2017年9月27日 (水)

沼田まほかる『ユリゴコロ』

読む本なくて、映画の予告が流れた時に、
ワイフが「この原作面白いらしいよ」といったのでよんでみた。

沼田まほかる『ユリゴコロ』

面白い!傑作!面白すぎて、一気に読んでしまった。
電車で読もうと買った本なのに、帰って家で最後まで読んでしまうくらいの面白さ。

アゴタ・クリストフの「悪童日記」を思わせる無機質の怖さを備えた
湊かなえの「豆の上に眠る」に似た「本当の家族?」という疑いから真実を探るストーリー

「本当に違う作者なの?」ってほど、「豆の上に眠る」に流れが似てて、でも、ファンタジー要素が無機質感に入れ替わってる感じ。

しかも。その無機質感の描写が秀でていて、取り憑かれ、本当に「悪童日記」がまず頭に浮かぶ。

まぁ、「悪童日記」読んだのはだいぶ前なので、
あまり覚えてないけど…
自分にないはずの感覚を書けるのってすごいなぁ〜〜
もしくは、この方にはある感覚なのかもしれないけども、
自分では感じ得ないあの無機質な感覚を、こちらもあるように感じてしまう描写と流れがこの話の魅力だと思う。もちろん、ストーリー的な謎解き部分の「早く知りたい!」感も半端無いのだけど。

そして、『ユリゴコロ』というファンタジっくな造語が、この世界観を形作っている。
作品特有の造語がうまく使われるのが好きな私は、そのおかげもあり、がっつりはまったのかもしれない。

あとは、実は登場人物がめっちゃ少なくて、最後には、綺麗にまとめあげてるのも素敵。

次の公演用に一場物を書いて、登場人物が少ない分の細かい描写に散々苦労した後だけに、さらなる脱帽感(笑)

沼田まほかる、他の作品も読んでみたい!

映画がどうなってるかわからないし、見る予定ないけども、この作品はおすすめです!

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

湊かなえ『夜行観覧車』

装丁が気に入っていて、気になっていた作品

湊かなえ『夜行観覧車』

とある高級住宅街にある、反抗期の娘がいる家の向かいの幸せそうな家で殺人事件が起きました

ってな話です。

湊かなえは、人のダークサイドの描写が上手なので好きですが、この作品は出てくる人、出てくる人、しょうもない人間で、しかも、ダークサイドメインで描かれ続けるので、正直、心が持たなくなる。

読書モードの時期である私は一気読みをしがちなはずなんですが、連続で読むのに抵抗を感じ、休み休み読み進めるのが、やっと。

後半、一応、救いのある展開が見え隠れしたあたりは、なんだかんだで嬉しかった。

昔は、暗い話が過ぎだったし、救いのない作品ばかりを作っていたのに、畳み掛けられ過ぎると耐え難くなるのは、やはり歳のせいでしょうかね?

きちんとダークサイドに向き合った丁寧な描写で、最後は(少し)前向きになれるいい作品な気がするけど、なんにせよ、疲れました(笑)

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

湊かなえ『豆の上で眠る』

台本書き終えて、ようやく本が読める余裕がでてきました。
新大阪から帰りの新幹線が暇だったので、メモしていた読みたい本リストから一つ選んで買いました。

湊かなえ『豆の上で眠る』

面白くて、新幹線で300ページ読んで、帰ってから残り全部読んじゃいました!
台本書く前とかに、二、三冊途中で挫折が続いてただけに、久々に合った本に出会えました!


行方不明になった姉が帰ってきたけど、本ものの姉に思えない
ってな話です。


入りの感じは弱く地味な感じだけど、でも、どんどん入り込める文体。
今、芝居作ってて、次の稽古で
「こういう入りが一番難しいし、実力が必要だから、私は今回はこういうトリックを使うよ(笑)」ってのを話そうしてた矢先に、このレベルの入りの素晴らしさに出会ったので、脱帽とともに感激。


ここからもうネタバレですが…


読み進める中で、残りページ少なくて心配してた通りに、最後の種明かしが、説明セリフの連続で、残念。
それまでの、どっぷり浸かり込んでいた細かい機微を表現していた流れと変わってしまった。
もっと長くしていいから、後半も大事に描いてほしかったかな。

ただ、主題からすると、あの終わり方がしっくりくる終わり方だし、
終わり方からすると、種明かしは短く抑える必要があったかもしれない。

ってか、あの救いのない、答えのない、あの終わり方の不条理な感じ。好きだなぁ〜〜
不条理感な小説好きだったのを久々に思い出させてくれましたね。
こういう感じで、一般受けできてるのは、やはり、文体の魅力なのかぁ、絞り方によるわかりやすさなのか。


姉がどうか疑う流れ、姉は何者なのか探る流れの時は完全にどっぷり浸かっていたし、そこはクライマックスに近いので、必須条件ではあるのだけど。
やはり、そこに行くまで、ゆったりとしていつつ、細かい機微の表現とリズムの良さが素敵。

なんか主人公のイメージが、劇団員の子のイメージに合致したのも、入り込み易かった一因かも。
頭の中でも映像化がしやすかった(笑

そして、本ものって何という、このテーマ。
考えさせられる。
昔、
「兄弟姉妹ってなんだろう、仲良い友人たち何が違う?」って思った時に、
「血縁っていうより小さい頃から一緒にいる人たち」って言う方が腑に落ちた私。
あんまり血縁を、重視してないせいか、犬たちも同じような考えを抱いている。

今のフラノを十分に可愛がっているけど、
前のネイビーへの愛情は、今のフラノよりはなんか大きい気がするし、それはやはり一緒にいた時間の差なのかと思う。
だから、「今は、少し足りないかな」と思っても今の時間を大切にすればいいと思える。

そんなだから
ブランカの下りは、気持ち悪くなるほど許せない…

まぁ、母として仕方ない感情なのかもしれないけど、
いなくなったとか、人に譲ったとか、ちょっと受け入れがたい。そこらへんも、主人公に感情移入できた一因かな。

そういう考えなので、入れ違いは不幸だけど、私自身はは血縁の家族より育ての家族の方が重要な気がする。

だからこそ、何年たっても、一緒の時間を過ごしても、受け入れられていない「血縁の姉」の心境がたまらなく切ない。


湊かなえの作品、なんか、好き嫌いあるけど、
この作品はかなり気に入りました。

| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

『東京喰種 トーキョーグール』

会社の人に勧められて、でも、漫画を買ったり借りたりするのが面倒なので、huluのアニメで見ています。

『東京喰種 トーキョーグール』

もうシーズン2も後半まで進んだけども、面白い!

漫画を買いたくなるくらい面白い!

設定や流れとしては、『亜人』にすごい近いけど。
『亜人』よりも、大衆向けの登場人物設定というか、
アニメとラノベとか好きそうな方々が好きそうなキャラ(←勝手な偏見)をこれでもか!ってくらい揃えてる感じがします。

プラスして、シンジ君要素が強かったり
ジャンプ的な戦闘要素も強いかも。

シンジ君要素は、最近欲してませんが、
豊富なキャラ勢は、話が停滞したあたりで、助けられるし、大枠の戦闘集団同士の戦いとかあるとやっぱり盛り上がらるなぁ〜

と、最近、『亜人』に飽き始めている私は、そういう差が気になってしまったりしました。

少女趣味はありませんが、ひよりの描写がいきなり可愛くなったのが気にかかります(笑)トーカの性格をきつくしたせいで、そっち寄りにしたのかしら。
まんまと豊富なキャラ勢の思惑にハマってる感じの35歳。

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

湊かなえ「高校入試」

本屋を歩き回ってもピンとくるものがなく、
湊かなえを選びました。

湊かなえ「高校入試」

初めて読んだはずなのに、
どこかで読んだことある既視感!

保護者がDVDみてるくだりを読んだ時にそう思い、
答案用紙のくだりで、確信!

でも、全く読んだ記憶がない!
このブログにも記事書いてないし、
結末なんて全く覚えてないし。

でも、なんか活字で読んだ記憶…

おかしいなぁ〜〜とワイフに話したら、
ワイフがこのドラマを見てたらしい。
「あなたもちょっと見てた」と言われ、
その記憶がごっちゃになったか…

でも、活字の脳内映像の記憶だと思ったんだけどなぁ〜
ドラマの絵がマッチしてたのかしら…


小説としては、
登場人物が初めから多くて、読み進めるのに何度も相関図見なきゃならないのは、大変だったけど、面白くはあった。

まぁ、結末には納得いかないけども(笑)

なんだか、中学、高校、大学といろんなとこに落とされて続けた記憶が蘇ってきた(笑
あの頃はよくもまぁあんなに勉強してたなと今更ながら思うけど、
それでも、落ちた時に、採点ミス?とかは思ったことはなかったなぁ。
まぁ、落ちる時はだいたい受けた時に分かるけどね…


ここからネタバレ


なんだか、荻野先生、春山先生の動機が、理解はできるけど、それにしても、他の生徒に迷惑かかるようなことする?そんなの本末転倒じゃない?とまぁ、納得できないこと…

ミステリーの動機が、案外軽いのはよくあることですが、ここまで詰めてるなら、理詰めでは十分かと思うけど、もう一押し!欲しかったかな。

とはいえ、
荻野先生や校長が、若い人を守って責任とったり、兄弟和解したりしたあたりはジーンと来てよかった。
春山先生は後半、やっぱりよく分からない…(笑
後半、各々の心境がぶつかって表に出てくるあたりは、なんか本谷有希子作品っぽくて、芝居っぽくて好きだったかな。その分、最後のネタバラシとこで、もっと勢いがあれば!ってやっぱり春山先生の告白あたりで思っちゃったりもしました。

色々書いてますが、新幹線と電車の三時間半でほぼ一気読みしてたので、結構楽しめました!

| | コメント (0)

2016年10月26日 (水)

戦国史を学んでみた!

学生の時は理系でしたが、生物以外は文系科目の方が好きだった私。
世界史とか、日本史とかも好きで熱心に授業受けたのですが、多くの人が熱心になる戦国史はそんなに惹かれなかったのであまり知らなかった。

大河ドラマで「軍師官兵衛」にハマり、今「真田丸」を見てる中で、二つのドラマの差というか、「ここはどうなんだったんだっけ?」と記憶の曖昧さが気にかかったり、武闘派と三成派での描き方の違いだったり、特に「真田丸」は真田目線以外描かないので、全体のつながりをまとめて理解したい欲に駆られて、本を買うことを決心!

欲しいのは、
誰か一人の目線に立ったものではなく、
出来事とか人の繋がりとかが時系列で書かれているような通史的な本。

本屋を色々回り、アマゾンでレビュー見ながら、
この二つを買いました。

一つは
だいわ文庫「二時間でおさらいできる戦国史」

二つ目は
宝島社「読むだけですっきりわかる戦国史」

偶然ですが、この順番で読んだのが良かった。
一つ目は、制度とか教科書的なことを土台に話を進める形で、時代の全体像を掴かみやすく、

二つ目は、「すっきりわかる」と言いつつ、がっつり!人物名もたくさん出てきて、細かく書いてあり、読み進めるだけで頭に一杯になる感じですが、少し理解を深めつつどんどん読み進めたくなる!
作者の後藤武士さんの俯瞰的なコメントも心に届き、ただ、知識をつけるだけでなく、色々と考えさせられる、それでいて、読み進めやすい文体で、名著!

両方とも完全な時系列ではなく、地域に分けての時系列だったのが、少し残念ですが、それじゃなきゃ話は分かりづらくもなるのも確か。

流れは掴めたので、自分なりに地域ごっちゃで時系列でまとめたりしたくなってます。

なんだかんだで、一番面白いのは、信長でした(笑
そして、家康!

信長と家康の繋がりとかほとんど知らず、
ドラマとか見てても知らぬ間にのし上がってきた感じでしたが、二人とも努力や試練を重ね、
しかも、かなりがっつり組んでのし上がってきたんだなぁ〜と、すっきり!

そして、本当にほとんど知らなかった関ヶ原と大阪夏の陣と冬の陣。

特に、大阪夏の陣と冬の陣とかあっさり終わったイメージだったんですが、なかなか家康の危機だったんだと、
歴史の機微が面白く感じました。

本当にちょっとしたことで結果が変わり、そして、今にいたってるんだなぁ〜

攻めるタイミング、引きどころ、裏の根回し、そして、義を通すか、ずる賢くも生きながらえるか。
今に通じるような、「どう生きたら幸せか」を考えさせられた戦国史復習期間でした。
なんだかんだで、一ヶ月くらいはこの二冊読んでた気がしますが、読み終われば、
なんか、前への活力が湧いてきました。

また、なにかのいい本見つけて、別の視線から復習してみたいと思います!

| | コメント (0)

2016年10月 2日 (日)

湊かなえ「境遇」

「少女」がおもしろかったので、
湊かなえを、読んでみようと選んだ一作

「境遇」

なかなかおもしろかったけど、
深く入り込むまでにはいかなかった…

誰が犯人なんだろう?
的な、サスペンス要素としては、
揺さぶられておもしろくはあったけど、
ラスト的には予想つくとこで落ち着いたし、

そこで揺さぶられるだけで、
世界観の広がり、深まりがなかった気がして。
途中の敬語調が合わなかっただけかもしれないけども。

ライトで読みやすい作品だったので、
個人的にはもう少し、どんとしたものが欲しかったです。

湊かなえ、もう一作くらいは、読んでみたいと思います、

| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

湊かなえ「少女」

映画の予告編が面白そうだったけど、
映画化よりは原作の方が面白いだろうと読んでみた。

湊かなえ「少女」

面白くてあっという間に読んでしまった。
友人の「死体を見たことがある」という告白によって、死体を見ようと試みる少女の話。

なんかスタンドバイミーみたいだけど、あんな清々しい青春ドラマではなく、
少女たちの内面の苦悩を描いたドロドロした感じ。
なんか、そこらへんは「ソロモンの偽証」をライトにした感じで面白かった!


ここからネタバレだけども、

最後のサスペンス的なたたみかけは必要あったのかな〜
という気になった。

確かに色々とつながって面白いのだけど、
つながりすぎてくどくもある

ただ、
世の中狭くなくて実は広い。悩みなんて些細なこと!
って書き進めつつ、
世の中の狭さをあえて書くことの後味の悪さは面白くもあったので、あってよかったのかな。

久々にさっと読めて集中できた物語に出会えて嬉しかった!

| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

村田沙耶香「コンビニ人間」

なにか本を読みたくて、芥川賞作品を手にとってみたら面白そうだったので、読んでみました。

村田沙耶香「コンビニ人間

この本、面白かったですが、
自分が変人(うまく「普通の人」を演じられない人)だと思ってる人は、
弱まってる時は読まない方がいいかもしれません。

変人寄りの私には、心が痛かったです(笑


小さい頃から変わった子とみられていた主人公の女性は、コンビニ店員としてマニュアル通りにしていれば「普通の人」として見られることをしり、ずっとコンビニでアルバイト。
新人として入ってきた卑屈な変人・白羽と話すことで…

的な話です。

学生時代5年間コンビニバイターであり、
幼き頃から「変わった」子であった私は、
歳も近い主人公に感情移入しやすいのか、
すぐに読み終わってしまいました。

主人公よりは「普通な人」を装えるし、
白羽よりは卑屈ではないだろうし、
心通づる人たちもいるつもりだけども、

自分がどう見られているか?
周りの人たちは実はどう思ってるのか?

を改めて考え直してしまう厄介な作品です(笑)

もうこんな歳だし、
芝居とかやり続けてきたりすると、
「変わってる」ことは気にならなくなり、
自分の方向性に向き合い、自己承認をして
確固たるものになっていたりするのに、
なんだか、
それを不安にさせます(笑

自分を嫌うような人間は相手にしなきゃいいし、
受け入れくれてる友人や仲間はいるとは思ってるのですが、
実は、そこら辺の人にもめっちゃ引かれてるかもしれない!
とか不安にさせられます。

普通ってものはそもそもなし、個々がそれぞれの生き方をすればいいのは分かってるのに、
どこか大勢の中に身を置いて良く見られたい!
と思ってるようなこともあったりする自分を思い出させられたり、ね…


この歳にして不安にさせないでくれよぉ〜
とか思いつつ、
自分が無自覚なってしまっている面を改めて照らしてくれて、考えてさせてくれるいい機会ではあったとも思う。
最近、思考の視野が狭くなりがちなのも感じるし。

ただ、も少し元気な時に読みたかったなぁ〜
結構、心に刺さりました。グサグサ。

嘘でもいいから、誰かに肯定されたい‼︎

読みながら気になったのは

この作者はこの手の人なんだろうか?
この描写、実際感じてない人が伝聞だけでかけてるなら、それはそれですごいなぁ〜とかね。
どうなるだろ?

読んでて辛くはなるけど、
他の作品を読んでみたくなるほど面白い作品でした!

一気読みが始まりそうです。

| | コメント (0)

2016年5月19日 (木)

宮下奈都「羊と鋼の森」

宮下奈都さんの小説は確か読んだことなくて、
羊のタイトルで気になってて
評判がよいから買ってみて、
だから、
少し斜に構えた感じで読み始めたのだけど、
とてもいい本でした!

宮下奈都「羊と鋼の森

ピアノの調律師になった男の子が、
調律を学びながら、成長していく物語

ピアノの良し悪しというか、
音楽の良し悪しというか、
芸術が作り出す空間の素敵さと曖昧さ?のようなものを、丁寧に言葉してくれてて、
どんどん心に染み渡ってく感じ。

どことなく、「芝居の空間」に対して個人的に好きな部分と思っているようなものに似通っている部分もあり
一応、演出をしてきているので、それについては、なんども自分の、言葉にしてきているのですが、
僕の表現はなんだか硬く、直球しすぎてたなぁ〜
とか思いつつ、
自分の、大好きな「芝居の空間」について感じてることとかに照らし合わせながら読めたので、
さらに楽しめた気もする。

そこから後半に向けては、
その芸術の空間について言葉にしていた内容のままに、人間の心情が描写されていくような流れだから、
人物たちへの思い入れも増していって、さらに、はまっていく。

感動というか、後半は、ずっと心があったまり、心が一杯な状態で読み進めることができて、読んだ後の満足感は、穏やかに包まれるような感じの作品でした。

読み始めは、言葉のリズムは、僕には、若干硬いような気もしたけれど、
丁寧な言葉の紡ぎで空間が出来上がって、硬さはあまり気にならなくなり、一気に読めてしまった。

新幹線で読んでると、いつも集中力にかけて、途中でやめてしまうことが多いのですが、
途中で休むことなく、一気に読んでしまった。

大切な、親しい人達に、さらには
いつか産まれるかもしれない、自分の子供が大きくなったら
読んでほしいなぁ〜
と思える小説でした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧