2014年11月19日 (水)

もはや、何もできなくなっていたけど、
みんなの党、解党…

政策によって集まり頑張ってくれるとおもって応援してただけに、
結局、合併の指向の違いで分裂って悲しい。

そこそこ大きくなったけど、それ以降は大きくならず、焦ったのかなぁ。

少しずれても自分の党だけで頑張る気概があってもよかったと思うけど…

応援してた有権者のことはどう思ってるのかねぇ全く。

こうしてみると、派閥が色々あるにせよ、党としてまとまり続けてる自民党の凄さに感心せざるを得ない。

この状態で選挙とか言われても、もはや入れるとこがない。

こんなバラバラなら、いっそ、ごちゃ混ぜでも一つになった方がいいよ、野党…

投票率低そう…

| | コメント (0)

2014年7月 2日 (水)

集団的自衛権の行使容認。

ようやくか!

と思っていたのですが、

今更のような反発の反応が多くて、
なんだかびっくり眺めています。

特に、

戦争に繋がる!みたいな反論。

共産党とか社民党がお得意の極論反論に、
世論がのっかりかかってるのが驚きで、
同時になんか残念。

確かにそのリスクは上がるんだろうけど、
他のメリットだってあるだろう
そのリスクは減る側面もあるだろう
とか思いつつ。

自分は
全体的な考えとして保守ってわけでもないんだけど、国防とか外交は強くあってほしいなぁと思ってて、

経済とか宇宙開発とか、この分野で足を引っ張っていることもあるんだろうし。

まぁ、この件は
シビリアンコントロールの維持を第一に必要なんじゃないかって思っているだけですが。

あべさんも、
第1次内閣の時にできなかったことを、
きちんと進めてて、

1次内閣をほっぽりなげたから
政治家として嫌いだったんだけど、

この調子で、
TPPとか
法人税改革とか
農協改革も進めてて欲しい。

そして、

医療、介護、年金も!

スマホ税とかアホなこと言ってないで、
老人の医療費負担をあげるとか(笑)

久々に政治のこととか書くと、
まとまらないなぁ…

| | コメント (0)

2013年12月10日 (火)

結党からずっと期待して応援していたみんなの党が分裂…

仕方ないかもしれないけど、

支持者の気持ちとか考えてんのか?

ってきにはなる。
だいたいあの程度の規模で分裂してしまうようじゃ、
よしみさんも、江田さんも、
今後大きい団体を作り上げていけるとは思えない。

そこらへん、派閥に分かれようとも、野党になろうとも、集団として存続し続ける自民党のすごいとこなんだろうと思う。

一回割れることで、
より大きな集団としてまとまることを祈って。

ほんとの政界再編を起こしてほしいですね。

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

政治家の皆さん、
勝負に出てますね~

石原さんも、野田総理も、河村さんも、
そして、
維新の会と太陽の党、合流。

選挙協力だけじゃダメなんだろうか?
政策違う人たちが一緒になって、
その後、なにをしたいんだろう?
そんなでまとまって勝てると思うのは、
なんか、有権者をバカにしてる気がするよ。
まぁ、実際その程度の有権者なのかもしれないけど…

みんなの党も合流しちゃわないかな心配です。

今までアジェンダ掲げて頑張ってきたのに、
ここで、変なのと一緒になって、
飲み込まれないかどうか心配。

そして、
待ちに待った政界再編のチャンスなのに、
石原の古い政治?に引っ張られてる感じがなんか嫌…

石原さんはすごい求心力あるんだろうけど、
やっぱり、政策でまとまって欲しいなぁ~

経済政策でも、外交防衛でもいいから、
どこかにきちっとした政策の柱がないと。
何するんだか分からないような集団に、
政権とってほしくないだけどなぁ。

民主党も割れそうだし、
この際、自民も割れて、
政策ベースの政界再編が起こってほしいなぁ〜
と思います。

民間も世界との戦いに勝てなくなってきてる中、
そろそろ足を引っ張るのでなく、
後押しできる政治をしてくれないと困っちゃうぞ~。

でも、なんか、
野田さんの伝家の宝刀といい、
久々に政治が面白くなってきましたね。

だからか、
三宅さんが亡くなったのが、
余計に寂しく感じます。

| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

日本維新の会、旗揚げしましたね。

国政参加に異論もあるようですけど、
府知事時代に、実績と足場を固めて、
市長でまた実績を固めるよりも、

勢い的にも、
総選挙が近づいてる時期も含めて、
今がベストなのかなぁと思いますが、

なんかマスコミが騒いでるだけで、
実際選挙になったら、そんなに伸びないんじゃないかなぁ~

って感じもしますね。

しかも、人材不足に資金不足って・・・

勢い任せで準備不足すぎじゃ???

第3局として最終的に票を集めるのは、

勢いの維新の会か?

しっかり準備と国政としての実績を重ねてきたみんなの党か?

みんなの党に頑張ってほしいけど、

なんかパンチにかけるんだよなぁ・・・

陰ながら応援してます。

| | コメント (0)

石原伸晃は明智光秀か?

とマスコミで騒がれていますが、

そもそも、

総裁として減点も少なったけど、
加点にも少なかったガッキーを
織田信長に見立てることに無理があるぞ!!!

織田信長に失礼だ!

信長ファンは怒ってないのだろうか?

それにしても、自民総裁選。

阿倍は論外だし、
石原は早くも失言ばっかりだし、

消去法で石破さんしかいないじゃん・・・

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

僕が最も嫌いな政治家の一人が
安倍晋三である。

政策通なのかもしれないし、
テレビとかで見ると、しっかり意見を言っていてすごいと思うが、

いかんせん
小泉の後で期待された政権を投げ出した男

小泉政権のおかげで失われた十年以降から脱却しようとした日本を、再び突き落とした張本人に一人

だと思ってる。
一人のせいだけじゃないだろうけど、
張本人の一人ではあったんだと思ってる。

だから、嫌い。

それなのに、よくもまぁ、抜け抜けと、
総裁選に出馬???

決断する本人も理解できないけど、
それを応援する政治家も理解できない!

永田町にいると、
そういうことはどうでもいいことになるんでしょうか?
当選し、
リーダーシップを発揮できたとしても、
信じられないのは僕だけだろうか?

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

久々に政治のニュースについて書こうと思う。

渡辺・橋下氏、合流含め協議・・・

筋の通っているアジェンダのみんなの党は好きなのだけど、
維新の会と合流含め協議かぁ・・・・

維新の会とみんなの党は、
他の党と比べて、考えが近いんだろうけど、
橋下氏の教育系の仕事はあまりに好感が持てないので、

ちょっと嫌だなぁ・・・・

まぁ、渡辺さんも支持が伸び悩んでるから仕方のないのかもしれないけど、

みんなの党のままでも選挙はそれなりに勝てるんじゃ?

と思っているだけに、

選挙前に合流より、選挙後の連携!の方が
人気取りに走らず、筋を通してる感じがして好感が持てる。

合流するでも、みんなの党が主導権を握ってほしい。

そんなことを思ったニュースでした。

久々に、ニュースに関して書いたわりには短い・・・

| | コメント (0)

2012年4月 6日 (金)

亀井静香、国民新党離党。

自分が作った党にここまで、
足をすくわれるとは思ったなかっただろうなぁ。

しかも、あの歳になって!

亀井さんの政策には、
賛同できない所は多いけど、
こうなってもちゃんと筋通せるとこは、
やっぱりすごい政治家なんだろうなぁ~
と思う。

まぁ、
国民新党のことなんか誰も気にしてないんだろうけど(笑)

クーデター起こした人たちは、
どういうつもりなんだ?
これからどうするんだ?
今まで以上に影の薄い連立与党になるんだろうか?

のっとる方がてっとり早かったのかもしれないけど、
離党した方が印象よかったと思うのは、
僕だけだろうか?

まぁ、どっちにせよ、
影薄い、どうでもいいことなんだろうけど。

| | コメント (0)

2011年6月30日 (木)

蒸し暑い日が続きます。
そろそろ計画停電がまた始まるのでしょうか?

民主党も政府も、そして、マスコミも、

脱原発!代替エネルギー!

とは言ってはいるものの、
やる気も感じられず、
現実的な方向性は示されず、

でも、脱原発の嵐の中で、
一部の原発は停止し、
点検の原発は再開されず、

発電されるはずの電気が発電されず、
消費電力を抑えるはめになっております。

今回の事故で、
原発の危険性が改めて認識されたのは事実。
簡単に再開できない気運もわかりますが、

そうはいっても、もうのぼり調子ではない日本社会。
過去の栄光にはすがれない、下り坂の日本社会!

ただでさえ、ずっと停滞してきたこの国の経済が、
この電力不足の状況で、どうやって盛り上がるというのだろう?

電気は必要だし、今すぐに!の話は原発に頼らざるを得ない!

将来的に脱原発でいくにしても、
期限付きで再開し、その期限内に代替エネルギーを充実させるとか、
国の成長率がここまできたら、本格的に転換するとか!

とにかく今は、動くものは再開させていいのでは?

再開に際しては、
原発自体の問題は簡単に解決しないかもだけど、それとは分けて、
経産省とかの癒着とか制度的な問題、運用的な問題とかを、
まずは、きちんと解決していけばいいじゃん!

と思うのです。

経済復興が、被災地復興に不可欠なはずなのに、
電力不足のまま、ずるずる来ているのは・・・・・・

そして、煮え切らないのはマスコミも同じで・・・・・・

ヨーロッパのどこかで、原発の是非の国民投票があったらしいですが、
政治が決められず、決めたいけど、
関連企業・族議員が邪魔で決められないなら、
せめて、国民投票で、方向だけは決めてほしいものです。

そのとき、いろんな可能性を示し、
それをきちんとマスコミが評価をしていけば、
先が見えてくるんじゃないのかなぁ?と。

この前、原発の費用効率には、
将来の処理費用が含まれない!って報道がありましたが、
そういうのを含めた、
現実的かつ効率的な代替エネルギーの議論を期待したい。

まぁ、国民投票のための法整備すら整っていないこの国で、
国民投票が行われることがあるのかすら疑問ですが・・・・

この前、みんなの党の渡辺喜美が、

「誰がやるか」でなく、「何をするか」を議論する。
そうすれば、政策は進み、自ずと政界再編が起こる。

と言っていて、

その通りだな

と思います。

何をするでも、政治が変わらなければならない。
でも、政治家がその方向を向くには、
結局は、自分たちが変わらなきゃならないってことなんですよね。

選挙はまだないかもだけど、
じゃあ違う手段で!
政治を変える国民の変化。

と書いてはみたものの、

それってなんなんでしょうね?

地道なボランティア活動?
地道な経済活動?
地道な芸術活動?

書きながら、考えてみたけど、
全然まとまりません。

期待する「みんなの党」も最近影薄いし、
とりあえず、応援の意味でネット党員にでもなろうかなと思いつつ・・・・

支離滅裂な記事になってしまいました。
でも、日々考えて、そして、行動していきたいと思います。

また、なにかのときに、このこと、
ちゃんとまとめて書きたいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧