« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年3月26日 (木)

アニメ「賭ケグルイ」シーズン1、2

朝ドラ「スカーレット」で気になった松井るかさんが出てるからちょっと見てみた実写版。第一話をアニメ版と見比べてみて、実写版は、迫力のあるシーンの演技に、どうしても、無理を感じてしまい、結局、アニメ版を見ることに。目的はほぼ達成せずに、アニメ版で2シーズン楽しみました。

アニメ「賭ケグルイ」シーズン1、2

アニメ版をみすすめようと思った一番のきっかけは、主役・夢子の声。

あれ?書いたことある声、と思って調べたら、最近まで見ていた「鬼滅の刃」の胡蝶しのぶの声優さんと同じ!

話し方もそのまんまのは「いいのか?」って思うけど、どこか心に残る声。
声優とかはあまり気にしないので、声と名前が一致してきたのは珍しい。早見沙織さんというらしい。
というわけで、ほぼ、声目当てで見ることに

様々なギャンブルを戦っていく
というだけのストーリー
色んなギャンブルのネタや、必勝法を編み出していくあたりが「ライヤーゲーム」に似ているけど、基本、1話か2話で勝負がついてくれるので、スピード感があって見やすい。

キャラ設定とかはコテコテすぎて疲れる部分はあったのだけど、あっという間に2シーズン24話を見てしまった。

が、シーズン2の終わり方、中途半端すぎてびびる。
続きは気になるが、「鬼滅の刃」よりは気にならないし、声目当てだったのもあり、単行本を買おうとは思わない。そもそも「鬼滅の刃」すら単行本を買ってない。

このアニメに続編が作られるのかどうか分からないけども、可能であれば、忘れないうちに早めに見たい。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

アニメ「鬼滅の刃」シーズン1

人気があると聞いて、Netflixで見始めた

アニメ「鬼滅の刃」

初め、二話の途中までみて、断念してしまった。設定は面白かったけど、なんか仲間増やしてワイワイ系の苦手なのりなのかなぁと思って見るのをやめた。

ただ、テレビ見てても人気だし、海外の人のインタビューも「鬼滅の刃」が好きで日本来たとか言ってる人増えたし、ウェブの記事でも人気のあれこれ書いてあって、「十九話が神回」ってあったので、とりあえずそこまでは見てみようと思って再開。

修行のシーンもちゃんとありつつ、そこはスムーズに時間を流してくれたのもよかった。

もう、この辺りから一気見!

5話くらいから面白くなり、8話で大枠のストーリーがでてきたので、さらに、見やすくなり、深くハマる。

変な仲間がつくる和気藹々の変なネタの雰囲気、恐れていた展開が来たが、
笑える小ネタの応酬や善逸のキャラとつっこみの按配、そして、炭治郎への好感度が上がった後の展開なので、抵抗感なく受け入れられた。
少しスピード感落ちたけど、テンポはいいし、16話くらいからスピード感も戻ってきて!そして19話、確かに神回だった。

ただ、柱のキャラの濃さ。ジャンプっぽさがようやくドカンと、出てきてしまって若干ひく。なんかブリーチとか封神演義が頭にちらつく。
さらに、煉獄さん?は斉木楠雄のハイロにそっくりだと思ったら、声優も同じだし、集中できない。


あと、善逸、キャラがどこかでみたと思ったら、これまた、斉木楠雄の鳥束!ただ、鳥束の声優さんが、炭治郎の声!なんかごちゃごちゃしてくる!


とはいえ、アニメ26話、続きが気になる終わり方。アニメで気に入って、単行本を買いに行き、単行本の購入制限が本屋でかかるってのも納得できる気がするが、全巻揃えるべきなのか、迷う。

ジョジョはアニメは好きだが、単行本の絵はやはり苦手だし、

この作品もアニメの出来がいい作品なのかもしれない。そうしたら、アニメで見たいから続きを待つしかないのだけど、忘れそうだ。ってか、続きは映画なのか…おいおい…


誰か全巻持ってる知人を探して借りるか、

続きから買おうか…でも、揃えるほど気に入っているのか…迷う…

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »