« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月30日 (火)

赤ん坊はなぜバブーと言うのか

コロナ禍でも、娘は順調に育ち、そろそろ11ヶ月目。まだ歩けないけど、つたい歩きやハイハイで行動範囲が広がってます。

言葉もまだですが、最近は、しきりに「バブー」

色んなイントネーションつけてとにかく「バブー」

初めの方は、「アーうー」だったはずなのに、知らぬ間に「バブー」の嵐


漫画とかで、「バブバブ」言ってるのを見てきましたが、本当にこんなに「バブー」というのかと、びっくり。

なぜ、「バブー」なんだろう?

これって世界共通の音?日本だけ?

不思議。

こちらが、バブーに似た音を出してるわけでもなく何に反応してるの?言いやすいだけ?

いつまで続くか分からないバブバブライフを楽しみたいと思います。

 

話変わりますが、娘の寝かしつけは父たる私がほとんどやっておりまして、やっておるといっても、ほっとけば寝る子なので、我々のベットの横のマットに横にして、暗闇にして、寝るのを待つだけ。

最新は時々起き上がり、私を見つけたらハイハイして近寄ってきたりします。

先日、娘が寝るのを待つ間、自分のベッドの奥の方で横になっていたのです。もちろん暗闇。

娘、寝たと思ったら、静かに起きあがって、ただマットの上に座ってました。

泣くかなぁと思ったけど、静かに座ってる。

おくるみの端を触らながら、暗闇の中、ひたすら静かに座ってる。

そして、「漫画のように、この子はもしかして、既に喋れて、大人の前だけバブバブ言ってる、とかあるかもしれない」と思いたった私は、

娘が急に「かったるいわー」とか言い出してくれるんじゃないか?と暗闇の中、存在がバレないように息を殺すこと、数分。

ただ、ずっと座ってるのが、なんだか怖くなってきて、その瞬間に、娘に存在がばれ、ハイハイで寄ってきたのでした。

何のオチもない話ですが、バブーついでに書きたかったのです。

この時期しか聞けない赤ん坊独自の言語を堪能し、バブーの謎に迫りたいと思います。


| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

Netflixオリジナル「エルカミーノ」

4月から、英語の勉強でもしようと思って、昔見たドラマ「ブレイキング・バット」を英語字幕で見始めた。

分からないとこは巻き戻して、日本語字幕に変えたりしてたから時間がかかる。

そして、一度見たはずなのに、ストーリーを全く覚えてない。

ついでに、Netflixが続編映画を出してるのを知るが、覚えてないから、全部復習しなきゃならない。

もはや、途中から日本語字幕で普通に鑑賞。しかし、長い。シーズン5まである。各シーズン13話とか。

六十時間以上かけ、ようやく、復習を完了し、見ました!

「エルカミーノ」

スピンオフ的に気楽に見れるのかと思ったら、

シーズン5の最終話の直後からのジェシーの話。普通の続編映画です!

なので、復習してなきゃ、話の細かいとこわからなかったと思う。

そう思うと、皆、これをみるためだけに、60時間以上復習したのだろうか?

むしろ復習させるために作ったのか?

六十時間かけた甲斐があったかどうかは別として、続編としては普通に面白かった。

ただ、トッド!

数年経ってるにしても太り過ぎ!ちょっとの増減は仕方ないにしても、メインのジェシーは太ってないし、脇役のトッドが、メイン起用されてるのに、役者さん、なぜ、痩せなかった??

トッドの太りっぷりが異常に気になってしまうこと以外は、続編として普通に楽しめる映画でした。

この1ヶ月、ブレイキングバットの復習が義務のようになり、そのせいか、若干鬱気味だったのですが、とりあえず、ようやく解放されました。


英語字幕で英語勉強。つまらないドラマは続かないし、面白いドラマは結局今回のようになる。英語は普通にアプリで勉強しようと思います。

 

それにしても、自分の覚えてなさっぷりにはびっくり。おかげで、2度楽しむことができました。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »