2019年4月22日 (月)

「ゲーム・オブ・スローンズ」最終章 第2話

第2話も、家族に気を遣わずに、気を使ってもらいながら、

万全の態勢で見れました!

 

今までの複雑な関係を、静かに回収し続けた第2話。

これだけ詰めこまれるとなんかすんなりうけいれられちゃう。

 

そして、最後、こんなにたくさんいたっけ、夜の王!

また、ヴァリスの存在感が今までになく薄いのが、気になる。

サーセイを攻略するのは、誰なんだろうか?

 

最終章の数話で、全てうまく、まとめることができるのか!

 

詰め込んでるから、中弛みもなくて、楽しめてるだけに、

 

最終話へのハードルがどんどん上がる!

 

でも、きっと裏切らない!

 

来週も楽しみ!

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

unit-IF第12回公演「隣の家の父」 予約開始!

稽古を進めてるunit-IF第12回公演「隣の家の父」の予約を開始しました!





詳細は、劇団ウェブサイトをご参照下さい!
ご予約は、こちらから!




5月で15年目に突入するunit-IF!
今回は、大好きなシュールさを抑え、ファンタジー要素もゼロにして、
ストレートな分かりやすい笑いを狙ったワンシチュエーションコメディですので、多く方々に抵抗感なく楽しんでいただけると思います!

実は、自分が遭遇しているご近所トラブルをモチーフに、「もし、苦情を言いに行ったらどうなるかな?」と思って書き上げた作品です。


公演をやる時は、毎回自信をもっていますが、今回は、特に、強い自信をもってお送りしたい作品です。




新劇団員の二人も客演の二人も若いので、新鮮な気持ちで稽古に臨めています。
そして、徳弘嬢をはじめ、佐藤、キノト、そして、ロンリー小山による従来の劇団員。


3公演ぶりに復活させたウォークダンスは、体に堪えますが、
unit-IFの空間を存分に作り上げて、お客様をお迎えしたいと思います。




劇場は、3回目となる参宮橋トランスミッション。
劇団初の同一劇場三回目!
勝手にホーム劇場だと思いつつありますが、
新宿や原宿からもアクセスできるいい劇場です!




ご来場お待ちしております!

| | コメント (0)

unit-IF第12回公演「隣の家の父」

unit-IF第12回公演
 
「隣の家の父」
 
2019年6月1日(土)&2日(日)
@参宮橋トランスミッション(小田急線参宮橋駅より徒歩2分)
脚本・演出 小山 一羊
500
 
若い夫婦が新居に越してきてみると、毎晩隣の家から、
アイドルのライブ映像を見ながら発せられる唸り声が聞こえてくる。
一か月後、耐えかねた夫婦は騒音への苦情を伝えに隣の家に訪れる。
しかし、息子だと思っていた騒音の犯人は、隣の家の父だった。
苦情、言い訳、謝罪の中で、次々に浮かび上がる二つの家族の隠された秘密。
彼らは無事に騒音を解決することができるのか?
unit-IFが送る、すれ違いが織りなすワンシチュエーションコメディ!
 
【開演日時】
6月1日(土)12:00-【I】/16:30-【F】
6月2日(日)12:00-【F】/16:30-【I】
 *【I】【F】のダブルキャスト制です。
 *開演の30分前より受付を開始致します)
 
ロンリー小山の出演回は、
6月1日(土)12:00-
6月2日(日)16:30-
ですよ!
 
【料金】
当日  3000円
予約  2800円
魅惑の3人割  2500円
学割  2000円
(お一人様料金)
※未就学児を連れてのご来場は、事前にお問い合わせください。
 
【出演者】
櫻井 遼太(劇団Tomorrow)
揺村 可菜 I F 
安達 胡介 I F
徳弘 明子 I F
<以下ダブルキャスト>
三谷 洸貴(劇団リア充もどき/劇団海星館)【I】
ロンリー小山 I F【I】
佐藤 高宏 I F【F】
キノトサキ I F【F】
 
ご予約はこちら
 
詳細は、劇団ウェブサイトにて!
 
Facebook(www.facebook.com/unitIF)  /  Twitter(@unitif)  にて
、稽古の様子や公演に関する最新情報を随時更新中ですので、
こちらも合わせてご覧ください。フォローも是非お願い致します。
 
ご来場お待ちしております!

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

unit-IF第12回公演、始動!

先週末から

unit-IF第12回公演
「隣の家の父」

の稽古を開始しました!

安達胡介、揺村可菜の2名が新しい劇団員として加わり、少し若返ったunit-IF!

客演の櫻井くんも三谷くんも二十代前半と若い!

今まで劇団最年少だった徳弘明子が中堅どころとなり、

キノトサキ、佐藤高宏、ロンリー小山の濃い年寄り組も参加します!

ここ数年、昔よりもアイデアが降ってくることが少なくなってきていたので、「もう新作なんて書けないかも」って思って時期もあり、今回の作品も半年くらい寝かしてたんです。ある時、急にスイッチが入り、書き上げられました!書ける時には、書けるもんです。

徳弘嬢に脚本補助をやってもらってきていましたが、
今回は、劇団員と話し合う機会を何回か設ける形に変更して、より広い視野で、脚本に向き合きあいつつ、出来上がった作品です。

今までのシュールさを可能な限り封印しつつ、分かりやすく楽しめる作品にしたいなぁと思ってます。

作風も、デズッパをやめ、ワンシチュエーションコメディに切り替えようと思ってからの三作品目。ようやく、この作風の自分なりのスタイルが出来上がった感触を感じた執筆でした!

そんなわけで、満を持しての稽古開始!
出演者の若返りで、若干緊張したり、
ちょっとテンションあげすぎちゃったり、



珍しく初回に、がっつりと読み合わせ!
お陰で立ち稽古の時間が少なくなっちゃったけど、
いいスタートが切れたんじゃないかと思います。

そして、
ウォークダンス!

前回公演はデズッパとともに完全になくしましたが、常連さんからのリクエストも多かったので、ウォークダンスだけ復活!

こちらの振り付けも予め作りあげた状態で稽古に臨みました!



初めての人には、振り付け表を解読するのも一苦労なんでしょうが、
おじさんの私は、ブランクがあったせいか、
ちょっとしか歩いていないのに、次の日、全身筋肉痛…

自分の老いのせいなのか、
ウォークダンスが恐るべしなのか、

まぁ、少ない稽古時間の中で、ウォークダンスを通して、体力も取り戻していきたいと思います!

本番は6月頭とまだ先ですが、
稽古時間は多いわけではないので、
稽古一回一回大事に、役者と作品に向き合って、ステキな空間を作りあげていきたいと思います!

ご期待ください!

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

演劇動画「オンライン」

新作演劇動画

 

「オンライン」

unit-IF独特の不可思議なファンタジーで描くワンシチュエーションコメディの15分演劇動画
【あらすじ】
2018年秋、達也が家に帰ると食事の準備をしているはずの妻・佳純がソファーに座ったまま動かない。達也が佳純の肩に手をかけると、佳純は口だけ動かしこう言った。「アップデートが必要です。接続をオンラインにして、ライセンス認証を行ってください」
友人の慎吾と由美が訪問してくる中、達也は元の佳純に戻すことができるのか!?
【脚本】
小山一羊
【出演】
達也-ロンリー小山(unit-IF)
佳純-藻瑚(unit-IF)
由美-中村ゆり子
慎吾-櫻井遼太
フラノ-フラノ
【製作】
unit-IF

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

ご来場ありがとうございました!

unit-IF第11回公演
「威風堂々 小指と由美子の始まりの契約書」

無事に終演いたしました!
ご来場いただいたお客様、ありがとうございました!

今回、独自スタイルのデズッパをやめてワンシチュエーションコメディに絞ったり、三年半ぶりの脚本・演出で、お客様の反応を気にかけておりましたが、
多くの方々にご好評をいただき、安心しております。
過去どの作品も自信を持ってお送りしてきましたが、お客様の評判の感触はそれぞれ違っておりまして、その中でも、楽しんでいただけた手応えを強く感じることができ、次への糧とさせていただいております。


今回、主役の自己投影の度合いが、少し強めだったせいもあり、本番見ている中で、作り手なのを忘れて、
嬉しいような寂しいような、変な気分になりました。

自分を形成してきてくれたアイデンティティのようなものたちに対する感謝
自分が前に進むためにそれらとお別れしなきゃいけない葛藤
そして、
そんな自分を支えてくれる、一緒に笑ってくれる人たちの存在の心強さ

私は、由美子のように、完全にコユビとお別れできてはいないせいか、
そんな願望を由美子にこめつつ、
家族や友人、仲間やお客様、多くの人へ感謝しつつ、
やはり、コユビを手放せない自分に対するなんとも言えない感情だったのかもしれません。

まぁ、作り手なので、作品にこめたものを感じるのは当たり前なのですが、20年くらいに芝居をやってきているのに、今まで感じたことのなかった感覚で、新鮮に感じたせいか、特に、印象に残った感覚なのかもしれません。

昨日、公演の片付けを終えて、なんでだろう?と考えていたのですが、
20代の頃は、世界から束縛みたいなものをテーマにすることが多くて、自己の束縛みたいなものの度合いが増えたのが第8回公演くらいからでしたが、
後者のような作品を役者として出演ではなく、演出として客席で見えていた初めての公演だったからかもしれないな、と思いつつ、

やはり、この世界をしっかり作りあげてくれた役者・スタッフ陣、そして、その空間を包み込んでいただいたお客様のお力が、1番の要因ですので、
作り手ながら、観客のような感謝を抱いております。

前回書いた「イタイ」でも意識し、今回はがっつりと挑戦した、
ぶっ飛んだ設定でのワンシチュエーションコメディという作風

次回の予定はまだ決まっておりませんが、
今回感じさせていただいた手応えをベースに、
いづれ、また、舞台の上でご挨拶できることを楽しみにしております。


ご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました!

unit-IFを今後ともよろしくお願い申し上げます!

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

unit-IF第11回公演 始まります!

unit-IF 第11回公演「小指と由美子の始まりの契約書」

明後日に開演となりました!

意気込みとかは、劇団の稽古場日記の方に書いてしまったのですが、

https://ameblo.jp/unit-if/entry-12342915350.html

私にとって、3年半ぶりの脚本・演出となります。

前回は、脚本演出を徳弘嬢に任せたり、
それまでの年一回の周期からはずれてしまったためか
この公演に踏み出すきっかけが難しかった、といいますか、
自分なりの自分への縛りのせいで、次の公演に踏み出せないでいました。

そんな中で、旧友たちと会った時の会話のおかげで、
その縛りから解放されて、再び公演を行える決心がつき、今日に至っております。

なので、その友人たちには非常に感謝してますし、
私も、誰かにとってそういう友人になりたいなぁ、と思ったりしています。

今回は、そんな思いも込めて、この作品を作りました。

まぁ、作品に対する想いとかは別にしましても、
ご来場いただけたお客様に純粋に楽しんでいただける作品に仕上がっていると信じております。

各回、まだ、席には余裕がありますので、
ご都合あいましたら、是非ともご来場ください!

https://www.quartet-online.net/ticket/ifdodo?m=0ghecgd

万全の準備を整えて、劇場にて、お待ちしております。

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

脚本を書いている最近

来年の1月にunit-IFの次回公演が決まり、久々に長編の脚本を書いています。

次回公演で作演出が三年半ぶりなので、長編脚本書くのも三年半ぶりくらいかな。

「時間あけると書けなくなるかも」と一年に一作のペースで書いてきて、
「ここらで、長めに休まないと書けなくなるかも」と三年半あきました。

まぁ、どっちもどっちな気がしますが、
やはり、なかなか簡単には書き上げられません。

「こんなに書くのって難しかったっけ」と思ったりもしますが、
思い返せば、毎回そんなことを思いながら、書き進めていたような気がします。

まぁ、でも、今回は、特に、
ネタのまとめ方が迷走してますね。

「ポストイットでアイデア書いて、貼り付けて、頭整理しよう」
と当初思ったけども、

まぁ、だんだん字が汚くなるし、大してうまくまとまらないし
「どうせ後で打ち直すんだから」と、
今まで通り、Word上で、「書いて整理して」の繰り返しに戻る。

今までは、その方法で整理できていたはずなのに、、
今回は、すぐに頭が飽和して、
Word上で書いているだけだと、どうも頭の中でつながりをうまく補完できずに、
まとめ切れない状態に陥ったので、

珍しく、罫線のついたノートを取り出して、
そこに、ネタを書き込んだりし始めています。
案外、それで、少しは進んだので、驚きなのですが、
字が汚くなってきたり、量が増えてきたりしてきてページを行ったり来たりしてるので、
「また、Wordでまとめなおさなきゃ?」となってきてしまったりしてます。

この迷走っぷりも、やっぱり久々だからかな~、と思いつつ、
今まで10人物ばかり書いてきて、今回はメインは5人のお芝居なので、
そこのあたり、書き方を変えなきゃいけない感じなっているのかなと思います。
メインは5人の長編は、遡ったら第1回公演以来だから・・・
その前は、大学で初めて脚本書いた時だし・・・

まとまらなくて、書き終えるのか不安になったりするし、
なかなか体調も整わなくて、「さぁ書こう!」モードにもなかなかなれなかったりしますが、

くだらないネタを思いついて、一人で盛り上がったり、
ストーリーと設定がうまくつながってきたり、
ぶつぶつつぶやきながらセリフ書いたりしてると、
やっぱり書くのは、楽しい。
きっと、その光景は、傍から見たら、かなり怪しくうつるはず...

脚本補助の明子嬢は喫茶店で書くとか言ってたけど、
自分は自分の部屋以外では集中できないし、
そもそも、そんな状態に陥るので、外ではかけなかったりします(笑)

自分が楽しいだけじゃ、もちろんダメですけど、ね。

でも、少なくとも自分は100%面白いと思える作品を!
は、まぁ当然のことですが、
今までのお客様にも、新しいお客様にも楽しんでもらえるような作品を
お送りいたします!!!

来年の1月なので、まだだいぶ先ですが、

unit-IF第11回公演

「威風堂々 -小指と由美子の始まりの契約書-」

今までで、一番長いタイトルでお送りいたします。
期待してお待ちください!

| | コメント (0)

2016年12月11日 (日)

ネタ帳の整理

いろいろあって、次回公演の日程はまだ決まらず、
旗揚げ以来初の長いオフに突入しかけているunit-IFですが、
一応、次回作品は書き始めようとはしています。

ここ数年、いろんなネタが出てきても、作品候補までにのし上がることが少なくなってきて、
ようやく、今自分が書きたいことと思いついた物語のネタがマッチするものがでてきて、
ようやく大枠まで形作られた作品が出てきたので、

内容を膨らますためにも、ここらでネタ帳を整理しようかなぁ~

とようやくまとまった時間がとれた今日。

昔は、A4ノートのネタ帳に、思いついたこと書いたり、切り抜きを貼ったりしてましたが、
今は、もっぱらEvernote!

全てのパソコンと全てのスマホが連結してるとは、なんとも便利な世の中になったものか。
手書きでいろんなところに書いたものをまとめるのも手間だったのに…

思いついたネタ以外にも、ネットにあった名言とか雑学とかEvernoteに放り込んでいたら、
ネタ150件、名言70件とかになっている・・・

手軽のはいいのだけど、結局、一か所にまとめないとうまく活用できないことに気が付き、
一個ずつ開いて、テーマ別に分けてける作業に時間がかかってます。

せっかくとれたまとまった時間も、
ネタを練る時間ではなく、たまったネタ帳の整理で終わりそうです。

ネタ帳を改めてみると、記憶以上に結構たくさんネタがあって、1個1個はくだらなくて面白い!

「題名ネタ」というテーマの部分もあり、題名だけしか決まってないネタなんですが、
「ポパイのほうれん草」とかあり、自分でネタ帳にいれただけあって、自分ではこれだけで面白い題名なんですが、上記に書いたように、いかんせん、作品候補にあがるだけの内容が膨らんでいかない。

そんなのばっかですが、自分が選んだネタとか文章とか読み返すのは、
面白かったり、最近の自分に反省したりで、実は有意義な時間になってたりします。

次回公演の日程は、まだ未定なのですが、必ずやってきますので(、あ、「ポパイのほうれん草」ではありませんよ)、首を長くしてお待ちください(笑)

| | コメント (2)

2016年9月19日 (月)

新作!15分演劇動画!

15分の演劇動画のコンテスト「クオータースターコンテスト」に応募するため、新作を作りました!

「先輩!みんな、足が二本なんです!」

de zepparも織り交ぜた、苦悩と誤解が織りなすサイエンスコメディ!
客演の常連・林ちぐさと山之口晋也、unit-IFから藻瑚とロンリー小山という濃い役者陣でお送りいたします。

15分間と短いので、ぜひご覧ください!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧