2018年10月 1日 (月)

コジコジを見終わってしまった

先月初めくらいからか、
別に心が病んでるわけでないけど、Amazonprimeで「ちびまる子ちゃん」を見始めた。
ほんとに。見ているだけで癒される。
母親が、清水出身なので放映開始から親しみがあった作品だったのだけど
そんな中さくらももこ先生が亡くなってしまって、追悼のつもりでも見続けることにしたけども、シーズン1を見終わってしまった。

見るものがなくなってしまい、コジコジの存在を思い出して、探した、
dアニメに配信があったので、わざわざ登録して、毎晩コジコジを見始めることにした。






高校の頃に見ていた記憶がある。
モノマネしたりして好きだった記憶しかないがまるちゃんより好きくらいの記憶。
今、改めて見た直してみると、記憶以上に面白い、素晴らしい作品だった!
まるちゃんの数倍好きな作品!

知らない間に誰かの役に立ち
それを誇示しない、それを笑って一緒に楽しめる存在。

話してる人の頭の中をしりつつ、とぼけて、深く笑い飛ばす。

変だと思われても気にしない、きままステキな存在。


ギズモと同じくらい、実際に一緒にいてほしい魅力的なキャラクターと同時に、
こんな風に生き抜きたいって思える。

「ちびまるこちゃん」で書けなかったダークな部分を解放してる、そして、それが許される「メルヘンの国の学校」という曖昧すぎるなんでもありの設定。
ジローくんがツッコミ役としてダークたまちゃんでありつつまる子要素満載のだったり、まる子のダーク要素を増やしたスージーが脇役だったり、ジョニーと藤沢くんがクリソツだったし…

コジコジで何を描きたいのかが読めないほど全体がぶっ飛んでいて、コジコジ自体のぶっ飛びが一番表現してるのがすごい!

こんなぶっとんでるのを書けて許されるもの
大物だからなんだろうけど、
かといって、そのそこの深さが興味深い。

ぶっ飛んでだけかと思いきや、鋭い発言をしたり、忘れてると思いきや、昔のことを覚えてる。
すると、ちょっとぶっ飛び発言も何か意味があるじゃないのか、でも、意味なんかないこともあったり、なんか人生の縮図って感じ?

「長生きばぁさん」の回はそのコジコジのすごさをマジマジと感じさせられてなんか、癒しのために見てたの圧倒された。

ぶっ飛びすぎて、やっぱり子供向けじゃないなって思いつつ、
ぶっ飛びさとどこいくかわからない感じ
でも、キャラとしてまとまっていて
空間として完成していて、それがすごいし、きちんとその空間にひたれる
「ちょっとダークなぶっ飛んだファンタジー」
私も最も好きなジャンル!

ペランコラウスの回とか回全てがぶっとんでるし、無意味しすぎるし、あのしょーもなさの中でそコジコジのすごさを表現してる。不思議屋の回はだいたいコジコジのすごさを裏で感じるのが好きだったな。

ワンコメントのぶっとんでる感が好きだったのに、八十話くらいからコジコジがよく話すようになって、ぶっ飛び感が減った感じで、少し残念

ただ徐々に明らかになるコジコジの「宇宙生命体」としての存在が、世界の神的なものであったり、歳の取り方であったり、なんか恐ろしさと共にすごさとか壮大さとか感じるのに、同時に親しみも感じて、さらに宇宙生命体への興味が深まる。

特に、「長生きばあさん」の回とか、年の感覚がすごく大きい中で、にらめっこって小さい話で使って壮大なスケールをまとめていたりして、とても好き。

「ハウキャウくん」の回も、意味不明なハウキャウくんを中心にしつつ、あっさりしててなんか楽しいわりに、壮大でコジコジの優しさに心温まる。
永遠性って怖いはずなのに、それを楽しさに描いてる凄さ。

ドーデスの弟子の稽古を助けるのはまぁ、ありありとも、ドーデスの初めての訓練の時も助けたいたのも、なんかかっこいいし。

昔、コジコジに会ってる人が多いのに、ほかの皆んなが、コジコジが何歳なのか皆あまり気にしていないのも何か不思議。

ほぼ神に近い存在のように思えるのに、本人も意識せず、それでもなんか成り立ってるのは、

その日の目の前の欲に対して気ままに生きて、でも、優しさに溢れてるコジコジだからできることなのかもしれない。
コジコジ自身、意識して覚えてやってることなのか、ただ、自然の流れ、思いつきのまま、宇宙の医師としてできるからやってるみただけなのか。

「コジコジが消えた!」の回は、
始めの回の方にあった「いつのまに消えて、つのまにコジコジとしている」と言ってたセリフのよう、
宇宙の一部に戻ったのかと思ったけど、
ただ、かくれんぼだった(笑)
100話だったから、そういう最終回でもいいのかなぁと思ったのに。

実際にあった最終回が「正月くんとひなこさんの出産」。あれが、最終回で若干残念。前半、正月くんの一人芝居が多くて、かくれんぼの回よりよりコジコジ出てこないし…

100話くらいでアニメは終わりのようでとても残念。
漫画でも続きはないみたいだし、残念。もっと見たかったな。

スージーの三日月の秘密とか、結構気になってて、後々明らかになるかなぁと思ってたんだけど。

アニメも、2年くらいしかなかったみたいだし、そんなに知名度が高くないのかもどうなのかも分からないけども、是非とも。みて欲しい。
テンポやぶっ飛びぷりでアニメの方が断然好きだけど、単行本で買ってしまおうかしら…

色々書いてるけど、なんだか適した言葉が見つからない。書き手の端くれとしはこりゃダメだな…でも、上記で書いた以上に大好きな作品でした。

時間がかからないので、映画のように2時間取る必要ないし、時間調整しやすくて、
なおかつ、癒される
そこまで、病んでるわけではないはずなんですが
毎晩この癒しがないと、一日の疲れが取れない感じ。
ビール飲みながら、ぶっ飛んだ感じに囲まれることなんだが懐かしい、大好きな空間に囲まれて、幸せな気分になれたのです。

あのBGMがきけないと思うと寂しいし、
もう絶対続きがないと思うとさくらももこ先生の喪失感を、さらに感じる。

コジコジのぬいぐるみ探したけど、いい感じ売ってないし、さらに残念…

コジコジのLineスタンプでも、使って、コジコジと共に、暮らしていたいと思います

そして、dアニメはもう解約かな…
何をしようか…
本でも読むか、脚本書くか、ちびまる子ちゃんのシーズン2でも見ようかな。でと、コジコジを堪能した後だと、ちびまる子ちゃんが物足りなくなる悲しさ。

見終わった今、やっぱり、コジコジは第1話が一番いい!
「コジコジだよ コジコジは生まれた時からずーっと 将来もコジコジはコジコジだよ」
は名セリフ!

癒しは十分もらったので、また、まぁ気ままに、昔もこれからもロンリーはずっとロンリーで、脚本にでも、向かいあいたいと思います!

| | コメント (0)

2018年9月26日 (水)

「半分、青い」あと3話

朝ドラ「半分、青い」、残りあと3話になってしまいました!

「カーネーション」から朝ドラにハマりだした私ですが、「カーネーション」「あまちゃん」に次いで気に入ってる作品です。

秋風編は、前にも書いたように、秋風先生の魅力一般さと、永野芽郁の演技の覇気が増して行く様子が素敵すぎましたが、
秋風編の後の迷走っぷりの描写もなんかツボ。

どうでもいいとこを時間かけて描いたと思ったら、気になるところを一気にすっ飛ばしたりしたり、「そこでそれをぶっこむ?」ってツッコミたくなるようなぶっ飛び加減の緩急のつけ方が、中毒のように面白く感じてきているのです。

そして、今週になって今更また色々とぶっこんでくる!「どうやって収拾つけるつもりなんだ!」で気になって、見逃したくなくなる!

金曜日土曜日は仕事でリアルタイムで見れませんが、最後まで楽しみにしていたいと思います!

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

「マーベラス・ミセス・メイゼル」シーズン1

会社の先輩に薦められたけど、あらすじ的な微妙で、なかなか手を出さずにいたドラマをようやく見た!

「マーベラス・ミセス・メイゼル」シーズン1

お嬢様が、旦那の浮気を機に、漫談家を目指すようになるって話です。

第1話がつまらなかったら、見るのやめよう!
と思ってて、
始めの方はスロースタートで暗雲立ち込めていましたが、第1話の最後の方からわっと面白くなって、それから一気に見てしまった!

シーズン1だけかと思ってたら、シーズン2や3もあるんだ⁈
とか
シーズン1は8話だけなんだ⁈
とかに驚かされつつ。

日本の漫才とかは見るけど、海外の漫談家ってあまり見た経験がなくて新鮮で面白かった。
話の内容は若干下ネタ多いけど、間の取り方とか、声の質とか、なんか面白い。
ミッジの綺麗さが、綺麗すぎず?って感じの絶妙な感じのが良かったのかも。
あと、ミッジのパパをどっかで見たことあるなぁとモヤモヤしてたら、探偵モンクの俳優さんでした!なんか嬉しい!

第8話前半のジョールとの展開には、正直賛同できずに、「なんで?」って最終話のくせにイライラしたけど、後半は、成り行きだけど軌道修正してくれたので、安心しつつ、終わり方が、素晴らしく綺麗だったので、満足!

すぐに売れっ子になって、それからの話を描くのかと思ってたら、結局、シーズン1は成り上がる始めを描いただけって拍子抜けだったけど、あの終わり方できちっとしめてくれたので、まぁ、納得。

初めからシーズン2を作る気満々の構成ではあるのがちょいひっかかるけどね。

ミッジの生活が裕福だからか、ミッジの女性の自立感が強く出すぎていて、いつの設定なんだろう?って思ったら1950年代⁉︎
この時代ってこんな進んでたんだ!
って実際知らないから分からないんだけど、なんか驚きでした。

ほら、最近見る、少し昔設定って、ギリギリ自分が子供の頃、みたいなのが多い気がしてたから、久々な感じがして、そこも新鮮ではあった!

amazonプライムにシーズン2が来るのはいつだろう?
レンタルまでする気はないけれど、早く来てくれないと内容忘れそう…

| | コメント (0)

2018年6月30日 (土)

アニメ「七つの大罪 戒めの復活」

なんかんだで、気になって毎週楽しみに見ていました!

アニメ「七つの大罪 戒めの復活」

ただのファンタジー冒険物って感触から一歩踏み込んできたこの作品。「七つの大罪」と「十戒」。罪と戒めの戦い。
中身の細かい設定はともかくとしても、大枠の設定もおろしろいし、登場人物たちの過去が気になり、もっと知りたい早く知りたい的な感じになっている。
地味に深い過去だし、ちょろちょろ交錯してあたりが気になりを増してくるね。
そんなキャラが一人でなく、複数いるから、より楽しめるのかも。

メリオダスのセクハラシーンは相変わらずどうかと思うが、女性に好かれなさそうエリザベスのキャラがまんざらでもなくなっているのは、おっさん化している証拠だろうか(笑)

バンと妖精王と巨人ちゃんは、キャラ的に苦手だけど、
マーリンとエスカノール、ゴーセルの不思議さで物語的には楽しい感じで見られてます。

まぁ、ただ、設定を知ってくると、過去を知ってるはずのキャラは、少し前の雑魚との戦いの時になんであんなに苦戦してたのか…って気になっちゃったりもしますが。

アニメより、漫画の方が詳しく書かれてるかしら…

アニメの続きを待てないので、漫画持ってそうな人に連絡してみることにします。

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

朝ドラ「半分、青い」

初めはあまり期待してなかった今期の朝ドラ。
第1話は意味不明感が溢れてマジで心配になったけど、
思った以上に面白くて、「カーネーション」に次ぐ面白さかもしれない!

「半分、青い」

舞台が変わっても、キャストやキャラの魅力がほぼ互角!なのが良い気がする。
岐阜編は、年配のの男性陣、女性陣も個性が強く面白いし、若手は矢本くんが好きだったからすんなり受け入れられたし、
東京編も、秋風先生のパワーに持っていかれつつも、
徐々に、永野芽郁のワールドが繰り広げられてきて、すっかりと物語の空気に馴染んできて、出てくると嬉しい。
ストーリーのペースも変にゆっくりにすることなく、トントンと見ていけるし、でも、早すぎない。

いなくなるキャラのいなくなった後のあっさり感は、すごくさっぱりしてるのは、嫌いではないし、
遊び過ぎてるシーンがいきなりぶっこまれて、一瞬置いていかれそうになるけど…好き。

そして、勝手に秋風先生の教え子の気分になって、先生の言葉をウンウンと聞く楽しさ。

残りの後半、どう展開されるのか、あまり想像つかないけど、期待して楽しみたいと思います!

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

「ウォーキングデッド シーズン8」後編

前半のチンタラとは打って変わって、ストーリーが動き、面白かった!

「ウォーキングデッド シーズン8」の後半!

色んな思惑も交錯し、アクションも面白かった!

が、スッキリしない!
全然スッキリしないよ!

もうネタバレだけどね、


結局、リックが、自分のことは棚に上げて、勝手に美談にして終わってる!

壊し屋リックは変わらないけど、こんな美談にして終わるなんて、ツッコミ待ちなのかしら?

後半の人々の思惑の交錯は面白かったけど、あれだけゆっくり描いてる割に、変わる時はあっさりコロコロ変わっちゃうし…

リックよりは、ニーガンの方が死ぬ人は少ないように思えるし…

マギーの最後の悪者感が半端なかったが、次のシーズンがあるなら、マギーに、リックを懲らしめてほしいと思った最終回でした。

全然感想になってないですが、シーズン8までちゃんとみた(笑

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

ドラマ「anone」

広瀬すずが出てるから、と見続けて、後半はがっつりハマってしまいました。

ドラマ「anone」

第1話見忘れて、一度は諦めたけど、huluに入っていたので、リアルタイム放送を追いかけながら見てました。
展開がほんとにゆっくりで、前半は若干諦めかけて、何話はたまっていってしまったけど、最終回はほぼリアルタイムで見るほどに、後半はガツンとハマっていきました。

前半も、すれ違い会話とか広瀬すずはもちろんがっつりと固められた俳優陣の力で、結構魅力溢れる感じではあったのですが、いかんせんゆっくり。

ゆっくりを間をとって、間を大事にした会話って大好きだから、楽しめはするのだけど、展開のゆっくりさは、前半は厳しいものがありますね。

ただ、後半は、物語も動き始めつつの、傷ついた人たちが居場所を見つけて、でも、もがく様に、感情移入してしまって、あっという間でした。

ゆっくりとか言っていたけど、あのゆっくりでじっくりを演じきれる繊細な技術にも圧倒されて、ベテランさんはもちろんだけど、広瀬すずの女優としての半端なさをまじまじと実感させられたドラマでした。

と、同時に、あの中でも、阿部サダヲの演技力ってほんとにすごいんだなって、やっぱり舞台上がりのトップは空間力が桁違いだなって、こちらはもはや、脱帽な感じ。

最終回、ちょっと警戒して見始めたけど、それまで積み上げてきた葛藤や弱さをほんとに綺麗にまとめあげて、優しく終わってくれて、なんか、嬉しかった。

悩みとか、それに対する打破を描くのも面白いけど、
人の弱さを真っ直ぐに描いて、そこから未来の可能性を想像させる物語ってものあるだなぁと、そういう魅力にも気づかされてました。

視聴率は悪かったみたいだけど、このドラマは最後まで見れてよかったなぁ、と思えるいいドラマでした!

大満足!

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

映画「最高の花婿」

最近、SFファンタジーばかり見てるので、そろそろ作風の方向性を変えた自分の脚本作りに参考になるものでも、みなきゃなぁと思い、面白そうなヒューマンドラマコメディをHuluで必死に探してたどり着きました!

フランス映画
「最高の花婿 Qu'est-ce qu'on a fait au Bon Dieu ?」

全然知らない映画でしたが、テンポの良いファミリーコメディで面白かったです。

カトリックのフランス人夫妻には四人の娘がいるけど、花婿は、アラブ人、ユダヤ人、中国人!
残る一人にカトリック教徒と喜んでいたけど、アフリカ系で、更なる波乱が。

人種差別がテーマのようでいて、それを深刻にさせず、皮肉と笑いしとして、各人種の本音を呟きさせてたり、喧嘩させたり、お互いに配慮されたりして、
知らぬ間に分かり合えてる
って感じの笑えてほっこりする作品。

多民族国家の国だから成り立つ映画なんだろうけど、デリケートなテーマをうまく扱いつつ、前に出したいテーマを押し付けてくるわけでもなく、物語を通じて自然に感じとって幸せになれる。

面白かったし、作品作りとしても参考になる映画でした!おススメ!

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

「ウォーキングデッド シーズン8」前半

見始めてから、数回の途中中断を経て、ようやく見終わった。

「ウォーキングデッド シーズン8」前半

お付き合いで見続けてきましたが、そろそろだいぶきつくなってきました。
なんで一つの戦いを、回想を入れまくって、前半に全部使うのか…

そこまで無理して伸ばさなくてもいいじゃんよ…

ってか、
リック側ってメイン以外いなそう感じなわりに戦闘員が結構一杯いたりする割に、劣勢になると誰もいなくなる感じがする。
まぁ、救世主も同じで、結局お前ら何人いるんだよ!何個拠点あるんだよ!って感じです。

まぁ、そもそもリックの作戦もやはり爪が甘すぎでしょ?非戦闘民は予め非難するとかしないの?

とかイライラしながら、なかなか進まない展開にさらにイライラしつつ、なんとか見進めている感じです。
みんな同じ悩みで行ったり来たりだし、
一人立ち直ったら、また一人病み出すし…
集団ってのはそんなものなんでしょうけど、延ばすにしても、もう少し先の展開への期待を持たせて欲しいです。

とりあえず、シーズン8の後半まではお付き合いで見ていきたいとは思います。
なんとか後半は間延び展開なしで、持ち直して欲しいものです。

| | コメント (0)

2018年1月19日 (金)

ドラマ「anone」第1話

広瀬すずが主役でドラマに出るとは、知ってたけど、詳しくは調べなかった。そもそも、最近、民放のドラマ見ないけど。
ただ、広瀬すずの演技が毎週見れるなら、見てみようとは思っていたのだけど、
公演でバタバタしていて、第1話のことはすっかり忘れていた。

公演が終わった後に、その事実を知り、落ち込んでいたけど、huluに入っていたので、一安心!

さっそく見てみました!

「anone」第1話

まだ、疲れているのはあるけど、前半は世界に入りきれず、正直ゆっくりな入りなので、半分見て、挫折…

次の日の夜、後半半分を見たら、ハマりました(笑)

間をちゃんと使ったゆっくりなペースでがっつりと空間作ってきて…
広瀬すずのほぼ固定の絵のシーンのよかったし。
役者さんって、空間支配力を持っていることが素敵だと思っていたけど、なんか、この場合、空間の吸引力。
テレビ画面に向けてる顔を角度すら動かしたくないってほどに、魅入ってしまった。

褒めすぎ(笑)

思ったよりも交錯が早かった気もしたけど、そこから面白くなった感じもある。阿部サダヲも小林聡美さんも瑛太もパワーある方がたくさんいるので、今後の展開が楽しみであります。

なんか、見るものも読むものもたくさん溜まってるけど、ちゃんと早めに第2話みたいですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧