« 39歳になりました | トップページ | 「マンダロリアン シーズン2」 »

2020年11月 5日 (木)

綿矢りさ「私をくいとめて」

発売されていたのを知らず、映画化のニュースを見て存在を知った作品。

既に文庫もでてるらしいが、本棚の綿矢作品はほぼハードカバー。迷った挙句に、ハードカバーを購入。

「私をくいとめて」

おひとりさまが好きな三十代女性が、脳内の語り相手Aと話しながら、他人との関わりを模索していく話。

ストーリーとしての求心力は、ほかの作品より弱かったけど、文章のリズムはよく、落ち着いて淡々と読み進められる。

そんなに大きな展開もないけど、読み終わった後には、

一緒にいてくれる人に感謝し、もっと大切にしなきゃなと自然と心温まる、すっきりとした気持ちになる。いい作品でした。

とはいえ、この映画化にのんと橋本愛?どの役でも年齢層が違う感じするけど…ほんとの歳より若く見えるイメージの女優さんだし。もう少し歳が上の方で映画化した方が、作品の雰囲気に合う気がしてならない。

|

« 39歳になりました | トップページ | 「マンダロリアン シーズン2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 39歳になりました | トップページ | 「マンダロリアン シーズン2」 »