« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月31日 (金)

ガラパゴスダイナモス「甘い手」

シチュエーションコメディの団体ってことで、気になっていた福岡の団体・ガラパゴスダイナモスさん。

東京公演が、ギリギリ見に行けるタイミングだったので、ようやく見に行けました!
知り合いの舞台じゃない小劇場の舞台を見るのは久々!
「甘い手」

ワンシチュエーションコメディを勝手に期待してたけど、シチュエーションコメディだった。

ただ、悔しいくらい笑えて、うまい構成で、おもしかった‼︎

小劇場演劇の他の団体さんの芝居を見て、ここまで思えるのは、ほんとに久々!

面白くて、悔しくて、それがまた、嬉しい!‼︎

入りは、勢いあって、今風?の青春感?とか思ったけど、徐々に落ち着いて、一つ一つの展開とネタとを丁寧に見せてくれて、安心して笑える。

キャラが立っている登場人物たちの二面性を上手く使いながらのスト―リー展開と、、それをうまく使った笑いで自然に笑えて、世界に入り込みやすい!

そして、ラスト!どうまとめるのか?と思って見てたけど、無理矢理すぎずに、ほとんどの伏線をきちんと短い時間の最後のシーンに綺麗にまとめて、御都合主義すぎない、でも、ほんわかすっきりさせる終わり方。そのバランス、素晴らしい。

無理やり最終回のドラマばかり見ていたせいか、そのバランスに脱帽。終わらせ方のバランスも素晴らしい。

役者さんも、各々がキャラが立ち、いい味を出しつつも、悪目立つしすぎずに、全員のバランスがよい。そして、どのキャラも徐々に愛してしまう愛らしさ。そのバランス感が、さらに、空間力を際立たせ、まだ、この空間にいたいと思わせてくれた。

博多華丸・大吉さんのノリを感じたのは、福岡の劇団って先入観かしら(笑

 

舞台もシンプルで、芝居っぽい芝居!

シュールさも所々にありつつ、シュールにしすぎないところで、笑いに変えていて、全体として、すごく好感を持てました。

大声で笑いすぎちゃったかな?

ほんとはもっと騒ぎながらみたかったけど、周り的にそんな雰囲気でもなかったから、自重してしまった。ホーム福岡なら、もっと包まれる感じなのかしら?

また、公演見れる機会があれば、是非行きたい!

いい芝居に出会えると、色々刺激されたりして嬉しくなります。

もっとこう思える団体さんを知っていきたいなぁと思うし、

こう思われる団体になりたいなって、改めて思いました。

 

日本縦断ツアーらしいので、インフルや肺炎の流行に負けずに、笑いを届けていってほしいです!

何はともあれ、お気に入りといえる団体が増えて嬉しい限り!

また、楽しみが一つ増えました!

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

「東京独身男子」

「東京独身男子」

というドラマを見た。

高橋一生、斎藤工、滝藤賢一の三人がハイスペック中年として独身生活。

その三人を、中心とした恋愛コメディ。

そこまで、加速感はなく、ゆっくりみすすめたけど、最後までは見ることができた。

高橋一生の役とそれを取り巻く女性の恋愛に、イライラしつつ、斎藤工ライン、滝藤賢一ラインは安定して楽しめた分、バランス取れていたのかな?

家で一人で暮らすとかは、犬がいても嫌な私なので、自分にない感覚を見る分としては楽しく、ハイスペックでも、一人でも、悩むことは、決断すべきことはあまり変わらないんだなって時々、親近感を感じたりできて、面白かった。

さて、そろそろまた、本に戻ろうかな。

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

「オッサンずラブ」シーズン1

見るものがなくて、Netflixで「東京独身男子」と迷ったが、予告編で、朝ドラの「シンサク」がでてたのでこっちにした。「シンサク」がでてなきゃ見なかったかもしれない。朝ドラおそるべし。

「オッサンずラブ」シーズン1

ゲイ率が高いのはまぁいいとして、その中で簡単にくっつき合ったりしすぎたり

部長、同性愛以前に、パワハラ、セクハラでしょ!そこへの焦点当てはないの?

ってあたりで気になったりした。。

あと、幼馴染ラインがちょっと弱いのが残念だった。周りがあんな濃ければ仕方ないかもしれないけど。

はるたの優柔不断にはイライラするし

スートーリーラインは微妙。

でも、面白い!

進行がはやいし、

展開も演技も、無駄に仰々しいコミカルさ、

緩急ある会話の勢い、好きな感じで親近感も持てて、見てて、自然に、にやけてくる!

電車で見てたから、顔のにやけを隠すために、マスクをしてみてた!

田中圭ものびのびしてるし、「シンサク」ま、いい感じ!

ストーリー展開はなんかなって?ことが多いので、演出が好きなんだって思ってた。見てて気持ちいい間合い!

演出の参考にもなるいいドラマだった。

ただ、シーズン2とかあるみたいだけど、別ワールドらしいから、もういいかな(笑

 

ここから少しネタバレ!

まず、武川さんかっこいい。切なさ漂うきびしさ。部長と違う直球具合すてき!

そして、蝶子がいい人すぎる。自分がふられてかなしいのに、部長の悲しむ姿に後押ししちゃう愛らしさ…

でも、MVPは牧のお父さん。あの役やりたい!

そして、
離婚届、狛江市市役所‼︎

狛江市民だったのか!

でもね、最終話、色々てきとー。

ちずの告白スルーの理由が…ゲイでなくて、バイなんでしょ?ちずにもチャンスありなんでしょ?付き合わない理由もその後の扱いとてきとー。結構時間かけてた割に解せない。

それに冷蔵庫の置き手紙。一年経ってる置き手紙。部長が見逃すわけないでしょー。

あるあるのネタなんだろうけど?なんでいきなり設定がテキトーになってんの?と交換度下がる。

ってか、部長と武川はいつカミングアウトとした?

職場のあきさん?も異常に薄いのが気になる。

まぁ、春田の優柔不断、優しさ通り過ぎてうざすぎる。あれが、ラストなのも、キャラ一貫性あるけど、すっきりはしないラストではありました。

まる

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

Netflixドラマ「ロスト イン スペース」シーズン2

すぐにみ終わってしまった。

Netflixドラマ「ロストインスペース」シーズン2

ドクタースミスまだ出てくるのかよ…って思いつつ、出番は減り、明確な悪役?が出てきて、なんだか見やすくなった(笑

人間描写も、より「家族物アドベンチャー」に焦点を当てていて、子供たちの成長のシーンが多く、シーズン1よりイライラすることは少なく見れたと思う。

続編早く見たい。

 

ここからネタバレ

ヘイスティングスの明確な悪役感と相変わらずうざいスミスの出番が減り、かつ、どっちつかずだけどわかりやすいベンアドラー。

悪役側に関しては落ち着いて見れた。

ヴィクターはいい人枠になってから出番が一気に減って可哀想…

ベンアドラーも改心してすぐ死んでしまうし…

だけど、ベンアドラーの最後は感動しました!

ただ、ロビンソン一家の暴走っぷりも相変わらず(笑

結局、スケアクロウも助からず、ベンも助からず、家族バラバラで、大人も助からなかさそう…

他の乗客からすれば、ヘイスティングスが正しかったのか…と思っちゃう。

まぁ、スケアクロウもベンもウィルも「友達を救う心」の表現なので、仕方ないかもしれないですが…

ただ、異星人を壊す機械を持ってるなら、初めのロボット襲撃の時、使えばよかったんじゃ…ってそもそも論を思ってしまいますが。

とりあえず、ジュディの成長が見てて見応えあったかな。父の洞窟治療シーンは泣きそうになりました。

なんだかんだいいつつ、すぐ見終わってしまって、楽しかったです!

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

Netflix 「ロスト・イン・スペース」

見ようか迷っていたのだけど、芝居関係の方のTwitterで、「面白い、子供持つ親として」みたいなこと書いてあったので、見始めてみた。

Netflix ドラマ「ロスト・イン・スペース」

滅亡しそう地球から入植者として他の惑星に移ろうとしてる家族。途中で事故に会い、未知の惑星へ…

的な話。

相変わらず、Netflix ドラマのBGMは単調だったけど、それが気にならないほどの展開の速さ。惑星や宇宙船、宇宙生物の描写も面白く見てて飽きなかった。

ヒール役のキャラが、本当に嫌な人間で、心が重くなり、見るのやめようかと何度も思った。最近はヒールでも共感できる軸を作ってる(背景をある程度しっかり描いている)作品が多い気がして、それに慣れてしまったせいか?まぁ、そのキャラが話を動かしているので仕方ないかとシーズン1を見終わる。

結果、すぐにシーズン2話みたくなるほど、終わり方は素晴らしい。

子供の成長や父としての成長も描かれていて、イライラしながらも、後半、少し暖かい気持ちにもなれた。

早くシーズン2を見たい。


ここからネタバレ。



ドクタースミス。結果オーライな感じあるけど、好きになるところが何もなく見てて辛かった。シーズン1でおさらばかと思いきや、生きてるし…

スミスはおいといても、子供の言動にイライラするシーンも多かった。

9話のウィルの無線機を誰も叱らないのが、ほほんと、意味不明…

音を出しちゃいけないのに、なぜもってく?

お父さんを実は信じてないって暗示?


10話、ウィルもなぜ忙しいときに母に話すのかな?燃料なくて、パパを探してるんだよ?

やっぱりパパに助かって欲しくない?

まぁ、子供の成長を描く、それを通して、親の成長も描くのは分かってるんだけど。

子供って実際はこんな勝手?こんなんでイライラしてたら、私はちゃんと子育てできるかしら?と少し不安にさせられたりもした。

そのせいもあり、ジョンの成長の方がやはり、共感できたかもしれない。

気持ちはいつまでも、若いつもりでいても、子供の頃の気持ち、若い頃の気持ちは忘れてしまってるのかもしれないと思うと少し寂しさを感じたり。

まぁ、ウィルも最後成長を見せてくれて嬉しかったが…

そして、ドンがいいやつ!

ドクタースミスとバランス取るいいやつ!

ドンがいなかったら、正直み続けられなかったかもしれない。

そして、ヴィクター。

最後にカッコつけたのに、取り残されちゃったよ…また、でてくるのかしら…

さてさて、感想も書いたし、シーズン2に突入!

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

2020年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます!

昨年お世話になった方々、応援いただきました方々、ありがとうございました。

昨年は、6月にunit-IF第12回公演を行い、8月には娘が生まれ、前半戦は充実していましたが、

後半戦は、慣れない子育てを頑張りながら、人知れずの活動として、様々な挑戦をしておりましたが、これまた挫折続きで、心折れかけた年でもありました。

この歳で、挫折続くとなかなか心が辛いものです。

まぁ、結構体調回復には、パワーを注いでまして、

ようやく6月に禁煙も達成できたし、

12月には、カフェイン断ちのため、レッドブル断ちも続けられています。

パブロンはやめられていませんが、飲まなかった日数はここ15年で一番多いほど、チャレンジを繰り返しました。年末もやめはじめそのまま新年に突入でしたので、このままパブロンもやめて、薬に頼らない健康な体作りを目指していきたいと思います。

健康は毎年言ってますが、子育てのおかげで少し痩せたし、少しは前進してるんですよ(そのはずです)(加齢の衰えでプラマイゼロかもしれませんが…)

年末で、パワーも蓄積できつつあるので、

今年は娘の成長を楽しみながら、それにまだまだ負けないように、芝居も、健康も、仕事も、前に進んでいけたらと思います。

今年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »