2018年5月18日 (金)

辻村深月「かがみの孤城」

ワイフが買ったのに、なぜか私が先に読むことになった。

辻村深月「かがみの孤城」

辻村深月さんの本は読んだことないのだけど、装丁が気に入ったのと、本屋大賞とのことだったので、読んでみることにした。


装丁からの印象で、ストーリー推しのファンタジーかと思っていたら、前半は前半ストーリー展開がない。
「これはストーリー推しじゃなくて、内省描写寄りなのか?」と途中でようやく気がつくも、そう思って読んでいなかったので、なかなかテンポが合わない。

しかも、不登校の中学生の話だから心も重くなる…
忘れかけてた中学生の心境を、こんなに深くよく描けるなぁ〜と感心しつつ、
「どうして自分は不登校にならなかったのか?」とか思いながら、どんどんと心が重くなっていき、読み進められない…

それでも、なんとか読み進め、300ページくらいからようやくストーリー展開スタート!
スタート、という感じで、ほんとに一気にスイッチを入れた感覚の展開。ここまで激しいスイッチは、あまり味わったことなくて、戸惑いつつ、新鮮味があったせいか、今までの反動か、がっと入ってしまい。
あっと言う間に読み終えてしまった。

前半の、思わせぶりな伏線をちゃんと綺麗に回収できていて、かつ、メッセージ性もきちんとストーリーにマッチしてる。
前半の飽きはなんだったんだと思うほど、後半の出来がよくってスッキリする!
ただ、前半は何とかしかったな…
本屋大賞だから面白いはず⁉︎と思って頑張って読んだけど、そうでなきゃ途中で諦めてた…
「なんでこれが本屋大賞?」って何度も思ったし。
でも、後半の質の高さと、良質なファンタジーとストーリーのマッチングを目の当たりにしたら、納得、脱帽といった作品でした!

ファンタジー好き、謎解き小説好きな方には、
前半ゆっくりなのを承知の上でオススメの一冊です!



さて、ここからネタバレです。

300ページ以降の展開がやはりすごい!

ただ、パラレルワールドと聞いた時、それより時間差の方がすれ違い感が出るし良かったなぁ〜と思ってしまう。パラレルワールドだとご都合主義すぎるってのもあるし。

とはいえ、不登校だからこそ、「話題にしない、話し合わない」内容にうまく合わせた設定に、丁寧さを感じる。

それと、ファンタジー好き、童話好きとしては、童話になぞらえてるのが、かなり気に入った!ただ、読んでるとき、「オオカミさま」の本性は赤ずきん以外の童話なのかな?って怪しんだりしてたけど、全然「7匹」の方に頭が回っていなくて、ちょっと悔しい…

とか思って読んでいたら、なんと、パラレルワールドでなくて、時間差だった(笑‼︎
時間差だと思って読んでいた時、この中の誰かが喜多嶋先生で、それはアキなんだと思ってたりもしてて、どうなのかなぁ、なかなか出てこないなぁー
と待っていたら、
「オオカミ様がリオンの姉ちゃん!」という全く予想しなかった展開をぶっこまれて、呆気にとられる。若干む無理やり感があるけど、なんか鳥肌くる展開!
そして、「お城のモデルがドールハウス!」

そういう繋げ方か!しかも、姉ちゃんの死後の技ではなく、生きてる時の技、死ぬ間際の技って!

うまさに呆気にとられて続けていると、
喜多嶋先生とアキが繋がって少しはホッとしたりする。


オオカミ様と喜多嶋先生とも何かつながりがあるかと思っていたのだけど、なかなか見えてこなかったですが、

姉ちゃんの医者からのつながり!…細かい伏線まですごく手が込んでいる。

さっき書いたけど、
前半の、思わせぶりな伏線をちゃんと綺麗に丁寧に回さてて、かつ、メッセージ性がストーリーにマッチしてる。
後半はほんとに面白さとともに、小説としての質の良さを感じさせる一冊でした。

前半の内容も、後半の展開のために、心理描写のために必要なものだし、緩急の振り幅があるからこそ入り込み感も高くなるのかもしれないけど、
やはり、もうちょっと前半に、後半での魅力が欲しかったなぁ〜と、勝手に残念がっております。

世界観やストーリーの繋げ方は好きだったし、なざか「良質さ」を欲してるいる時期だったので、今の私にはちょうどいい作品だったかもしれない。

というわけで、辻村深月さんの他の作品を何作か読んでみたいと思います。
ってか、辻村深月さん、一個上か…

この作品も、若すぎる人には、分からない昔の常識とかあるから十分に楽しめないかもなぁ〜と思うと、少し得した気分になったりもしました(笑)

| | コメント (0)

2018年3月28日 (水)

阿刀田 高「やさしいダンテ〈神曲〉」

数年前に、ミルトンの「失楽園」を読もうと思った私ですが、20ページほどで挫折した経験があります。

ワイフが見てた「鬼灯の冷徹」のアニメを見てて、気になってきたので、そろそろダンテの「神曲」を読んでみようかと思ったのです。

あわよくば、それをベースに小説でも書こうかと思ったりもしたのですが、「失楽園」の苦い記憶があったので、手始めにこちらを読んでみたのです。


阿刀田 高「やさしいダンテ〈神曲〉」


その名の通り、ダンテの「神曲」をわかりやすい日本語で概要だけを書き、途中で時代背景まで説明してくれる
って本。

この本を読んで概要をつかんだ後に、全文にチャレンジだ!

と意気込んでいたのですが、結果、これも挫折しました。

分かりやすく書いてくれているのですが、途中から似たような話の繰り返しで、
挫折しながらまた読んで、を繰り返していたのもあり、どこまで読んで、どこから読んでないかすらも分からなくなってきて、耐え難くなり、やめました…

ここらへん、歳とって意思が弱くなったのか、融通が利くようになったのかってとこですが…

なんとなく

こんな話だったんだなぁ〜

って大まかすぎる概要だけをつかんだ感じ。

普段、挫折した本はブログに書かないのですが、
何度も再チャレンジして挫折したので、今回は書き留めておきます。



| | コメント (0)

2018年3月17日 (土)

ダン・ブラウン「オリジン」

英語版が出てからどれくらいたったか、ずっと待ってた日本語版が知らぬ間に出てて、ばっと買って、ようやく読み終えました!

ダン・ブラウン「オリジン」

ストーリーの展開の流れとかを考えると「サスペンス的な小説」としては「中の上」くらいの印象ですが、
テーマ内容の面白さは「ダヴィンチ・コード」に次ぐ、むしろ、超えるくらいのインパクトと面白さ!

読んでる間に、こんなに色んなことを思い出し、考え直したのは久々の経験で、日本語版出るのを今か今かと待ちわびて、かなり期待して買ったけど、期待した以上に面白い作品でした!

色んな分野が混じった話ではあるけれど、特に、生物学をかじった系の方々、進化に興味がある、知識がある方々には是非とも読んでもらいたい!高校で一緒に生物勉強したて友達とか、大学の学部時代の友人達にはほんとに薦めたくなった!
今、こうしてゆっくりとブログに感想書くのも楽しみな感じも久々で、嬉しい!

無神教の国のせいなのか?日本では他の国より人気なさそうな印象はあるけど、(そのせいで翻訳が後回しにされてるのかもだが…)これは是非とも読んでほしい!


さて、ネタバレの感想です!


カーシュの発見の内容を引っ張りすぎて、というか、じらすぎて、その他のストーリー部分(サスペンス小説的な要素)は、今までよりも単調な感じで魅力は低いけども、やはり、カーシュの発見の内容自体の魅力が強い。

この本を読んで、改めて、
自分が生物学を好きになったのは、動物好きってのもありましたが、一番は「進化」に興味があったからってことを思い出した。(まぁ、研究やめたのは、それに近い研究ができなかったものあったかもしれないけど…)

ダーウィンの進化論自体は、社会的に広い認知はあるけど、自分の理解として、「適者生存の概念」と「遺伝子複製の概念」が結びついて、腑に落ちた瞬間に感じた知的好奇心の満足感を思い出した。

なので、後半のカーシュの発見の内容の描写部分が一番面白かった。
思っていたよりもぶっ飛んだものでなくて、一瞬拍子抜けして、がっつりの科学的な形での描写でびっくりしつつかなり、興味深く読めた。
逆に、科学の素養がない人だと楽しみにくいのかも…とも思ったが…

「ダヴィンチ・コード」はキリスト教の素養がないと楽しめないなと思ったのと同様な感じで。

美術の素養はなくても、読んでてなんとなく楽しめるけど、カーシュの発見部分は、
(浅くても)広めの理系的な素養、特に、生物学とか進化の素養がないと、理解するのに時間がかかり、純粋に楽しみにくいかもなって。
(そうでもなかったら、すいません)
(逆に、進化とかに興味がありそうな友人には是非とも読んで欲しく、ほんとにお薦めしたい!)

しっかりとした素養があるわけじゃないけど、
高校も文理分けなしだったり、大学も専門以外も学ぶ「教養主義」の所に行っていたお陰で、こういう本を楽しめているって思うと、
「教養」ってのは(仕事云々は別にして)色んなことをより楽しめるための土台でもあり、大事なものなんだなって、この本を読めて改めて思って、親や先生たちに感謝の念を抱いたりもしました。

「エントロピーの増大」とか昔ちょっとかじっただけだっけど、理解の助けになったし、初見の内容だったら、もっとイメージしにくかった気もするし。


ドーキンスの「利己的な遺伝子」以上に説得力がある、というか、それを裏付けるような「エネルギー散逸のための進化、その結果の物体の一つであるヒト」

かなり腑に落ちた、新たな進化の概念にゾクゾクした。

ただ、やはり、ヒトに分かる、科学で分かることは世界の一部でしかなく、宗教というものもやはり必要で、なくなることはないように思える。
まぁ、それを「いかに見るか」が、「いかに生きるか」なんだろうけども。
もともと進化論を興味がある、少し離れ目のキリスト教徒なので、宗教観的なインパクトは、思ったより強くなかったけど。

物語の話にもどすと、
後半のサスペンス部分、サイホの正体とか、モンテの正体とかの下りにも、気にはなったけど、そこまで、食いつきの対象ではなかったが、やっぱり少し残念。
アンブラを疑いつつ、前のシリーズは「そんなだったからないな」とか思いながら、ウィンストンは後半あたりから予測の一つではあったので、大きな驚きにはならなかったし…

ただ、最後の方を読んでいるとき、カーシュの発見について、改めて考えてイメージしてみた。
AIとの融合。
部分的な融合ではなく、脳にAIが組み込まれた新たな種族を想像すると、ほんとに今の人間は古代人となるんだろうなぁ〜。
想像できないレベルの可能性の広がり。
すごい!と思いつつ、ちょっと怖い。

テクノロジーに対する見方を改めて見直し、考えるきっかけになったし、
行き詰まりつつあるSF映画のAI物のストーリーも、このカーシュの予言を踏まえたら、新たな創作が生まれ、全く新しい面白い域に達するのではないかとも期待もしたり…ね。
まぁ、カーシュの発見が、最先端技術の方々の中ではもはや当たり前のことなのか、私のように斬新に映るのはのかは、分からないけども。

まぁ、今回は、
宗教、美術だけでなく、物理、生物、AIに至るまでの深い理解に、ただただダンブラウンのすごさを今まで以上に思い知らさせた作品でした。

久々に、ほんとに、色々考えさせられたし、「分かりやすさ」に流されがちだった最近の私にとっては、「考える」ことの楽しみを思い出させてもらえました。

同時に、新たな興味という意味では、チャーチルに心を惹かれた。まずは、近々公開されるだろう映画を観に行きたいと思います。

なんか、まとまりのない感想になってしまいましたが、それだけ、色々刺激されたからかもしれません。

大満足!

| | コメント (0)

2018年3月14日 (水)

向山貴彦氏、逝去

映画や小説、アニメもですが、ファンタジー好きな私ですが、その中でも、もっと好きなファンタジー小説の一つ「童話物語」の著者・向山貴彦さんがお亡くなりになったニュースを2、3日前に知って愕然としました。

そのニュースを知った時、
「童話物語」で描いた魅力的なファンタジーの中のどうしようもない切なさが自然と心に溢れてしまいました。

まだ、47歳とのこと。「蛍の群れ」も4巻まで出ますが、それもまだ完結はしてないし、「童話物語」に並ぶような新作を期待していただけに、残念で仕方ありません。

自身の健康に、再び気をつけてようという気にもさせていただきつつ、今できる創作も、今できるだけ頑張ろうという思いも抱きました。
ただ、そんなことよりも、ほんとに残念で仕方ありません。

ご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

「ジョジョの奇妙な冒険 第五章」

今更ながらアニメで見始めましたが、アニメは四章まで!続きが気になったので、第五章推しのワイフがコミックをツタヤでレンタルしてきてくれました!

「ジョジョの奇妙な冒険 第五章」

ジョジョの絵はごちゃごちゃしてて、分かりづらいから、やっぱりアニメで見た方が見やすいな、と思いましたが、面白くて一気に読み進めてしまった!

第三章から第五章の中では第五章が一番面白かった!
第三章みたいにきちんとストーリー軸があるから先が気になるし、展開が早いから中弛みが少ないし、
スタンド能力のバラエティやラスボスとの対決シーンの面白さも、第四章に劣らず!

チームとしてのスタンド能力のバランス感がよかった印象がある一方、一番気に入ったキャラが思いつかない。強いて言えば、ジョルノかなぁ。スマートさがジョースター家を感じられてよかった。でも、なんか、ディオの隠し子設定の割には、ディオの要素があまり感じられなくて、ちょっと残念。
ポルナレフの再登場は、なんか結構嬉しかったけども。

そろそろ、普通の本を読む習慣に戻らなきゃなぁとか思ってるので、第六章は落ち着いたら読みたいと思います。

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

アニメ「七つの大罪」

見るものが他にあるのに、なぜか見始めて、優先して見てしまった。

アニメ「七つの大罪」

世界観が「ダンまち」みたいだぁとか思ってたら、むしろ、キャラ設定の方が「ダンまち」と同じで、特にエリザベスの純粋すぎてイライラさせる感じのキャラとかバンの突っぱねてるけどいい奴キャラとか…

ただ、何気なく乳やケツを触る主人公やそれを嫌がりつつも明確に拒絶しないエリザベスの描写が目立ってひいてしまう。昭和のおじさんをなぜここでわざわざ表現し、それを拒絶しない女性像をなぜ可愛さとして描いているのか…これを読んでる少年への無意識の刷り込みのような感じがして、「冗談として処理すればいい」以前に笑えない。

まぁ、後半にいくにつれてそういう描写が少なくなっていき、純粋に物語に集中しやすくなったので、一気に見てしまった。
聖騎士長の企みと様々な人間関係が徐々に繋がっていく感じがいいし、展開も結構早く、微妙なシーンがちょいちょい入るけど短めだから、気にせず見進める!
七つの大罪のメンバーが順番にでてくるとわかっていながら、出てくるを楽しみにしてるし、でも、アニメだと最後の一人が出てこないで終わってる(笑)

最後のシーンのホークが盾になるシーン
「ホークちゃん!」って感じで、結構感動してしまった。っても、なぜか生きてる。嬉しいけど。

アニメ見終わって思い出すのは、昔、誰かに漫画を借りて読んだんじゃないか?って記憶。
その時は、エリザベスはうざいけど、ビジュアル的には好きだから肯定的なイメージだった気がするけど、アニメになるとウザさの方が増してしまっていて、イメージが悪くなってしまったのが、悲しい。

結構面白かったので、続きは漫画で読みたいと思います。前に誰に借りたか、曖昧には覚えるのだけど、確信がないから、確かめなきゃです。「もう集めてない」って言われたらショックですが…


と、思ってたら、huluに続編入ってた…今やってるのも入ってるし。
なぜか、シーズンじゃなくて、関連作品でリンクされてて気づかなかった。

また、見続けないといけなくなりました(笑

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 第四部」

一部から回を追うごとに見るスピードが落ちていますが、ようやくアニメ、見終わりました!

ジョジョの奇妙な冒険 第四部

色んなスタンド使いが出てくる割に、第三部のようなメインのストーリーがなかなか出てこなくて、かなり中弛みし、見るのを休止していた時期が何回もありましたが、吉良吉影の話が出てきてからは面白みが上がってきて面白かった!

特に、「ラスボスとの戦い」という点においては、今までラスボスまでは長い戦いなのに、ラスボスは強すぎて逆にあっさりしてたのに対して、吉良吉影との最後の戦いは、心理戦や策略も含めても第四部の中で一番面白く、見終わった後の満足度は高い!

そして、川尻早人くん!精神の成長もそうだけど、どんどんとスピードワゴンさん化していくあたり、一気に株が上がった!
このシリーズで一番好きだったのは誰だろう…
宇宙人くんが結構好きだったかな。幽霊とか宇宙人は反則だろうと思いつつ、まぁ、波動もスタンドも空想だからなんでもありか。億泰も結構好きだった。
とはいえ、スタンド使いでないのに頑張ったスピードワゴンさんの系譜の早人くんってことにしておきます。
承太郎があまり活躍しなかったのは残念だったけどね。

シリーズの中では第一部がやはり一番ですが、このシリーズのアニメは色使いも面白いし、出てくる女性キャラが全員キレイなので、絵的には一番好きでした!

第五部以降は、アニメ化を待つか、単行本をレンタルでもして読んでしまうか。迷うとこです…

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

半藤一利「幕末史」

大河ドラマ「西郷どん」に影響を受けたわけでなく、読み始めたのは、三ヶ月前くらいですが、ようやく読み終えました。

半藤一利「幕末史」

きっかけは父親が貸してくれた本で、「明治維新の長州藩は実は…」って本だったのですが、「実は」って言われても「そもそもの通説」を知らないので、全然楽しめなかったのです。

じゃあ、勉強し直そう!と思って、「昭和史」でお世話になった半藤一利さんの著作を探したら「幕末史」があったのです。
実は、「昭和史」も再度読みたいと思ってたんですが、やはり、その前に、明治維新をちゃんと勉強しておく必要があるなって思ってて。

ちょい時間かかってしまいましたが、非常に分かりやすい本でした。「明治維新」を絶賛でなく、どこなく斜めに見ている辺りが、分かりやすさを助長してるのかもしれません。

明治維新なんて「尊皇」「攘夷」って言葉しかしなかったんですが、なんで、その二つの言葉が前に出てきてるのかよくわかってなかったですね。

結局は

「開国」か「攘夷」か というカテゴリと
「尊皇」か「幕府」か というカテゴリが、
ごちゃ混ぜになってただけ。
それとは別に目先のお金だけで動く「公家」
その日の生活がかかった「庶民」の不満の行きどころ

が疼いて、偶発的な部分も重なって、明治維新が起こったんだなぁ〜とか。

「開国」でまとまったのに、西の方たちが自分たちのために、戊辰戦争起こしたんだなぁ〜とか

最後に反乱を立て続けに起こしたのは、それでも、西の方たちかと思うと、なんだか東北勢の従順さがすごいなぁ〜とか

とだいぶ見方が変わりました。

天皇家も「万世一系の支配」「なければ日本はまとまってなかった」というよりは、
戦国も明治も「統治に利用されるの存在」だったのね。
まぁ、それでも「なければまとまってなかった」とは言えるのかもしれないけど。

そして、この本は、西南戦争、西郷とそれに続く、大久保の死で終わる形になってます。

そんなこんなで、色々考えながら読むの時間かかっていたら、「西郷どん」が始まり、「幕末史」で読んだ内容がちらほら出てきて、楽しさに繋がりつつ、記憶が曖昧になってる部分もあり、気持ち悪さも感じています。

まぁ、私はどっちかというと心情的には「幕府」派なので、薩摩の内情とかはどうでもいいので早く舞台が京都や東京に移ってほしいんですが…

「幕末史」のおかげで、西郷隆盛のイメージも、単なる「士族上がりの軍人」から「軍人なのに多くに慕われるすごい人」に代わり、この大河ドラマもしっかり見続けたいなと思いつつ、やはり、記憶の曖昧さが気持ち悪い。ドラマに合わせて、もう一度、この本を読んでみようかなぁと思ってます。

本屋で、色々「幕末史」ものがででますが、勉強するなら、この本がホントにおすすめです!

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」

芝居の準備や稽古や仕事、そして、忘年会に追われつつ、合間を縫ってようやくアニメで見終わりました。

ジョジョの奇妙な冒険 第3部

1、2部よりも話数が多くて、力の入れそうが分かります。
何気になく知ってる「スタンド」というものがようやく出てきましたが、ほんといきなり感が強く、
代名詞みたいなものがこんな無理矢理に入ってきたんだ。
と驚きが隠せなかった。冒頭。

すごく「ジャンプ」っぽさが強くなった感じをうけました。あんまり、覚えてないけど「聖闘士星矢」をすごく感じた(笑)

この章で一番好きだったのは、やっぱりイギーになっちゃう犬好き。ホルホースさんもかなり好きでしたが。

一番好きだった枠の説明係の一般人は今回はいなくて、能力がそれぞれ説明係をやってた感じでしたが、ポルナレフですかね?やっぱり、そのメインは。

ただ、生き残り続けたポルナレフ、作者のお気に入りなのか、ちょっと可哀想な気がした。
そして、二回もすぐに死んだ、アヴドゥル。逆に作者に嫌われてたのかしら…

第2部のジョセフの、「策士」感が結構好きだったのに、歳をとったせいか、あまり出てこなく、ギャグ要員の色合いが強かったのが残念。

承太郎にその役割を負わせるためかもしれないけど、ちょっと残念だった。

ラスボス強すぎて、逆にあっさりやられる感じは、今までと同じ感じだったけど、じゃなきゃ、終われないから仕方ないんだろうけど。
バニラアイスの方が最強感出てた(笑)

あまり褒めてないけど、結構面白かったです。
初めて聞いた時、ものすごく「ださい」と思ったオープニングソングも、最後の方には病みつきになっていたしね。
とはいえ、なんだかんだで、まだ、第1章が一番好きな私(笑)

アニメ第3部で終わりだと勝手に思ってたけど、Huluに第4部まで入っていたので、お正月の楽しみになりそうです。

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

「ジョジョの奇妙な冒険 Part2」

時間の合間を見て、見進めております。
アニメの

「ジョジョの奇妙な冒険 Part2」

濃いキャラクターや戦闘シーンが増えた感じがあるし、
ジョセフのトリッキーな部分で楽しめましたが、
なんとなく、Part1の方が好きな感じがありました。
アニメだけかもしれませんが、物語の濃縮度とか、精神的な葛藤とか。

エリナさんはやっぱり身ごもっていて、その息子ジョージと、
船で助けた女の子リサリサことエリザベスの息子がジョセフ。

ちゃんと聞いてないと聞き逃しそうな関係性(笑)

Part2で一番好きだったのは、なんだかんでシュトロハイム大佐かな。

Part1の老子もそうだったけど、リサリサが案外活躍しないのはなんか残念。
ジョジョに焦点をあてるのは仕方ないけど、師匠の戦いっぷりをもっと見せてほしかったなぁというのが、勝手な感想ではあります。

このアニメを見てると、ジョジョ好きの大学の劇研の後輩の芸風を思い出し、
彼の芸風はここらへんから来ていたのかな?と勝手に思ったりしてました。

さて、ワイフが見ていて、気になったきっかけとなったPart3に突入です。

ウォーキングデッドのシーズン8も、フォースの覚醒の復習も見なきゃですが、
芝居の作業の合間に見るのは、アニメの方が見やすくて、ついつい見てしまいます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧