なんですね!自由にやれる時は思いつかない時期もあったりするから不思議。

まぁ、子育ても慣れなんだろうし、娘に芝居をしてる父の姿も見せたいし、なにより、劇団員たちと芝居を作ってお客様にお届けしたいので、少し時間かかるかもしれませんが、再始動できるように準備していきたいと思います。 

大変、大変ってばかり書いてますが、日に日に顔つきが変わっていったり、面白い顔をしたり、些細でも毎日の成長がある娘と過ごせる日々は、ほんとに楽しい!ワクワク!

成長そのものも嬉しいし、生活してるだけで新たな感性に触れられるってのもこの歳で忘れかけてた感覚。 

語りかけ、歌いかけをしてると、忘れてた歌を思い出したり、自然と体が色んな変な動きをしだしたり…

語りかけで話すことなくなって長ゼリを言ったりしてるのですが、昔覚えた鴻上作品のセリフがふいに思い出したり(なぜか、自分が書いたセリフは思い出せないんですがね…)


フラノは、変わらずの生活をさせようと自由にさせているのですが、何か感じてるのか?ただ娘の鳴き声がうるさいよって思ってるだけなのか?まぁ、甘えん坊モードにちょっとなってる。 

まだ、一緒に遊ばせられないけど、もう少し大きなったら、一緒に遊んでもらって、フラノにも娘の世話を手伝ってもらわなきゃなりません。

そんなこんなで、このブログも放置気味になっていますが、徐々に新しい生活のリズムもできてきたので、ちゃんと子育てしつつ、映画やら、芝居やらに触れる機会を増やしていけたらなぁと思います。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »