2018年10月 7日 (日)

金魚の鉢替え

気温も下がり始めた頃なので、外に置いていた金魚の鉢を玄関の家の中に移動しました!
長い子で四年、その他の子は三年います(始めは三匹で、その子供達が6匹。昨年二匹が飛び出てしまい亡くなってしまってます)が、鉢も初めて新しいのに変えてあげました!





前は、プラスチック素材だったけど、ようやく陶器に変えられました。
少し小さくなってしまったので、金魚たちには少し窮屈かも。
鉢と共に新しくした水底の筒も、まだ怖がって、遊んでくれませんが…
慣れるまで時間かかるかな?

毎年、家の中に戻して驚くことがあって、
外に置くと、外敵が怖いのか、覗き込むとすぐに底に隠れるのに、
家の中に戻すと、安全なのを理解しているのか、覗き込んでと水面付近でフラフラと、餌をねだりつづける。

金魚の知能がいかほどか分からないけど、こういう変化を見せてくれると、見てて楽しくなります。

毎週の水換えも面倒ですが、長く平和に(飛び出したりせずに)暮らしていてほしいものです。

| | コメント (0)

2018年7月20日 (金)

フラノのケージ

何匹も犬を飼ってきたけど、私は犬をケージに入れるのが好きではない。

実家いる時、新しい犬が来ると、ケージが用意され、その中で暮らす時間が多かったのだけど、ケージにいるのが好きではない犬たちだったせいか、「出してくれ」アピールがすごくて、

二ヶ月くらい経つと、基本は部屋の中で暮らすようになり、ソファが定位置になり、ケージも知らぬ間に畳まれていた。

そんなこんなで、私の頭の中に、「犬はケージに入れないでのびのびと放し飼いにする」というセントラルドグマが植え付けられてしまった。

なので、保護犬のフラノが来た時もケージを用意しなかった。

保護犬だったので、ほんとなら狭い自分の空間を用意してあげればよかったのかもしれない。ほんとに全てに対して臆病だったフラノは、ただひたすらクッションの上で丸まり、水も飲まなかった、
徐々に水を飲み、ご飯を食べ、散歩にも慣れていったのだけど、その間もソファにいた時間が長かったせいで、フラノにとってのケージはソファになっている。

部屋の中ののびのびと歩けるエリアも徐々に広くなりつつあるけど、ソファから玄関までの空間は、まだ慣れていないらしく、玄関の前でしばらく立ち止まっては、安住の地ソファまで、一気に駆け抜けたりしている。

二階ある寝室は、一緒に寝ているので、フラノにとっては、もはや、第二の居場所。

ただ、うちに来たばかりの時に、ベッドの上で、ひらすらマッサージしてあげていたせいか、フラノにとって、ベッドは「寝る場所」ではなく、「かまってもらう場所」「遊んでもらう場所」と認識しているようだ。

なので、一緒に寝たとしても、二時、三時には起き上がり、「遊べ遊べ」と私の顔に犬パンチを繰り広げ、その度に私はフラノを一階に下ろして、安住のソファに寝かせる。

最近は眠りが浅くなり、体辛いので、ベッドにあげる頻度はかなり減っている。

ただ、日中は一緒にいれないので、可哀想だからと、ベッドに連れていくこともあるのだが、その度に深夜後悔したりしているのです。

ただ、最近の熱帯夜のせいで、夜もエアコンが必要。二階の寝室と一階と、どうにもエアコン代がもったいない。

そんな折に、とうとうケージを買わなければならない用事ができた。
ワイフの実家への帰省に、今年はフラノを連れていくことになったが、犬を飼っていないワイフの実家では、放し飼いはさすがにNGのようなのである。

そこでなくなく、折りたたみ式のケージを購入。

ただ、臆病なフラノなので、帰省の前にケージに慣れさせなければならない。
おとなしい子なので「出してくれ、出してくれ」アピールはさすがにないのだけど、慣れない家で、ケージまで慣れてないとさすがにストレスかなぁーと。

と、そこで、いいアイデアが浮かんだのです。

ケージを寝室において、そこで寝かす!

そうすれば、
ケージにも慣れされられるし、
ベッドの上ではないので「遊べ」と暴れることもなく、
少なくとも同じ部屋にいるので寂しさも緩和できるし、
エアコン稼働が寝室の一部屋で済む!









臆病フラノはそれでも始めは慣れない感じでしたが、
「出してくれ」と暴れることもなく、とりあえず初日はこちらもぐっすり眠ることができました!

素晴らしい!

ケージに慣れて来たら、「出してくれ」アピールが始まるかもしれないですが、アピールに慣れる前に、小銭袋ジャラジャラ作戦でアピールを覚えさせないように躾けていけたらなぁと思います。

小銭袋ジャラジャラ作戦って何って感じですが、これはまた別の機会に書きたいと思います。

暑い日が続きますが、皆様もワンチャンたちも熱中症にはお気をつけて!

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

フラノの腫瘍

病気がちなフラノですが、
お腹の調子がよくなったとおもったら…

珍しく、足先のカットを、自分でやっていたら、指の間にしこりがあるのを発見

これが普通の


これがしこりがある方


あまりはっきり見えないけど、直径1センチくらいのしこり。

前にあった皮膚炎かなぁとおもって病院につれていったら、腫瘍細胞が混じってるとのこと…

さしあたりは、局所麻酔で、シコリ全摘となりました。

ほかの部位に転移はないようなので、シコリ部位だけだったので、局所麻酔で済んだのでよかったですが。



テーピング外さないといいけど。
とったのが悪性じゃなきゃいいなぁと思いつつ、
次の通院の結果が気になる感じではあります。

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

犬と行ける動物園!伊豆アニマルキングダム!

犬と行ける動物園があると知って、早速行ってみました!

伊豆アニマルキングダム!




行きの運転で、「伊豆のトンネルは暗いなぁ。大学時代、免許取り立ての後輩の運転で旅した時の夜も暗くて死にそうだったなぁ」と思っていたら、ただ、サングラスをかけたままだったり、

動物園に至るまでの坂道で、うちのボロ車ちゃんが、アクセル全開なのに、なぜか加速しなくなって、三十キロくらいしかでなくなって、後ろが詰まって、「これ登り切る前に止まるんじゃないか」って焦ったりもしましたが、なんとかたどり着きました!

ちゃんと動物いるとこにもフラノがいける!
楽しいか分からないけど、普段見れない他の動物を見せることができて、嬉しかったです!









後半は結構積極的に攻めてたフラノ。
もちろん、動物さんに直接触れないようにはしてますよ!

人の混み具合も、天候もよく、暑過ぎずに、時期としてベストな感じ!

一周してもヘトヘトにならないくらいのちょうどいい大きさだし、意外にも動物たちが元気!

暑さでヘタってるかな?と思いきや、結構活発に動いてました!
しかも、みんな毛並みがきれいで、しっかり手入れされてる感じ!

我がフレンド、羊さんがいた時がテンションマックスでした!




個性的な動物も多くて、

園内に響くほど大きな声出すオウム



なぜかひっくりかえってるし、

こっちもひっくりかえってるアライグマ



ポーズがうまいミアキャット



素敵すぎるチーターの赤子たち!




背景の絵に同化してるミミズク



オウムに襲われてるカピバラ…



なんか、ヒトってのもいました…





展望レストランは、犬も一緒に入れます!



が、メニューが乏しいので、いくつか出てる軽食を食べるか、付近で犬が入れる食事処を探した方がいいかも(笑)

ドッグランもあるし、



見晴らしもよく、癒しにぴったり!

音楽がなぜか南国風なのが、解せませんが(笑

三時間かけて行って、三時間くらい滞在して、思った以上楽しめたから満足!

ただ、あの規模で2000円はちょい高めかなって気もするけど、従業少なそうだし、動物手入れされてたし、仕方ないかな。

チンパンジーのオリとかが老朽化激しかったりが目立ったので、そこらへんに使ってあげてほしいですね。


帰り道は少し混んだけど、まぁ、坂道はちゃんとスピードでたし(笑)、なにより、車で一時間以内でいつも吐いていたフラノのが、六時間以上のドライブを寝て過ごせたのが、今回の1番の快挙!帰りは疲れてたのはあるけど、運転席の後ろの床にボックスおいて、直射日光を避けたのが功を奏したのかも!

青森帰省時のドライブにも耐えられるかも!とちょいと期待持てた一日でした!

犬と行けるとこ、いろいろあるみたいなので、ちょくちょく連れて行ってみたいです!





| | コメント (0)

2018年4月 1日 (日)

狛江の花見とドッグラン

狛江に住んでそろそろ四年。
3度目の春ですが、今更、狛江にすごい花見スポットがあることに気がつきました。








多摩川の河川敷。
小田急線挟んで上流の方には、ほとんど行かなかったせいで気がつきませんでしたが、素晴らしい桜並木!

多摩川河川敷とあって花見できる場所もたくさんあり、今日でも、ブルーシート敷けるとこがまだまだたくさん余ってた!

駐車場が近くになさそうなので、そこらへんは不便っぽいかど、来年の花見は、何人か集めて是非ここでゆったりとビール飲みたい感じでした。

というか、小田急より下流側の河川敷はほとんど舗装されてないのに、上流側はちゃんと舗装してあって「綺麗な河川敷」になっている…
この違いはなんなんだ…
強い市議でもいるのかな…

河川敷は広いし、桜や梅もたくさん綺麗に咲いてるので、もっと綺麗に舗装してくれれば、他の地域の方々も来てくれて、市が少しでも活性化するんじゃないかって思ったりもしましたが、まぁ、きっと狛江にはそんなやる気はないような気もします(笑

帰り道に、
そのまま河川敷を下っていくと、狛江市管轄のドッグラン!
以前調べた時には、なかったはずなのに、こんな近くに無料のドッグランがあった!





フラノはあまり走ったりしないので、これくらいがちょうどいい!

大型犬用はほとんどいないので、ドッグランというより鳩の居場所になってましたが…





先週行った神代植物公園のドッグランでは交流ができなかったフラノですが、こちらの方が気があうのか、社交的な犬が多かったのか、比較的交流が多かったし、初めてドッグランでフラノが走る瞬間があったりし、ちょっと、いや、結構感動した飼い主の我らでありました。
走ったのもちょっとの瞬間ですが…
飼い主から離れて遠くまでとことこ探検していて、遅れながらの成長も嬉しいものです。




入り口とかは粗末な作りで、お金かかってない感じが満載なのが狛江っぽいですが。
自転車ですぐなので、神代植物公園よりは、こちらのドッグランにマメに連れていきたいと思います。

フラノはぐったりの、でも、いい天気の日曜日でした!

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

お蕎麦、お花見、ドッグラン

週初め寒かったから、満開はもう少し先かと思ったけど、金曜日からの暖かさから、もう来るだろう!と、ワイフとフラノのと、お花見がてら深大寺に行ってきました!

深大寺に行ったらまずはお蕎麦!犬も入れる店で、美味しいお蕎麦をいただきました!


さて、花見だ!と神代植物公園に向かいましたが、予想していた通り、植物公園内は犬は入れず…

公園の周りにも花見スポットあるだろう!
と安易に公園をぐるっと回るも…

公園内の遠くに満開の桜がチラ見する中、公園周りにはがっつりな桜がなく…

諦めつつ、そのまま、ドッグランに向かうと、
ドッグランの先の、名もなき公園が桜がわんさか!








満開ではなかったけど、人も少なかったし、十分にお花見堪能できました!
2枚目は、昔、ネイビーが撮った写真と同じ構図!

その後、ドッグランに!
2年前くらいに行った時は臆病満載で、ほとんど歩き回らなかったフラノ。

今回、心配をよそに、とことこと自分から歩き回れましたが…
ほかの犬との交流は5秒くらいで、すぐに離れてしまって、結局は、1人ポツンと、立ってます。
なんか立食パーティーの時の自分が彷彿とされてきて寂しい。
それなのに、自分からこちらには戻って来ることはなく臆病さは克服したけど、なんか不思議な雰囲気の犬になってしまったようです。





次に連れて来るときは、もっと交流できるようになってるのを期待して!

蕎麦も花見もドッグランも楽しめたいい休日でした!

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

私のミスでフラノの病症悪化…

慢性的な下痢と腹水胸水が溜まるようになってしまったフラノ。
薬も飲んでますが、一番効くのが食事療法のはずだったんですが。

私、この間、ぼーっとしてて間違えて買ってしまった…

これがいつも買うロイヤルカナンの低脂肪で


これが間違って買ったロイヤルカナンの高繊維


3キロも買ってしまったし、効能見たら似たような感じだったから、大丈夫かと思ってあげていたんです。
また、下痢したら、医者に連れて行って餌が原因が聞けばいいかってね。

そしたら、案の定、
昨晩から下痢をし始め、
先程、ワイフからの伝言で、「100%餌のせいだ」って。

似たようなものだと思ったけど、そんな違ったのね。
ロイヤルカナンの食事療法系のって展示会とかで見た時めっちゃたくさんあって、「種類たくさん出して買わせよう作戦か?」とな思ってたんですが、ちゃんと全部違うんだなぁ…ちゃんと仕事してるんですね、ロイヤルカナン(笑)

というわけで、低脂肪を買い直してです。
高繊維も結構な値段したので、どうしようかなぁ…
ずっと食べてた餌も合わないという理由で破棄だったし…会社に犬飼ってる人が増えたので、譲れるか聞いてみようかしら。

とりあえず、今まで推測の域を出なかったフラノの病名が、これにて、はっきりしたようで、
「腸リンパ管拡張症」

今のとこ根治治療なし!
食事療法と薬の対症療法のみ!
ってことで、「やっかいな病気」みたいです。

幸い、餌を間違えなければ、食事療法は効いているので、うまく付き合っていけたらと思います。

保護される前の生活にその原因があったのかと勝手に思ってるんだけど、
私のお腹の弱さが徐々にうってしまったのかしら?とか思いつつ。

遠出とかしていいのかどうなのか分かりませんが、なるべく楽しい時間を過ごしていきたいと思ったのでございます。

とりあえず、フラノが来た時、たくさん買った犬のマッサージ本を引っ張りだして、マッサージ療法も試してみたいもんです。悪化はしない程度に…

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

重症らしいが元気なフラノ

公演が終わり、ようやく、フラノの遊ぶ時間ができてきました。

昨年頭から毎月下痢をして、毎月診察して、餌を変えて、下痢は収まったのですが、

今度は咳が出てきて、診察行ったら、胸水と腹水が溜まってたらしい。
水を抜いてもらって、薬飲んで、一時期よくなって、その繰り返し。

先生曰く、かなりの重症らしいのだけど、それで下痢もせずに元気なのが不思議…

公演期間、その病院に預けてたのですが「ほんとに元気だったのね」と驚ろかれ…「体調悪いのになれちゃったのかね」と…そんな、私みたいな…

すっかり体重も落ちて、今まで重かったのは?水のせい?って思っちゃう。

2年前くらいにも咳がでてたけど、それは、別の病院で「太り過ぎ」と言われていたのだけど、今となっては、その診察に疑問を持ってしまう。

うちに来る前の4年間、どんな生活を送ってたのか、分かりませんが、そこらへんの生活のせいなのかしら…

まだ7歳ですが、そんなに寿命は長くないのかなぁと思って悲しくなるけど、なるべく一緒に遊ぶ時間を増やしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

咳は万病のもと

ここ一週間、フラノが咳をしていて、風邪かなぁ〜〜と思ってました。

病院に連れてこうか?って話をしたけど、
今年のペット保険の通院回数を数えてなくて、
今年は、フラノの下痢で結構通院してたからもうすぐ上限に達してしまうんじゃないかって心配もあり、
もう少し様子見よっかなって感じになってました。

そしたら、今朝、ワイフが「咳がさらにひどい」というので病院に連れていってもらったら、重症でした…

腹水、胸水が溜まってるって…
原因は淡白質の減少の腸症みたいで…

直接的な要因が思いつかないのですが、餌の可能性が高い…

フラノが来た時、フケがすごくて、
餌を色々変えて行き着いたのが、



この餌なら、太りやすいけど、フケはなくなる!と、
これを食べさせ続けてました。2年くらい。

そしたら、今年に入って、月一で下痢になり止まらなくなり病院へ、の流れがでてきてしまった。

その原因も、はじめはストレスかなぁ?とか思ってたけど、結局、餌を変えたら、ある程度改善された。
病院から出されたのが、



ネイビー飼ってた時に、ヒルズの餌の悪い評判を見て、いい感じがしなかったんですが、
実際にフラノのお腹の調子が落ち着いたので、こちらの餌に移行したんですが…

プロステージがまだ残ってるんですね、結構。
そして、ヒルズr&dは若干高い。

ちょっとケチさがでてしまい、
ヒルズがなくなったあと、残ってたプロステージをあげていたんですね…

それがだいたい一週間。

僕の記憶として、餌を変えるより前に咳をし始めたような気がしますが、曖昧…

なので、原因かどうかははっきりしませんが、
残ったプロステージは全て破棄が決定したのでした。

フラノ大事!大事!なはずなのに、
餌のことも、病院に連れてく判断も、
ちょっとした油断で悪い方向に行ってしまった…

まぁ、今日病院に連れて行けて、よかったはよかったけど。これ以上遅かったら大変なことになってたかもしれないし。

一瞬の判断ミスが大事につながるんだなって改めて感じた本日でした。

とにかくフラノが早く良くなってほしい、
まぁ、また、お金が飛んでいってしまうけど…

ペット保険様々!

ただ、上限にいかないように、
適用させる通院を取捨選択しなきゃだなぁ〜



たくさん犬飼いたいけど、
こうして病気になってしまうと、
経済的には1匹が限界かなぁとも思う。

とか、

保護犬をもっと受け入れたいけど、
普通に買った子よりやはり体調不安は残るかな

とか、
色々考えるけども、

とにかく、フラノに早く元気なってもらって、
いろんなとこに連れていきたいです。

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

緊張するとお腹痛くなるのはうつるらしい

私、今も、基本体調はあまり良くないですが、
小さい頃も、さほど強くはなかったんですね。

特に、お腹。

緊張するとお腹痛くなるってよくあるやつです。
今はその症状はほとんどないのですが、
中学受験の時とかは大変でした。

最近、フラノがそんな感じです。
二ヶ月前に一度出血性大腸炎になってから、これで3回目。お出かけしたり、他人がうちに来たりすると、はぁはぁ言い出して、下痢です。

出掛ける準備や他人を家に迎える準備をしてるだけで、
察するようで、そわそわしだします。

昨日は劇団員の方々がうちに来てくれたのですが、
フラノはちょっと挨拶だけさせて、
二階でお留守番してもらいました(笑

4歳で、どこかからレスキューされて、
ボランティア通じてうちにきたフラノは、

それはそれは臆病で、臆病すぎて、
ほとんど吠えない大人しい子。
うちにきて、2年経ち、だいぶ慣れたかな
と思っていましたが、
どうにも、心が繊細すぎるようです。

暖かくなったらドッグランでもいこうかと思ってましたご、
大腸炎が再発しない状況が数ヶ月キープできるまでは、
お出かけとかはお預けかなぁ。

人の心も難しいけど、
犬の心も難しいもんです。

早く元気になってもらわないと!

| | コメント (2)

より以前の記事一覧